FC2ブログ

トルコ#9_イスタンブール#1

<ブルーモスクとグランバザール>
トルコ#9では、ツアー7日目('14.12.27)の午後、
最後の訪問都市イスタンブールに着いてからの様子を紹介します。

カイセリ発11:50のTK2017便は遅れましたが、14時にはイスタンブール
空港に無事着陸しました。そしてすぐに有名なブルーモスクに直行です。
礼拝堂入口でレジ袋をくれるので、靴を袋に入れて中に入ります。
その名の通りとても美しいブルーの空間でした!
低い位置に灯がともり、窓にはステンドグラス、壁から天井に
かけて青系の色彩で装飾が施されている。
色んな角度からの写真を見て下さい!
DSC_9097.jpg

礼拝をする床には赤い絨毯が敷かれて、柵で仕切られていました。
赤い絨毯、黄色く輝く灯り、そして天井の青。美しいグラデーション!
DSC_9118.jpg

DSC_9098.jpg

丸い天井、窓からの柔らかい光で、とても綺麗に見えます!
中央の丸い天井の周りは四つの半天井が付いています。
DSC_9108.jpg

ステンドグラスも美しい!
DSC_9113.jpg


DSC_9153.jpg

礼拝の時間には、ここがいっぱいになり、見学者は入れないとの事!
DSC_9145.jpg

DSC_9157.jpg

DSC_9161.jpg

外に出ると、足を洗う水栓がずらっと並んでいました。
礼拝する人は、その前に足を洗うのだそうです!
DSC_9172.jpg

通称ブルーモスクの外観。大ドームの直径は27.5m、高さ43m、
ミナーレと呼ばれる尖塔は6本あります。
正式名は、スルタンアフメット・ジャーミーと言い、
アフメット一世王の命で1616年に建造されたとのこと。
DSC_9190.jpg


ブルーモスクを出ると、裏にはアヤソフィア博物館が見えます
DSC_9189.jpg

間の道を通ると、トウモロコシと焼き栗の屋台が出ていました
DSC_9186.jpg

アヤソフィアは外から見ただけで、この日はグランバザールに行きました
大きな建屋の中に、各種のお店が所狭しと並びます。
人もいっぱいで、迷子にならない様に気を付けて行動しました。
DSC_9230.jpg

お店はどこもすっごく明るく、眩しいばかり!リストバンドやお土産の目玉が光ります。
DSC_9256.jpg

貴金属店は、本当に眩しい!!! キラキラでテンション上がります!
クレオパトラの首飾りのような物、誰が着けるのでしょうか?
DSC_9259.jpg

この日の夕食はホテルではなく、街の中華レストランにて。その帰り道には、
ブルーモスクの夜景も見ることが出来ました。夜も綺麗です!
DSC_9266.jpg

バスまでの散策路での、雰囲気の良さそうなレストラン
DSC_9277.jpg

道の中央には、オベリスクが立っています。
DSC_9281.jpg

綺麗なブルーモスク、輝きと活気のグランバザール、イスタンブールも
魅力的な街ですね!これまで夕食はずっとホテルでしたから早帰りでしたが、
この日は外食だったので21時にホテル着。チェックインしたあと、ビールを
買いに10分程先迄歩きました。同じ思いの6、7人が自然に一団になりました。
あと二日、イスタンブールを楽しみたいと思います。

以上です

トルコ#8_カッパドキア#4

その#8では6日目の昼食から翌日’14年12月27日のカッパドキアを去る
までを紹介します。

最初の写真は、地下都市カイマクルの中です。
アリの巣の様な形で地下8階の高さがあり、2万人が生活していたとのこと。
広い部屋から更に下方に降りて行くところです。
DSC_8942.jpg

以下は時系列に紹介します。
キノコ岩いっぱいのパシャバーを観光した後は、遅めの昼食をレストラン
DEDE EFENDIに。ちょっと洞窟風で、ナフキンが綺麗に整えられ、
高級そう? 内容にも期待が高まります!
DSC_8907.jpg

いつも通りのスープの後のメインは写真の鱒のグリル。美味しかったです!
デザートは普通にカットされたリンゴでした。
DSC_8908.jpg

美味しい昼食の後は、地下都市カイマクルを訪ねました。
入口を通ってすぐのやや広い場所。左の通路に進みます。
DSC_8928.jpg

中は、随分沢山の部屋が作られていました。
DSC_8936.jpg

途中、この写真の様に中腰にならないと通れない場所が2,3か所ありました。全部で50m程度あるとゲートの前で説明があったので、少数の方はゲートに入らず、外のお土産屋さんなどを楽しむ事になりました。
DSC_8941.jpg

迫害されたキリスト教徒たちが隠れ住んだ大きな地下都市です
DSC_8950.jpg

地下都市カイマクルを楽しんだ後は、ギョレメの谷へ。
DSC_8984.jpg

DSC_8985.jpg

夕陽に赤く染まってきました
DSC_8997t.jpg

次に、陶器屋さんに行きました。
アインシュタインそっくりの陶芸家がここの主人、先生の様です
DSC_9004.jpg

この様なお皿
DSC_9010.jpg

ホテルに帰って夕食後、北の空です。
上にカシオペヤ座のWが、下方には北極星が見えます。@8:45です。
ツアーの間は、毎日9~10時に寝てしまう健康的なリズム!日本の夜型返上です!
DSC_9015.jpg

翌朝、27日6時半。屋上からの西の風景です。やっぱりモスクがあります!
この日は、イスタンブールへの移動日です。80km先のカイセリ空港から飛ぶ予定。
名残惜しいカッパドキアをパシャ、パシャ!ホテルは2連泊でした。
DSC_9021.jpg

北側の風景です
DSC_9024.jpg

8時にはバスで出発!車窓からも目立って見えるウチヒサールの要塞
DSC_9037.jpg

鳩の谷を通った時は、雲間からの光芒があり神秘的な風景に。
カッパドキアにお別れです
DSC_9045.jpg

次は、首都イスタンブールをお届けします

以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

トルコ#7_カッパドキア#3

ツアー6日目、’14年12月26日の前半の様子を紹介します。

先ずは朝食前にホテルの屋上から撮った離陸前のバルーンです。
軽い熱風を送り込むバーナーの灯が、もうすぐ離陸を告げています!
カッパドキアと言えばバルーンツアーが有名。オプショナルツアー(2.2万円)
のはずでしたが、直前の事故のため当ツアーとしては全面中止!残念!!!
DSC_8617.jpg

丁度7時頃から順次離陸し始めました!
DSC_8624.jpg

天気も絶好!本当に乗りたかったですね~!!!
DSC_8666.jpg

朝食を終えて部屋に戻ろうとすると、食堂の上でニャーニャー!
DSC_8689.jpg

ちょっと怖い顔のクロネコも!片目だけギョロ!
DSC_8727.jpg

この日の朝は、ギョレメ野外博物館見学のオプショナルツアーがあるため、その他の人は11時に集合。半分くらいの人達が参加されたようですが、我々は不参加とし、のんびりとホテル周辺を散策しました。OPツアーは幾つかの地下教会を訪ねて洞窟内のフレスコ画などを見ることが主との事で、風景好きな私達には合わないか?との考え。

そこで昨夜訪ねたオルタヒサールのお城へ。
入口まで上がって行ったのですが、クローズでした。年末休みとの事で残念!
DSC_8740.jpg

次は、ホテルへの道を戻り反対側のギョレメ方面へ行こうとしたのですが、
一本道を間違えてお墓の方に行ってしまいました。
お墓の端から見下ろすと、プレーリードッグが集まっている様な岩。
DSC_8756.jpg

集合時間にホテルに戻ると、再び猫ちゃんが迎えてくれました。
奥に見える一番左の扉が我々の部屋です。これが洞窟ホテルの外観です。
DSC_8768.jpg

11時集合後は、昨日言ったラクダ岩の所を通って、
キノコ岩のいっぱいあるパシャバーへ。
駐車場から右手に向かいちょっとした丘に登って振り向いた風景です。
DSC_8821.jpg


丘の稜線方向を見ると白雪姫の小人達にあえそうな可愛いキノコ群です!
DSC_8818.jpg

少し右を向くと、こんなキノコで、また違った可愛さがあります!
DSC_8827.jpg

下に降りて見上げて見ました!
DSC_8836.jpg

今まで居た右手のちょっとした丘を左に降りて進むと洞窟のあるキノコ岩群があります。
昔は修道僧が住んでいたとの話です。いろんな部屋がありました。
DSC_8875.jpg

部屋は2階建、巨大なラクダの様に見えます!
DSC_8876.jpg

その右は、こんな感じ
DSC_8870.jpg

上下の中央の少し左の穴に人が立っているのが見えます。
何処から入ったのでしょうか?行ってみる時間はありませんでした!
DSC_8900.jpg

更に奥に進んだ所にあるキノコ岩群!
DSC_8899.jpg

キノコ岩を見るならパシャバーですね!数も種類?格好も豊富です。
1時間弱だったと思いますが、もう少しゆっくりと散策して見たかった。
それに朝のバルーン、乗りたかったですね!!!
では、昼食に!

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

トルコ#6_カッパドキア#2

ツアー5日目、12月25日の昼食後を紹介します

午後一は、ギズリバフチェと言う場所、高台から見下ろす場所です
DSC_8435.jpg

気球が浮かんでいます!気持ち良いでしょうね~!
DSC_8446.jpg

雪を被ったエルジェス山が綺麗に見える絶好の天気です!
DSC_8447.jpg

ウチヒサール。巨石の要塞です。すごい!
中はどうなっているのでしょう?行ってみたかったですが時間なし。
DSC_8464.jpg

鳩の谷。左横の風景。
DSC_8480.jpg

可愛い置物を売っていました!
DSC_8492.jpg

ローズバレー。夕陽の名所とのこと。既に少し赤みがかっています。
右手の方にやや登って行き、太陽の方を撮った風景が、次の写真です。
DSC_8505.jpg

左の高台に人影が見えますが、あの左奥が駐車場です。
DSC_8515.jpg

駐車場では、ミカンやナッツ類など、露店が出ていました。
各種ナッツが美味しかったので、1kg買ってしまいました!
DSC_8545.jpg

日が沈み、ホテルに向かう直前、エルジェス山が少し赤く染まりました!
DSC_8556.jpg

今夜の宿は、洞窟ホテル。どんな洞窟に入って行くのだろうと
勝手に想像していましたが、外観は普通の建物で、ちょっと拍子抜け!
でも、部屋は確かに洞窟っぽく、アルタミラの壁画の様な絵が
凹凸で描かれていました!洞窟風部屋のホテルとの記載が正しそう!
DSC_8566.jpg

夕食後、散歩にでるとオルタヒサールのお城?Castleと書かれた
巨石の要塞めいたものがあり、明日またくることにしました。
DSC_8577.jpg

#7につづく

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

トルコ#5_カッパドキア#1


いよいよカッパドキアです。最初の写真は、ラクダ岩(デブレント谷)です。@10:45
DSC_8311.jpg

ツアー5日目は、朝7時半にコンヤのホテルを出発し、シルクロードを通っていよいよカッパドキアへ向かいました。約230km3時間半のバス移動です。途中、休憩にスルタンハンの隊商宿キャラバンサライの前のドライブインに寄りました。下の写真は隊商宿です。高い壁に囲まれた大きな施設。外敵から守って安心して泊まれることが必要だったのでしょうね!
DSC_8271.jpg

入口、塀が高いでしょう!
DSC_8272.jpg

ラクダ岩がある場所デブレントでは、いろんな奇岩が見えました。
下の写真は、ユーモラスですね!キッス岩!
DSC_8317.jpg

これはマリア像
DSC_8774_20150228002515567.jpg

次に、三姉妹の岩(ゼルベ谷)に行きましたが、 私には親子の岩に見えました!
高台から写真を撮っている自分の姿が小さく映っています。@12:45
DSC_8369.jpg

角度を変えると、遠くに雪山、エルジェス山が顔を出していました!
DSC_8348.jpg

昼食のレストランの近く。大きな岩が倉庫に?
DSC_8386.jpg

遅めの昼食は、洞窟レストランです。あの岩の中のレストランです!
DSC_8394.jpg

総勢40人、一部屋に入れました!
DSC_8398.jpg

薄暗い中でのメイン料理は写真のもの。下から固形燃料で温めていて、
美味しかったのですが、皿はブリキ板を手作りで加工したもので
明るく写真にとると、あとでちょっと心配になりました! @14時
DSC_8405.jpg

レストランの裏へ回ってみました。
下から1/3程の右側にある大きな四角い穴がレストンランの窓です。
天辺の四角い穴は何でしょうか?
DSC_8419.jpg

午後に続きます
プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR