FC2ブログ

トルコ#4_コンヤ

#4では、ツアー4日目の後半、パムッカレ観光を終えた後を紹介します。

最初の写真は、コンヤ市内のメヴラーナ博物館です。
メヴラーナ教の始祖メヴラーナが祀られている霊廟。
棺の納められた部屋は美しい装飾が施されていました。
DSC_8206.jpg

以下は時系列に紹介します。
パムッカレを1時間半程楽しんだ後は、何と約400km先のコンヤ市内の観光になります。途中、レストランでの昼食休憩を挟んで5時間半のバス移動です。下の写真はアジギョル湖、カセイソーダの湖とのことです。コワッ!
DSC_8157.jpg

植物で覆われていない、不毛の山? 大理石でしょうか?
平地は麦畑でしょうか、土づくりは大変でしょうね!
DSC_8162.jpg

反対側の車窓越しに綺麗な風景が見えました。
雪山の麓まで広大な畑が広がります!
DSC_8177.jpg

再び、北海道の美瑛・富良野の様な風景です!
5時間半のバスの旅で、感じるのは、トルコは広~い!
山もありますが、平らな部分が圧倒的に多い!
DSC_8194.jpg

長旅も終りコンヤに到着。さっそくメヴラーナ博物館に直行です。
外見は、我々には普通のモスクです。
DSC_8222.jpg

最初の写真と同じメヴラーナの霊廟!
DSC_8207.jpg

壁のアップ!
DSC_8210.jpg

金で飾られた経典?
DSC_8211.jpg

昔、食堂だった所に飾られているメヴラーナの円舞のお人形!
右左の手で、天と地を指しながらクルクルと回る不思議な踊りです。
DSC_8220.jpg

日没近くまでメヴラーナ博物館に居ました
DSC_8224.jpg

その後は、インジェミナーレ博物館の前で5分程下車して見学。
イスラム教の神学校として13世紀に建てられたそうですが、
今は彫刻を展示する博物館。建物にも細かい彫刻が施されています
DSC_8238.jpg

今日のホテルは近代的なリクソス
DSC_8241.jpg

夕食は今日もバイキングですが、近代的なホテルらしくやっと食べなれた
普通の食事の印象で、いっぱい食べることが出来ました!
その中の一つ、これが何だか分かりますか? 蜂の巣に入った蜜です!
こうして出されると高級品?と感じてしまうのは私だけでしょうか?
但し、スイーツはやっぱり甘過ぎで、多くは食べられませんでした!
DSCN5505.jpg

翌日は、いよいよカッパドキアに向かいます。
以上です
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え  夜景  初夏  世界遺産 田圃 棚田  日の出 夕日 水芭蕉  初秋  葡萄畑 富士山 星空 霧氷  遺跡  合掌造 花桃 枝垂れ桜 山歩き 水鏡 光芒 茅葺屋根   祭り 朝焼け 稲刈り 小鳥 藤棚 ソバ畑 御嶽山  ワイナリー  山車  合掌造り ライトアップ 落葉松 川下り しだれ梅 草紅葉 氷河 立ち枯れの木 ワインヤード 水映り 落ち葉 そば畑 桜、 ツツジ 日の入り サツキ  コブシ シドニー 蒸気機関車 ブナ林 稲架かけ 茅葺  絵画 渓流   夜祭 蕎麦 雲海 竹灯り  チロル ニッコウキスゲ ラベンダー フェルメール 砂丘 流氷 日出 林檎の花 イチョウ ツララ ブルーベリー 宿場 吊り橋 庭園 冬、 動物園 航空写真 北アルプス 春の花 高原 お花畑 雪景色、 欧州アルプス  白藤 鍾乳洞 おひさま わさび田 道祖神 じゃがいもの花  年末 蒸留所 イルミネーション 銀杏 ススキ ビール麦 夏山 港町 氷の像 欧州の旧市街 電飾 宮殿 ダム ニッコウキスゲ 白馬三山 シモツケ草 鵜飼い 夜桜 キツツキ  月明かり  SL 河津桜 ヒヨドリ 鉄道 列車 お茶畑 オジロワシ 二輪草 渓谷 ホタル 花弁の絨毯 幻日 稲田 登山    朝露 メジロ 氷の造形 赤そば 月明り 公園 睡蓮 アヤメ モルゲンロート 大垣市 りんご 福寿草 雷鳥 モネ 雪下ろし 新年 深緑 山藤 ダイヤモンドダスト 床もみじ  年賀 晩秋 温泉 ジャガイモの花 枝垂れ桃 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR