FC2ブログ

鳴門の渦潮

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

副題:四国旅'18#6

高松市内で2回目の讃岐うどんの昼食を済ませた後、
急ぎ気味に鳴門の渦潮観光船に向かいました。
この日の干潮のピーク13:40には間に合いませんでしたが、
14時発のうずしお汽船に乗ることが出来ました。
30分毎に出発なので2番目に良い時間のはずですが、
その通り、下の写真の様に大変迫力のある渦潮を
間近に見ることが出来ました!
DSC_4407.jpg

観潮船も何種類かあるようですが、今回の船は下の写真の様に
小振りの船で、後部のデッキから見るとまるで海水面に立って
見ているような印象でした!少々揺れますが、迫力を求める
方には、小振りの観潮船がお奨めです!
(下の写真はうずしお汽船WEBから引用させてもらいました)
うずしお汽船

3本マストの海賊船の様な船、後でネットで調べた所
淡路島の福良港から出るうずしおクルーズの船と分かりました。
絵になる船ですね!
DSC_4391.jpg

二つの渦が見えます!
DSC_4411_201810082159001a1.jpg

鳴門大橋の下辺りを動きながら渦潮の変化を間近にみられます。
DSC_4417.jpg

次から次へと出来ては消えて行きます。
DSC_4421.jpg

DSC_4443.jpg

見上げると、橋の中の歩道が見えました。確かあの歩道にも
行けると思います。
DSC_4450.jpg

10分程、渦潮の場所に留まった後、帰ります。
ザックリ言えば往復に10分、観潮10分、計20分で毎30分に
運航し、1,550円/人でした。今回の様に時間が合えばお奨めです!
大潮の時の、満干潮時刻の前後1時間半が見頃との事です。
DSC_4461.jpg

初めての渦潮観光でしたが、大潮の時期の良い時間に
行くことが出来、また小振りの船での間近の観光も相まって
とても迫力があり楽しいひと時を過ごせました!
お奨めです!

以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

うず潮

観潮船に乗らないとみられない光景ですね。素晴らしい。
四国を満喫ですね。私も2年ほど前に行きました。
プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃  日の出   夕日 初秋 水芭蕉 葡萄畑 富士山 星空  遺跡 霧氷  枝垂れ桜 合掌造 花桃 光芒 稲刈り 朝焼け  山歩き 藤棚  水鏡 祭り 茅葺屋根 小鳥  山車 ソバ畑  ワイナリー 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR