FC2ブログ

白馬栂池の秋'13#1

八方尾根の素晴らしい秋景色を堪能した後、午後には隣の栂池自然園を訪ねました。ここでも素晴らしい秋彩が迎えてくれました!

自然園に入った直後の印象は、正に黄葉の世界!
見たことのない明るい色彩の世界です!
7月1日に訪ねた時の、あの新緑の癒される世界も素晴らしかったですが、
それとは全く別もの、とても華やかな世界でした!
IMG_7706.jpg

今回の旅の最初の予定では、八方池トレッキングの後、のんびりと栂池に上がり自然園入口の山荘(ロープウェイの上)に宿泊。翌日の朝の光の自然園を一周撮影することでした。ところが八方池から降りてきて、山荘を予約しようとすると2軒とも満室。平日とはいえ、こんな良い時期に当日予約できると思っていたのは甘かったです、反省! そこで絶好の天気でしたので、栂池を午後に撮影してしまうことにして、その日の内に志賀高原へ移動し、2日目は志賀高原の紅葉を撮ることに変更。同時期に紅葉の見頃を迎える3か所を一気に訪ねることにしました。栂池が午後の光になる点が少し心配で、ちょっと迷いましたが、結果はどうだったでしょうか?

下の写真は自然園へ入る前、ロープウェイ駅から歩いている途中、
山荘の少し手前の景色です。黄葉が輝きとても綺麗!
自然園への期待が膨らみむ一方でバックが日陰になっており急がねば!
IMG_7687_20131018220657b16.jpg


自然園入口の水芭蕉湿原の奥から先の山側を見た風景です。
黄葉が緑をしのぎ、紅葉は少くな目!木道の左右の草原が水芭蕉湿原!
IMG_7740.jpg

振り返ってみると形の良いダケカンバがシンボル的に目を引きますね!
IMG_7731.jpg

行く手の山々のアップ! 
緑の笹にダケカンバの黄色、ナナカマドの赤!絵の様です!
IMG_7715.jpg

紅葉の向こうにひと時の美しい彩!
IMG_7749.jpg

水芭蕉湿原の後半部分で山側をみた風景。
IMG_7770.jpg

やはり午後になると雲が広がって来ました。
日陰が多くなってきましたが、逆にスポットライトのチャンスです!
IMG_7765.jpg

栂池自然園の秋、それはとっても明るく鮮やかな季節でした!
IMG_7760.jpg

その1は、ここまで。
やはり午後の光で、全体にややノッペリした印象になってしまいました。
その2に続きます。以上です
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 黄葉

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 世界遺産 棚田 田圃  日の出  夕日 富士山 水芭蕉 星空 初秋  霧氷 葡萄畑 遺跡  枝垂れ桜  小鳥 花桃 合掌造 茅葺屋根 稲刈り 山歩き 祭り  水鏡 朝焼け 光芒  藤棚 ソバ畑 ライトアップ  ワイナリー 山車 合掌造り 御嶽山  川下り しだれ梅 草紅葉 落葉松  コブシ 登山 渓谷 落ち葉 立ち枯れの木  水映り ツツジ 桜、 茅葺 そば畑 氷河 ブナ林 稲架かけ 日の入り  サツキ シドニー 蒸気機関車 ワインヤード 夜祭 雲海  渓流 ニッコウキスゲ 絵画  蕎麦 チロル ラベンダー  日出 竹灯り フェルメール 鍾乳洞 林檎の花 港町 宮殿 シモツケ草 欧州の旧市街 冬、 動物園 砂丘 航空写真 吊り橋 ダム  宿場 白藤 庭園 白馬三山 雪景色、 鵜飼い ススキ イルミネーション 年末 電飾 オジロワシ 流氷 展望台 水族館 陽光桜 イチョウ ブルーベリー クルーズ ツララ 氷の像 蒸留所 銀杏 欧州アルプス 夏山  ビール麦 おひさま わさび田 道祖神 じゃがいもの花 ニッコウキスゲ アヤメ 山藤   メジロ ヒヨドリ キツツキ SL 鉄道 列車 お茶畑 深緑 二輪草 河津桜 花弁の絨毯  雷鳥 幻日  稲田 白鳥  月明かり 朝露  氷の造形 公園 北アルプス 睡蓮 モネ 春の花 赤そば ホタル りんご 福寿草 お花畑 高原 枝垂れ桃 夜桜 床もみじ 新年 晩秋 ダイヤモンドダスト 年賀 雪下ろし 温泉 モルゲンロート ジャガイモの花 月明り 大垣市 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR