尾瀬ヶ原_水芭蕉の頃#2

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
今回は尾瀬ヶ原に降り、竜宮小屋に泊まった翌日、6月7日の様子を
お伝えします。

朝4時に目覚ましで起床、6時の朝食前に、昨日行った水芭蕉
ポスターの場所までゆっくり行ってみることにしました。
薄っすらとした朝靄の中、色の無い世界です。
D75_7198.jpg

ポスターの場所です。至仏山は靄で見えませんでした。@4:45
D75_7230.jpg

宿へ戻る途中にて
D75_7286.jpg

竜宮小屋で6時からの朝食を食べた後は、まっすぐ西に進み
牛首を通って鳩待峠に出ることにしました。
再びポスターの場所を通ります。曇天でしたが朝靄は晴れて、
至仏山が見えています! @7:50
D75_7500.jpg

ヨッピ橋方向への道との三叉路を過ぎてしばらく進むと、
小さな川があり、その周辺には水芭蕉が沢山咲いていました。
D75_7621.jpg

箸を渡ってから振り返った写真。山は燧ケ岳。
D75_7628_20170815233219fd5.jpg

橋を渡った後、尾瀬ヶ原の西の端、山の鼻までの上田代は
小さな池塘がいっぱいの湿原になります。
D75_7638.jpg

尾瀬ヶ原の端、山の鼻に近づくとツアー客が多くなり
時々渋滞しました。
D75_7682.jpg

強力さんが来ました。すごいですね!ただただ感心!@9:10
D75_7688.jpg

尾瀬ヶ原の出入り口、山の鼻でゆっくり休憩し、鳩待峠まで
標高で200m程登りになりますが、全般には林の中の緩い上りです。
所々に雪が残っていますが、新緑が綺麗でした!
D75_7712.jpg

11時少し前に鳩待峠に到着。11時のバスがあったので食事は
後回しにしてチケットを購入したのですが、乗り場は、ここではなく
100m程歩いた先でした。慌てて人の流れの最後尾に着いて行くと
既にバスはいっぱいでしたが、ハイエースクラスのミニバンに
乗せてくれました。溢れることなくミニバンを出してくれるようです。
結果的にミニバンの方が早く到着します。

さて、尾瀬沼から尾瀬ヶ原の見晴に降りた時、水芭蕉が見当たらないのに
ガッカリしたと書きましたが、期待が大きすぎたのに加えて順路が
逆だったためでした。
尾瀬ヶ原を訪ねる人が一番多い、今回の逆ルートつまり、
鳩待峠から山の鼻へ下り、そこから竜宮へ向かうルートでは
最初の山の鼻への下りの途中から水芭蕉が、あちこちに見え
尾瀬ヶ原に入ってすぐからも幾つかの群生地を通り、
水芭蕉の尾瀬ヶ原に来た!との実感が十分沸くはずです。

今回は、この後、地図で見ると、すぐ近くに位置する
日光の戦場ヶ原に行くため戸倉でバスを乗り換えます。

以上です
スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 水芭蕉

コメントの投稿

非公開コメント

尾瀬

旅行好きではありますが、山歩き派ではないので、尾瀬には行かずじまいでした。
映像や写真ではよく見ますが、やはり「生」でないと、その良さはわからないですよね。
プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え    初夏 田圃 棚田 夜景 日の出  水芭蕉 初秋   葡萄畑 夕日 星空 富士山 霧氷 合掌造 花桃 茅葺屋根  山歩き 稲刈り 祭り 朝焼け   水鏡 合掌造り  御嶽山 落葉松 小鳥 光芒 ソバ畑 ワイナリー 枝垂れ桜  山車  水映り シドニー サツキ 日の入り 蒸気機関車 稲架かけ ブナ林 落ち葉 川下り 渓流  ワインヤード 蕎麦 氷河 そば畑   夜祭 チロル 茅葺 桜、 立ち枯れの木 ライトアップ ラベンダー コブシ りんご 福寿草 イルミネーション 年末 ダム イチョウ 大垣市 電飾 ブルーベリー フェルメール おひさま ビール麦  雪景色、 冬、 じゃがいもの花 道祖神 航空写真 動物園 わさび田 林檎の花 ダイヤモンドダスト 山藤 メジロ 深緑   ヒヨドリ 河津桜 ホタル 幻日   月明かり 竹灯り 晩秋 枝垂れ桃 夜桜 春の花 北アルプス 高原  しだれ梅 年賀 雪下ろし 月明り モルゲンロート 雷鳥 花弁の絨毯 床もみじ ジャガイモの花 新年 お花畑 氷の造形  温泉 赤そば アヤメ 公園 睡蓮 モネ 鉄道 列車 朝露  登山 稲田 渓谷 二輪草  お茶畑 SL キツツキ  ツツジ 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR