FC2ブログ

東北海岸巡り#5

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
副題:仏が浦

青森県下北半島の仏が浦を訪ねました。
霧の中の仏が浦の奇岩の数々、見ごたえがありました!
D75_1899.jpg

5月18日朝は、青森のホテルからバスで津軽半島を北上し蟹田港へ。
ここでバスごと、陸奥湾フェリーに乗り、下北半島の脇野沢港で下船。
下の写真は、脇野沢港で下船直後に走り出したバス車窓からのも。
あの船にバスごと乗ってきました。
D75_1825.jpg

仏が浦遊覧船乗り場まで、バスで移動する途中の山越えで
昨日同様に雲海の上に出ました。左側の斜面は雲の川の様です!
D75_1853.jpg

奥に見える山並みは、北海道ではなく津軽半島の様です。
D75_1854.jpg

仏が浦遊覧船乗り場のある牛滝港です。この船で向かいました。
D75_1865.jpg

出航してすぐ、いきなり奇岩が現れました。
D75_1870.jpg

後からもう一艘。霧に霞んだ風景です。
D75_1884.jpg

霧の向こうにそれらしい風景が見えてきました
D75_1895_20190701153806f96.jpg

約30分で仏が浦に到着。上陸して左側。30分程度散策できました。
D75_1912_20190701153809f80.jpg

右側。天龍岩?
D75_1926_20190701153810ef0.jpg

右の岩が、上の写真の天龍岩。真ん中に立つ「如来の首」と呼ばれる
岩の横を通り抜けて進みます。
D75_1951.jpg

蓮華の華に似ている「蓮華岩」、3つありました。
D75_1988.jpg

蓮華岩を越えてUターンし、来た方向に戻ります。
D75_2010.jpg

船に戻ります。右の岩、大きな鳩が左を向いている様です。
D75_2017.jpg

乗船前に振り返って!
D75_2028.jpg

この後、30分程度船に乗り、北側の佐井港で下船しました。
霧の中の仏が浦もなかなか良い風景でした!
ここも写真好きには、時間が不足! 1時間程度欲しいと思いました。
以上

スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

東北海岸巡り#4

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
副題:青森市の夜

津軽半島の先端、竜飛崎の後は、この日の宿、青森市内のアートホテルに。
新しそうな綺麗なホテルで、一人一室と快適でした。
夕食は付いていないので、迷いましたが手っ取り早くホテルで海鮮丼を
食べたあと、街中をブラブラしてみました。

先ずは青森ベイブリッジをホテルに近い東から西に通ってみました。
左の紫色の橋がベイブリッジ。
右に見える緑色の三角形はアスパムと言う青森県の観光物産館です。
D75_1707.jpg

夜の三角形アスパム、青森ベイブリッジと共に綺麗なランドマークです!
D75_1710.jpg

橋塔は2本。多くのワイヤーが張られています。
D75_1716.jpg

橋塔の横、ライトアップ用照明機器の足元から橋塔を見上げて!
D75_1719.jpg

橋の上から南の街の方を見た風景。右手前の倉庫のような形の
建物はA-Factoryと言う、レストランやお土産屋さんのある店。
リンゴのお酒、シードル工房もありますが、丁度閉館時間で残念!
D75_1722.jpg

橋の上から、JR青森駅のホーム。奥に見える左右に長い廊下の様なものは
ホーム間をつなぐ通路ですが、両側につながるので凄く長い印象です。
D75_1732.jpg

反対側に移動して、北側、陸奥湾側の風景です。
船は元の青函連絡船です。船からも長い廊下がつながっていますが、
左の方はJRの青森駅のホームにつながっているようです。
今は通ることが出来ないと想像しますが、昔はJRのホームから
青函連絡船に直接行ける必要があったのでしょうね。ホームも
無茶苦茶に長いように思いました!
D75_1743.jpg

橋塔の所で、南側と北側の歩道を結ぶ通路が下側にあり、
そこから地上へ降りる階段があったので、降りました。
振り返って見上げた写真です。橋塔の色が緑に変わっています!
D75_1762.jpg

下に降りると、「ねぶたの家」と言うビルがあり、中にネブタがありました!
D75_1768.jpg

もう一つ、有りました。中から照らすと綺麗で迫力も感じます!
D75_1775t.jpg

この後、JR青森駅に行って、駅の前にまっすぐ伸びる新町通の
繁華街を一人ブラブラしてホテルに戻りました。明るい通りでしたが
特に絵にはならないので写真は割愛。夜の青森、綺麗な街でした!
以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 夜景

東北海岸巡り#3

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
副題:青森県千畳敷、十三湖、竜飛崎

白神山地12湖・青池を昼過ぎに出て、1時間程で次の目的地
千畳敷に到着しました。(昼食はバス内でオプションのお弁当)
名前の通り、海岸に広い岩場が広がっていました。
D75_1588.jpg

ところどころ、溝があり海水が入り込みます。
D75_1570.jpg

先端部分には波が押し寄せます!
D75_1576.jpg

突き出た岩場には、地層の縞模様が浮き出ていました!
D75_1595.jpg


千畳敷を出て、右手に岩木山を見ながら津軽半島に向かいました。
津軽富士と呼ばれる美しい山容です!標高1625m。
D75_1613.jpg

津軽半島を北上し次の目的地、竜飛崎に向く途中、
シジミで有名な13湖で休憩。木造の大きな橋!
綺麗な青空と雲に映えました!
D75_1624.jpg

半分ほど歩いて渡ってみましたが、軽自動車が通って来たので
ビックリ!車も通れる様です?
D75_1628.jpg

橋の左側は、葦?が茂る自然な印象。駐車場の周りに数件の
お店があり、シジミ汁200円を頂きました。佃煮も少し付いていました。
D75_1632.jpg

いよいよ津軽半島の先端、竜飛崎に向かい山道に入りました。
高度を上げていくと、津軽海峡には雲が掛かり、その下に
海が見えます。
D75_1646t.jpg

更に登って行くと、海は見えなくなり、今度は雲海の上に
北海道の山並みが見えました!薄っすらですが映っていますヨ!
D75_1644.jpg

風車が部分的に見えます!
D75_1644_t.jpg

竜飛崎に到着。少し下がった位置なので雲の中でした。
北海道はおろか近くもあまり見えませんが、灯台ぐらいは見えます!
右上に少し光った点が太陽です!月ではありません!
D75_1692.jpg

待っていたら、少し海がのぞいてくれました!
D75_1687_20190607110334190.jpg

途中の雲海が綺麗だったので、いっぱい撮りたかったのですが、
殆ど左の車窓から見え、この日の私は右座席。
思った写真が撮れなかったのが非常に残念でした。
せめて一カ所でも2~3分止まってくれたら良いのに!と思うのは
写真好きのワガママでしょうか?ツアーは下見、気に入った所には
後日レンタカーで来いと言う事でしょうね!

以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 雲海

東北海岸巡り#2

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
副題:白神山地・12湖・青池

最初の写真は、12湖の中の一番人気、青池です。5月17日11:25。
透き通った綺麗な水が深い青色に染まりとっても綺麗でした!
波紋が見えますか?湧き水によるものでしょうか?魚もいました!
D75_1469_20190607102317067.jpg

ツアー最初の目的地、男鹿半島先端の入道崎を訪ねた後、
海岸沿いに北上し秋田県から青森県に入り、白神山地12湖に
向かいました。バスが海岸沿いの国道から離れてしばらく山道を
登ると右手に、下に写真のような景色が見え、ガイドさんから
「日本のグランドキャニオンです」との説明がありました。
近くに行ってみないと分かりませんが、車窓からは石切り場?
と思ってしまったのは私だけでしょうか?ゴメンナサイ!
D75_1435_20190607102314e25.jpg

12湖は広大なブナの森に大小合わせて実際には33湖の
小沼が点在するそうです。バスで7つほどの湖を車窓から見ながら
鶏頭場ケトウバの池の横、森の物産館キロロの前で下車。
2km弱のコースで青池と沸壺ワキツボの池を回ってきました。
青池の全景です。綺麗な深い青色ですが、湖面の半分ほどを
落ち葉などが浮いており、美しい風景を求めて来ている身には
残念!折角の風景&観光資源、自然保護との兼ね合いもあるかも
しれませんが毎日水面を綺麗にしてもらうことはできないもの
でしょうか?許されるなら、そして道具が揃っているのであれば
写真を撮る前に、自分で浮遊物を網ですくうことぐらいは
やりたいと思ってしまいました!観光協会に伝えてみようかな?
巻頭の写真は、浮遊物の無い部分だけをアップで撮りました!
D75_1459.jpg

太陽燦燦の好天、池を覆う新緑の木々も輝いていました!
D75_1472.jpg

展望台を後ろから撮ると、こんな感じです!
水面の浮遊物がなければ、どんなに綺麗だったでしょうか!
D75_1487.jpg

青池の右手に登って、ブナの森へ向かいます。
D75_1488.jpg

バスガイドさんからは、時間が無いのでブナの森で写真を
撮ったら戻ることを推奨されましたが、二度と来られないかもと
思い、絶対に時間までに帰るとガイドさんに約束し、
スタスタと次の沸壺の池へ向かいました。5人ほど一緒でした。
D75_1493.jpg

沸壺の池です。こちらも綺麗な池ですが、より自然のまま?
手前に樹々が茂って、少し見難い状態でした。
D75_1521.jpg

少し右の方からやや振り返る方向の一枚。
D75_1537.jpg

縦アップ!水面に新緑が映ります!
D75_1527.jpg

もう一枚!
D75_1524.jpg

桂の木?丸くて可愛い新緑の葉が、スポットライトで輝きます!
D75_1532.jpg

12湖の青池と沸壺池、とても綺麗でした!
沸壺池まで行くと集合時間に間に合わないかも?と
心配するバスガイドさんを振りきって来たこともあり
やや急いで帰り、集合時間に余裕を持って戻ることが出来ました。
以上

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag :

東北海岸巡り#1

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
副題:日本海フェリーと男鹿半島・入道崎

5月16日(2019年)から東北海岸巡り7日間のツアーに参加してきました。
今回から何回かに分けて、その風景をお届けします。

最初の写真は2日目、17日の朝に訪ねた秋田県は男鹿半島の先端、
入道崎です。真っ青な海に黒っぽい岩々が綺麗でした!
D75_1376.jpg

今回参加したツアーは、国内で7日間と言うちょっと珍しいツアーです。
愛知及び静岡県の各地からバスで新潟港に行き、日本海フェリーで
秋田港に向かいます。下船後は、主にバスで秋田、青森、岩手、
宮城県を海岸線沿いに巡り、6日目に仙台湾から太平洋フェリー
に乗って7日目に名古屋港に帰ると言うもの。
クラブツーリズム主催の「ぐるりみちのく3大半島(14の秘境、
絶景大周遊)」。ホテルはビジネスホテルを利用するため
一名一室が原則で99900円とお値打ちでもあり参加してみました。

以下の写真は訪問順に紹介します。
バスは東海環状、中央高速、長野道、上信越道、北陸道を通って新潟港に
向かいました。各地とも丁度田植えが終わる頃、この時期ならではの
美しい田園風景が見られました。下の写真は17時過ぎ車窓から撮った、
米どころ新潟県の田圃の風景です。各田圃の隅に小さな小屋があるのは
愛知県では見られない、この辺りの特徴の様です。未だ小さい苗の
緑の点々が良い雰囲気!田植え直後の田圃、好きな風景の一つです!
D75_1240.jpg

下の夕日は、新潟港でフェリー乗船直前に乗り場のビルから撮ったもの。
綺麗な夕陽でした!出航は23:05と遅いのですが、19時から乗船して、
出航前に船内で夕食と大きなお風呂を楽しめました。
D75_1275.jpg

日本海フェリーのB寝室です。2段ベットですが、5面が壁になっていて
上段と下段の解放部が左右反対になっているので、少し個室の
雰囲気があります。と言うかカプセルホテルに近い印象です。
D75_1310.jpg

解放部のロールカーテンを占めた状況ですが、こうすれば
カプセル状態で、幸い船も揺れずにぐっすり眠ることが出来ました。
ちなみに、カプセルホテルとは異なりTVはありませんでした。
D75_1312.jpg

17日の朝です。もうすぐ秋田港に到着5:35予定。
D75_1315.jpg

下船途中に振り返って!全長約200mの大きな船でした。
D75_1339.jpg

船の到着が早いので、朝食は下船後40分程先のホテルバイキング。
男鹿半島の八郎潟は殆ど埋め立てられ広~い農地になっていますが
その中の道はまっすぐで両側には菜の花が満開で迎えてくれました。
1か月早いと桜並木もあったとのことです。
D75_1348.jpg

入道崎の海岸です。未だ8:25です。
D75_1404.jpg

アップ!
D75_1406_201906022344452e1.jpg

右を向くと、漁船?が白い航跡を残して!
D75_1373.jpg

丁度北緯40度に位置するとの事で、北緯40度の立派な碑がありました。
地中海の真ん中と同じくらいの北緯なんですね!
D75_1370.jpg

全体像。バックは入道崎灯台です。国内に16しかない登れる灯台
とのことですが、残念ながら時間がありませんでした!
D75_1423.jpg

海岸の手前は広い芝生広場の様で、のどかな雰囲気!
縦にスリットの入った岩が、北緯40度線上にいくつか
並べられて、北緯40度の碑に向かいます。
D75_1409.jpg


以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR