FC2ブログ

上高地'16夏#2

スマホの方はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
その#2では、周りに日が差した大正池を中心に紹介します。

最初の写真は7:43朝霧が殆ど消え、穂高のふもとまで日が入った時刻。
大正池には未だ日が射していないので水鏡が綺麗です! 水鳥スイスイ!
D75_6817_.jpg

水鳥が来てくれました。これは6:24、その#1と同じ頃の写真。
この後、一旦、田代池に向かいました。
D75_6649.jpg

田代池から100m程手前で、横から田代池方向を見ると未だ霧!
D75_6703_.jpg

田代池直前の湿原。霧は薄くなっていました。湿原は既に草紅葉に!
標高約1500mなので、秋が早いですね!
D75_6713_.jpg

6:51の田代池です。こちらは未だ朝霧深し!
ここに日が入る迄には時間がありそうなので、大正池に戻ることにしました。
D75_6727.jpg

焼岳です。霧は消え、山肌の緑がクッキリ!綺麗でした!
日陰とのコントラストが強すぎの感じもありますが、結構感動的でした!
D75_6801_.jpg

少し右を向いて。
D75_6893_.jpg

逆さ穂高岳連峰!巻頭の写真と同じ場所で、水映りを主役にしてみました!
D75_6849_.jpg

上下とも山の端をカット!水鳥が緑の池面をさり気なく?
D75_6820_.jpg

梓川上流方向も水鏡の緑がとっても綺麗でした!
D75_6910_.jpg

朝霧のモヤモヤも魅力的ですが、朝の順光、影のコントラスト、水鏡
とても綺麗でした!しばし感動しながらパシャパシャパシャと
一杯撮ってしまいました。戻って来て大正解でした!

次回その#3では日が射した田代池他をご紹介します。

以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 水鏡

上高地’16夏#1朝霧

スマホの方はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
今回から9月10日に訪ねた、上高地の風景をお届けします。
未だの装いが残っている晴天の日を狙って訪ねてみました。

その#1では幸運にも巡り合えた朝の大正池を中心に紹介します。
一枚目は大正池越しの焼岳です。薄っすらに包まれながらも
水映りも綺麗に見えました!この幸運に感謝ですね!
D75_6473_.jpg

さて、2016年9月9日の天気予報を見ていたら、「晴天は明日まで!
その後暫くは雲りまたは雨が続きます。明日の晴天を大切に!」
を聞いて、上高地にの残り香を求めて行くことにしました。
いつものように夜8時過ぎに家を出発、今回も運転が楽な東海北陸道
及び高山経由としひるがの高原SAで車中泊としました。
上高地へはマイカーでは入れないので、高山側の平湯または
松本側の沢渡の駐車場でシャトルバスに乗り換える
必要があります。
その駐車場で車中泊することが安心できるのですが、残念ながら
平湯のあかんだな駐車場は夜中は閉鎖されてしまいます。
そこで高速道路の割引確保もあり、ひるがの高原SAで車中泊し
3時半頃に出発としました。5時頃に駐車場着の予定です。

下の写真は、平湯温泉のあかんだな駐車場のバス乗り場です。
この日の始発5:20には列が来ていました。満員の盛況で、追加の
2台目に乗ることができましたが、こちらも補助イス含め満席。
D75_6379.jpg

約30分で大正池バス停に到着。何とここで降りたのは私一人でした。
降りる前から朝が見え、「良し!良し!この後少しづつ晴れて
くれれば最高の日になりそう!」と期待が膨らみました!
畔に降りてすぐ、大正池ホテルのボートの向こうにすでに多くの
観光客の方々がこの幻想的な景色を楽しんでいました! @05:51
D75_6385_.jpg

既に焼岳には日が差していました!も適度で水映りもバッチリ!
D75_6391_.jpg

深い緑と朝
D75_6437_.jpg

遠くのカラマツの頂部には露??白い帽子をかぶっています!
D75_6446_.jpg

右を向いて、穂高を見上げます!未だ霧が濃い目!
D75_6529_.jpg

逆さ穂高です!
D75_6508_.jpg

山の端をカット!
D75_6534_.jpg

大正池のシンボル、立枯れの木は随分少なくなってしまいました!
D75_6694t.jpg


朝霧の上高地、大正池はいかがだったでしょうか?
次回は日が差してきた大正池を紹介予定です!
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag :

上高地の初夏'14#3

明神館にて、朝5時5分前に目を覚まし、すぐ隣の2階のロビーに行くと明神岳のてっぺんが見えました。天気は良さそう!同室で且つ私以外ただ一人の宿泊者は、既にリュックなどの準備をほぼ終えて、出発する所でした。今日はの蝶が岳に登るとの事。「では気を付けて、行ってらっしゃい!」と挨拶とともに見送った後、カメラと交換レンズとパンとお茶だけを持って明神池に向かいました。

明神池の入口正面の島?です。朝日のスポットライトを期待して
来たのですが残念!!!空の低い位置に雲があり、スポットライトには
なってくれませんでした! @6:07
DSC_0701.jpg

鴨が泳いで来て、慰めてくれたのでしょうか?
DSC_0731.jpg

DSC_0734.jpg

奥の池
DSC_0750.jpg

入口に戻って。綺麗な場所ですね~!
DSC_0850.jpg

明神池を撮影の後、宿に戻り温かい朝食をいただき、その後は衝動的ですが折角なので徳本峠まで久しぶりの山登りをすることにしました。夏のコース時間は2時間、3.8kmです。明神館から5分ほどで徳澤や横尾に向かう道から右に分かれます。
DSC_0988.jpg

30分程平坦な道を進むと、道が狭くなり少し傾斜も大きく成りますが二輪草が咲き乱れる綺麗な径になって来ました。
DSC_0876.jpg

後2kmの道標のすぐ上からはが現れ、この時期のコースは渓登りになります。
アイゼンもストックも持って来なかったので途中までと思っていたのですが、枯れ枝を2本拾ってダブルストックにして何とか峠まで登ってしまいました。
DSC_0909.jpg

渓の上部で後ろを振り返ると結構な急斜面、帰りが怖いかもと少し心配になりました。ここまで来ると明神だけでなく、前穂高、奥穂高も見えます!
DSC_0908.jpg

徳本峠に到着!渓部分を1時間45分程度かけて登りました!
DSC_0959.jpg

展望台にもがあります。
DSC_0941.jpg

前穂、奥穂、西穂です!雪渓登りは初めてですが、達成感ありました!
DSC_0932.jpg

峠からの風景を楽しんだ後は、さっさと下山し、預けてあったリュックを明神館で受け取り、今度は左岸の道で帰りました。
DSC_0996.jpg

途中でお猿さんの集団にあったので、一枚!300mm使用。
DSC_0041.jpg

河童橋周辺で一休み。この日は写生している人が大勢いました!
DSC_0081.jpg

河童橋を過ぎて、再度新緑を楽しみながら
DSC_0100.jpg

バス亭に向かいました。
DSC_0116.jpg

上高地の初夏’14はこれで終わります。明神池の朝のスポットライトは叶いませんでしたが大正池をはじめ本当に美しい新緑に出合うことが出来ました!久し振りの山登りも出来たし、白馬も含めて楽しい3泊の一人旅でした!5月下旬から6月中旬にかけての白馬や上高地は本当に素晴らしい!自然の美しさに感謝!!!

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 新緑

上高地の初夏'14#2

その#2では、河童橋から明神までの風景をお届けします。

一枚目は小梨平の落葉松林です。陽に照らされた若葉の色が印象的!
幾つかテントも張られていましたが、その直上を撮影! @10:20
DSC_0287.jpg

河童橋を渡り、右岸で明神に向かうことにしました。
渡った所からの梓川と穂高連峰、定番ですが一応撮っておかないと。
DSC_0309.jpg

若葉?新芽?の黄緑色が黒い幹とのコントラストでとても綺麗でした!
DSC_0349.jpg

明神池の少し手前ですが、水映りの綺麗な場所がありました。@12:30
DSC_0368.jpg

明神池の手前にある嘉門次小屋で蕎麦を食べ、ビールも飲んじゃいました!
晴天と美しい風景の下でのビール最高でした(400円)!そして明神池300円へ。
入って、すぐ右の景色!
DSC_0414.jpg

正面の島? 未だ若葉が少なく芽吹きの時期!6月中旬が旬でしょうか?
DSC_0443.jpg

湖面の緑の中を、鴨がスイスイ! 300mm使用
DSC_0517_20140613003924d27.jpg

少し奥。
DSC_0526.jpg

更に奥。奥の池は木立や岩が多く、広い風景は煩雑になりがちなので、
ポイントを絞って、アップで撮ってみました!
DSC_0532.jpg

入口に戻る頃、再び青空が戻って来ました。水鏡の空と雲を! @14:20
DSC_0542.jpg

宿に入るには未だ早いので、明神館にチェックインのみ済ませ、
更に奥の徳澤方面へ足を延ばしてみました。
小さな渓流の中に苔むす石がゴロゴロしていたので
スローシャッターで撮ってみました!
DSC_0591.jpg

明神から徳澤に向かう径の両側は、いたるところに二輪草がいっぱい!
DSC_0616.jpg

森の奥まで花盛りでした!
DSC_0625.jpg

5月末の上高地、新緑二輪草が素敵でした! その#3に続きます。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 新緑 初夏 二輪草

上高地の初夏'14#1

白馬の後は、上高地の新緑を撮りに行きました。まずは上高地の玄関口、沢渡サワンドのバスターミナルの駐車場にて二日目の車中泊です。さすがに疲れるので、翌日は上高地の中の明神館で泊まるべく、お昼に予約しました。明日のご馳走と温かいベッドを楽しみに、今日は我慢です!

5時42分の始発のバスで、上高地へ。
いつも通り大正池で降り、ここから明神まで撮りながらのハイキングです。
大正池は期待通り新緑が輝いていました!@6:40
DSC_0111.jpg

広角で穂高連峰全体を! 
山はやや霞んでいてクリアではない事が残念でした。
DSC_0087.jpg

左を向くと、焼岳が水鏡にクッキリと! いつも綺麗に見える場所です!
DSC_0015.jpg

梓川の水量は結構多く、透き通った流れも、対岸の近くは新緑が映っています!
DSC_0005_01.jpg

巻頭の写真のアップになりますが、気に入っています!
DSC_0102.jpg

歩いている左岸側にも陽が回ってきました!
DSC_0107.jpg

中州の様な所では、新緑の若木がスポットライトに照らされ本当に輝いていました!
この輝きを撮りに来たのですが、風景としては旨くはまとめられませんでした!
DSC_0154_201406130029140ff.jpg

大正池に陽が回るまでいたので、その後訪ねた田代池にもしっかり陽が回っていました。お蔭でカメラマンは殆どいなくて、ゆったりと楽しむ事が出来ました。ここは左上からの斜めに射す光と、奥の落葉松の水映りを大切に撮りました!
DSC_0062_01.jpg

横位置でアップ気味に、落葉松の水映りを!しゃがんで低い位置から!
DSC_0049_01.jpg

田代橋を渡り、右岸を河童橋に向かいました!左岸の蛇行部分が綺麗!
散策の人たちも気持ち良さそうに感じます!
DSC_0157_01.jpg

河岸に出て、水映りも意識して対岸の落葉松林の新緑を!
DSC_0182.jpg

逆光気味に陽を受けた落葉松の緑!大好きな風景です!
DSC_0212.jpg

これは何の木でしょうか?この葉も綺麗ですね!
DSC_0216.jpg

河童橋まで対岸の新緑を楽しみながらで右岸を歩き、お店でアップルパイと
コーヒーを楽しんだ後、左岸に渡り小梨平のキャンプ場へ。
小梨の花は未だでしたが、キャンプ場からの穂高連峰も絵になります!
DSC_0267.jpg

ベンチで休む人も気持ち良さそう!私も暫く風景を楽しみました!
DSC_0271.jpg

新緑の時期の上高地、本当に綺麗で命の息吹も感じられます!
その#2では、明神までをお届けします!


以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 新緑 初夏

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR