マウントクック(NZの黄葉#4

スマホではインターネットモードで見てください!黒地に緑字です。
テカポ湖を8時半過ぎに出発し、マウント・クック(Mt.クック)に
向かいました。まずは8号線を南西に進みワカティプ湖の南にでます。
すると一気に視界が開け、湖とその先にMt.クックが姿を現します!
車を止められる場所を探し1枚。次々に車が止まってしまいました!
D75_2702.jpg

ワカティプ湖の南端にあるi に寄った後、暫くは左岸沿いの80号線を
北に進みます。ところどころ、少し色づいた木々がありました。
D75_2738_.jpg

30km程の湖岸の後、湿地帯になりますが、Mt.クックはずっと見えます。
D75_2777.jpg

傘雲が掛かってきました。富士山と同様に雨になるでしょうか?
Mt.クックはNZ最高峰で、3724mHとのこと。
D75_2763_.jpg

今回は、まずタスマン氷河とタスマン湖を見る短い山登りに行きました。
途中にあるブルー湖です。少し前に左への分れ道がありましたが、
下の写真程度遠目で見るなら氷河展望台への道からも見えます。
D75_2796.jpg

更にタスマン湖展望台に向かって進み、振り返った風景です。
登ってきた道が見えます。向こうは湿地帯。
D75_2802_.jpg

タスマン湖展望台に到着。逆光で湖面がキラキラ!ですが
氷河が見えませんね!向こう岸の湖面は幅広く直線になっていますが
そこは氷河の先端です。氷の壁が薄っすら映っているのですが。
そしてその先の山間部分は氷河ですが、砂を被っていて真っ黒。
D75_2805.jpg

右手を見ると、順光になりタスマン湖に浮かぶ氷河の破片がクッキリ。
D75_2807.jpg

車でMt.クック村へ行き、先回同様ハーミテージホテルのレストランへ。
ランチ$15程度で普通でした。ここでも中国の旅行者が目立ちました。
日本からのツアーの方にもお会いしました。
テラスから見えるセフトン山の氷河です。
D75_2823.jpg

右端がMt.クック。左のセフトン山他には雲が覆いかぶさって来て
滝の流れの様です!
D75_2828_.jpg

先回6年前は、フッカー谷トレッキングを歩きフッカー湖まで行きましたが
あいにくの天気でMtクックは全く見えず。一泊し翌日も早朝は全く見えず
帰路の途中から何とか見ることができたのを思い出します。
今回は美しい黄葉には、あまり出会えませんでしたが、好天に恵まれて
Mt.クックの雄姿を一日中見ることができました。
富士山とほぼ同じ標高ながら、富士山のあの穏やかで優美な姿とは
対照的、険しい山容といくつかの氷河を持つMt.クックも魅力的な
山でした。

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 黄葉 雪山

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え    初夏 田圃 棚田 夜景 日の出  水芭蕉 初秋   葡萄畑 夕日 星空 富士山 霧氷 合掌造 花桃 茅葺屋根  山歩き 稲刈り 祭り 朝焼け   水鏡 合掌造り  御嶽山 落葉松 小鳥 光芒 ソバ畑 ワイナリー 枝垂れ桜  山車  水映り シドニー サツキ 日の入り 蒸気機関車 稲架かけ ブナ林 落ち葉 川下り 渓流  ワインヤード 蕎麦 氷河 そば畑   夜祭 チロル 茅葺 桜、 立ち枯れの木 ライトアップ ラベンダー コブシ りんご 福寿草 イルミネーション 年末 ダム イチョウ 大垣市 電飾 ブルーベリー フェルメール おひさま ビール麦  雪景色、 冬、 じゃがいもの花 道祖神 航空写真 動物園 わさび田 林檎の花 ダイヤモンドダスト 山藤 メジロ 深緑   ヒヨドリ 河津桜 ホタル 幻日   月明かり 竹灯り 晩秋 枝垂れ桃 夜桜 春の花 北アルプス 高原  しだれ梅 年賀 雪下ろし 月明り モルゲンロート 雷鳥 花弁の絨毯 床もみじ ジャガイモの花 新年 お花畑 氷の造形  温泉 赤そば アヤメ 公園 睡蓮 モネ 鉄道 列車 朝露  登山 稲田 渓谷 二輪草  お茶畑 SL キツツキ  ツツジ 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR