FC2ブログ

レプレヤード&ローザンヌ

スマホではインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
副題:スイス&フランスの旅'17#15最終

9月17日、延泊二日目、実質観光最後の日は、スーツケースを
モントルーのホテルに預けたまま、ヴヴェイを経由してレプレヤード
展望台へ行ってみました。ここは5月にはスイセンが咲き乱れる場所
として有名なので、9月としてはレマン湖を見下ろす展望目的
だったのですが、展望台の前の立木が伸びて、下の写真の風景でした!
ただ着いたときは霧で全く見えなかったのですが、10分程度で好天に
なってくれたのは幸運でした。
DSC_5576.jpg

モントルーのホテルで朝食を済ませ、チェックアウトも済ませた後、
列車でヴヴェイへ(モントルーリビエラMRカードで無料)、湖畔と旧市街を
散策しました。下の写真は、チャップリンの銅像とネスレ社のフォーク。
彼は晩年をヴェヴェイ近郊で過ごしたとのこと。このすぐ後ろには
ネスレの食品テーマパークの様な建物があります。
DSC_5493.jpg

旧市街では特に写真を撮らなかったのでパス。
下の写真はヴヴェイ駅からの登山電車内の表示板です。
次の4つの駅と終点駅の予定到着時刻が表示されており
大変親切。旅行者には大きな安心を提供してくれます。
ジュネーブ行きも含めて、この辺りのローカル列車には
殆ど装備されていました。
ちなみにこの列車の場合は「要望により停車」と記載があり、
バスの様にボタンを押さないと通過してしまう様です。
DSC_5513.jpg

レプレヤード駅から100mほど先に一軒のレストランがあり
そこのテラスが展望台になっています。別の言い方をすると
そこからしかレマン湖を見下ろす場所が見当たりませんでした。
巻頭の写真の様に立木が邪魔ですが、隙間から右側を
アップで撮ったものが下の写真。
DSC_5579.jpg

下の写真はレマン湖の東端周辺ですが、これは下山途中での
写真です。
DSC_5614.jpg

途中の車窓から見えるオーテヴィーユ城
DSC_5652.jpg

ヴェヴェイで乗り換えてモントルーのホテルでスーツケースを
受け取り、湖岸の鉄道で、最終宿泊地ローザンヌに向かいました。
ホテルから駅までは歩いて5分程。駅の方が10m程度高いのですが、
道路にエスカレ-タもあり問題ありません。

ローザンヌのホテルも駅から5分の所を予約。スーツケースを
押して歩いて行きました。ローザンヌも地域内無料のトラフィック
カードがあります。チェックイン時に必要か聞かれたので、もちろん「Yes」
そのカードですぐに、地下鉄に乗り湖岸のOuchyに行きました。
ホテルから50mほどで地下鉄Glancy駅があり便利な場所です。
遊覧船の停泊所。
DSC_5726.jpg

東を見ると葡萄畑の向こうにモントルーの街が見えます。
DSC_5752.jpg

沢山のヨットが停泊していました。
DSC_5776_20171126232438281.jpg

暗くなり始めると、噴水がライトアップされ綺麗でした!
DSC_5827.jpg

地下鉄でホテルへ戻る時、ホテル近くの駅を通り越して山の方へ
上がってみたのですが、夜景を見下ろせる場所が分かず
諦めて戻りました。翌日は早朝に国鉄ローザンヌ駅からチューリッヒへ
向かうので、下見も兼ねてホテル近くGrancy駅の一つ手前の
地下鉄ローザンヌ駅で降りてみました。
エレベータで地上にでると、国鉄駅の山側の大通りの向かい。
そこで撮った国鉄駅の正面の写真、五輪もついていました。
DSC_5832.jpg

駅に一歩入った所からの正面の写真。歴史を感じさせますね!
正面のお店はパンとスイーツのお店。
駅からは歩いてホテルに戻りましたが、翌朝は大きなスーツケースが
あるので、一駅地下鉄に乗って来ることに決定!
DSC_5833.jpg

帰国日9月19日は7:20発の列車に乗ります。30分後の列車でも
間に合うのですが、乗り換えが1回あり、乗り換え時間が6分と
短かったので、この列車にしました。約2時間半掛かりますが、
乗り換え無しでチューリッヒ空港駅に行けるので安心感があります。
ホテルの朝食は6:30からでしたが、時間に余裕がないので、あきらめて
カップヌードルとパンを部屋で済ませ、チェックアウトも円滑に出発。
キップは前日買っておきましたが、2等一人79CHFと結構な金額。
席の予約はしなかったのですが、下の写真のような子供向けの
遊戯がある席に座りました。時々子供たちが来て遊んでいました。
楽しそうに遊んでいる写真を撮りたかったのですが、添乗員さんから
欧州では子供の写真は撮ってはいけない!トラブルの可能性ありと
言われていたので、控えました。
日本では見たことが無いですが、こんな工夫も良いですね!
DSC_5896.jpg

以上でスイス&フランスの旅'17 #1~#15を終わりです。
長くなり過ぎの感もあり、最後の二日間、私たちの延泊の部分は
だいぶ省略しましたが、少しでも皆さんの参考になる所があれば
幸いです。
晴天率が高いと言われる秋にしては、何度も雨に降られたとの
印象がありますが、大好きなツェルマットやラヴォーの周辺では
天候に恵まれ、そのほかの場所でも、バスから降りると
止んだりして、総じての感想は楽しい旅だったとの印象になりました。

楽しいツアーで行動を共にした皆さんと添乗員さんに感謝!
ブログを見て下さる方々にも感謝です。

最後にもう一度全体日程を下に記します。
タイトル「コルマール」、 副題:スイス&フランスの旅'17#1
にも記載したものです。

1日目 成田空港→スイス/チュリッヒ空港→フランス/ミュルーズ泊
2日目 →コルマール→リクヴィル(昼食)→スイス/ベルン/バラ公園
     →ハスリベルグ泊Hasliberg(プリエンツ湖の東)
3日目 →インターラーケンにて(ケーブルカー)ハーダークルム展望台&市内観光(昼食)
     →グリムゼル峠を通ってロイカーバードLeukerbad温泉泊
4日目 →レッチェン谷/ブラッテン村→サースフェー(昼食)→ツエルマット泊
5日目 →(山岳鉄道)ゴルナーグラード展望台→ツエルマット(自由行動、昼食後
     →(ロープウェイ)シュヴァルツゼー→トロッケナーシュテック→ツェルマット)
6日目 →フランス/エヴィアン(昼食)→スイス/ヴヴェイ(山岳鉄道)→シューブル
     葡萄畑散策→湖岸チャップリン像→葡萄畑内レストランで夕食→モントルー泊
(7日目の朝、ツアーの皆さんは空港へ。以下は二人のみの個人旅行です)
7日目 →ロシェ・ド・ネ展望台(昼食)→モントルー湖畔マルシェを見て歩き
     →(船)リュトリー(湖岸から葡萄畑他)→(葡萄畑散策)ヴィレッ
     →(鉄道)モントルー泊(6日目とは別のホテル)
8日目 →ヴヴェイ旧市街散策→(山岳鉄道)レプレヤード展望台(昼食)
     →モントルー(バッゲージ持って)→(鉄道)ローザンヌ湖岸散策&泊
9日目 →鉄道7:20→9:50チューリッヒ空港13:00→(飛行機)10日目7:50成田空港

 
もう11月も末、次回からは日本の紅葉風景をお届けしたいと
思っています。
以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え   初夏  夜景 世界遺産 棚田 田圃 日の出  水芭蕉  初秋 富士山 葡萄畑 夕日 星空  遺跡  枝垂れ桜 霧氷 花桃 合掌造  山歩き 茅葺屋根 稲刈り 水鏡 祭り 朝焼け  藤棚 光芒 ライトアップ 小鳥 落葉松  山車 合掌造り しだれ梅 ソバ畑 御嶽山   ワイナリー 日の入り  川下り  落ち葉 シドニー 蒸気機関車 ワインヤード 草紅葉 そば畑 稲架かけ 水映り  桜、 茅葺 コブシ サツキ 渓流   氷河 竹灯り 蕎麦 ツツジ 夜祭 立ち枯れの木 チロル ニッコウキスゲ ラベンダー ブナ林 ダム 雲海  雪景色、 欧州アルプス 吊り橋 航空写真 冬、 宿場 動物園 日出 砂丘 欧州の旧市街 電飾 イルミネーション 白馬三山 シモツケ草 おひさま 年末 ニッコウキスゲ 絵画 イチョウ ブルーベリー 夏山 わさび田 道祖神 鵜飼い 白藤 庭園 林檎の花 鍾乳洞 大垣市 じゃがいもの花 ビール麦 宮殿 港町 フェルメール 春の花 朝露 晩秋 登山 稲田 渓谷 年賀 雪下ろし モルゲンロート 二輪草 月明り  花弁の絨毯 雷鳥 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑  河津桜 月明かり 幻日 ホタル     高原 お花畑 北アルプス 温泉 ジャガイモの花 モネ 睡蓮 福寿草 アヤメ 赤そば 公園 枝垂れ桃 床もみじ 列車 お茶畑 SL キツツキ 鉄道  新年 夜桜 ダイヤモンドダスト 氷の造形 りんご 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR