FC2ブログ

ブレッド湖#3:湖畔の城

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
<副題:絶景のクロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ#3>

「その#3湖畔の」ではブレッドを紹介します。
ホテル近くの湖畔から対岸の崖の上にブレッドが見えます。
改修中でしょうか建築用のクレーンも見えます。
右下に見える尖塔は聖マルティヌス教会で、その右側一帯が
ブレッドの市街地になります。霞んでいてごめんなさい!
DSC_9487_at.jpg

グーグル地図の航空写真では、こんな位置関係になります。
ブレッド湖s2

崖の高さは130mとのことですが、入り口近くの駐車場まで
バスで行けたので、少し登るだけで済みました。門です。
DSC_9886_at.jpg

門をくぐって振り返った写真。門の中は石畳でずっと登りです。
DSC_9888_at.jpg

門を過ぎた角の建物。左がワイン屋さん。
自分で樽から瓶に詰めて購入できるとのこと。
(右はトイレです)
DSC_9890_at.jpg

一番高い広場。タイル敷きです。
左の丸っこい部分が礼拝堂、右は各種の展示場になっていました。
DSC_9925_at.jpg

礼拝堂内の祭壇
DSC_9901_at.jpg

何か分かりませんが、礼拝堂内にあった親子?の象。
可愛らしいので、つい撮ってしまいました。
DSC_9905_at.jpg

お土産のコイン屋さん。金属の円盤を下の方に挟んで
天辺をハンマーでたたくと、昔のコインが刻印されます。
プレス機械ですね!金銀銅の3種あり、価格も異なります。
この写真はお店の人ですが、自分で叩くことも可能です!
DSC_9912_at.jpg

壁の廊下。
DSC_9931_at.jpg

はブレッド湖の展望台でもあります!
ブレッド島、聖マリア教会。先ほどまでいた所です。
DSC_9895_at.jpg

南から西の景色。小山はStranzaの丘と呼ばれ冬はスキー場。
夏も稼働しているリフトがあり、レール付きのカートみたいなもので
下るなど、いくつかのアトラクションがある様です。
DSC_9896_at.jpg

更に西
DSC_9915_at.jpg

の裏、北側の風景です。
DSC_9914_at.jpg

ブレッド城はこじんまりとしたお城ですが、礼拝堂や博物館もあり
さらに展望が素晴らしく楽しく過ごせました。城内のレストランで
昼食を食べ、午後はボストイナ鍾乳洞に向かいました。
次回、その#4:ボストイナ鍾乳洞に続きます。
以上
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag :

ブレッド湖#2島の教会

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
<副題:絶景のクロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ#2>

「その#2島の教会」ではブレッドの島、聖マリア教会をご紹介します。

ブレッド島にはホテルのすぐ下の桟橋から木製の手漕ぎボートに乗せて
行ってもらいます。我々のツアーグループ17人で丁度いっぱいの大きさ。
DSC_9811_at.jpg

小学生の遠足?聞いたことのある♬歌が聞こえていました。
DSC_9804_at.jpg

既に何隻か着いてます。あの階段を登って行きます。
DSC_9747_at.jpg

登った先の教会と鐘楼。
DSC_9843_at.jpg

礼拝堂の中、正面中央に鐘を鳴らす綱があり、皆さんが
代わるがわりにぶら下がるようにして鐘を鳴らしていました。
DSC_9826_at.jpg

振り返って入り口方向には、パイプオルガンも見えました。
DSC_9827_t.jpg

礼拝堂を出て鐘楼に入り見上げた写真、木の階段を上ります。
DSC_9831_at.jpg

上から、来た方向を見下ろした風景。
DSC_9834_at.jpg

鐘楼を下りて、教会の周りを一周し、階段に戻りました。
この階段99段あるそうですが、結婚式では花婿さんは
花嫁さんをお姫様抱っこした状態で登りきる必要が
あるそうです!自信なし!!!
DSC_9845_at.jpg

帰りの船に乗ります。
対岸の左上の建物がホテルVila Bled、右上に見える建物が
Cafe Belbedereです。
DSC_9852_at.jpg

島の向こう側は、ボートの競技場が設定されていました。
DSC_9842_at.jpg

泳いでいる人もいましたが、ボードに立ち乗りも何組か見かけました。
(スタンドアップパドルサーフィンSUPと言うのが正式名称?)
多くの方が、それぞれの方法で楽しんでいる良い場所でした!
DSC_9865_at.jpg

小さな島なので30分程度で一巡り出来てしまいます。
アイスクリーム等楽しみながら過ごしました。
次回は畔の高台に建つブレッド城を紹介します。
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag :

ブレッド湖#1

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

<副題:絶景のクロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ#1>

2018年5月28日~6月5日に副題のツアーに参加してきました。
最初の訪問地はスロベニアのブレッド湖です。
「アルプスの瞳」と呼ばれるそうで、その景観から17世紀から
リゾート地として人々を魅了してきたそうです。

ブレッド湖と言えば下の風景ですね!
カレンダーなどで見たことがあると思います。
湖に浮かぶ島、聖マリア教会が、目の前にありました!
DSC_9684_at.jpg

今回一番の目的はクロアチアのプリトヴィッツェ湖群国立公園。
多くのツアーが1日で4~5時間訪問とあり、天候が心配。
そこで公園内にあるホテルJEZEROに泊まって、その前後の
二日間にわたり散策する計画のツアーを探しました。
加えてセントレアからのフライトのシート配置が2-4-2と
分かったので、このJTB旅物語ツアーを選びました。

全行程は以下の通りです。9日間、日本から添乗員、全食事付
参加者は16人、添乗員を含めて17人でした。
(朝8時集合と早かったので、私たちは東横インに前泊しました)
5月28日 セントレア10:30発 ヘルシンキ乗継ぎスロベニアの首都リュブリャノへ
      専用バスにて宿泊地ブレッド湖畔のホテルへ
  29日 朝ボートでブレッド島に渡り聖マリア教会訪問、
      昼食を含め湖畔の小高い丘にあるブレッド城見学、
      午後はボイストナ鍾乳洞をトロッコ電車と徒歩で見学、連泊
  30日 プリトヴィッツェ湖群公園への移動日
      昼食後に、滝と水に浮かぶようなラストケ村に寄る。
      15時前に着いて、17時まで下湖群をハイキング。公園内泊     
  31日 午前、上湖群をハイキング、昼食後は世界遺産聖ヤコブ教会のある
      シベニク市街を歩き、宿泊地スプリット郊外のホテルへ
6月1日 午前中は世界遺産ディオクレティアニス宮殿のあるスプリット市街観光
     昼食後、近くの世界遺産、古都トロギル観光(郊外連泊) 
  2日 国境を越え、ボスニアヘルツェゴビナの世界遺産モスタル観光
     クロアチアへ再入国し宿泊地ドブログニクへ
  3日 世界遺産ドブログニク旧市街観光(連泊)
  4日 ドブログニク空港から、ヘルシンキ乗り継ぎで
  5日朝 セントレアへ帰国
 
グーグル地図コピーに行程をざっと加筆したのが下図です
アドリア海を挟んでイタリアのすぐ隣でした!!!
行程地図Fs2

リュブリャナ空港着陸直前の機窓からの写真、
広大な畑も綺麗でした!
DSC_9443_at.jpg

宿泊ホテル到着直前のバス車窓から、あの有名なブレッド湖の
風景が見えました!雲間から夕日が射し幻想的!
DSC_9459_at.jpg

翌29日朝です。木製手漕ぎボートで観光客が島に向かいます!
風が無く、湖面も水鏡でとっても美しい!!!
DSC_0237_at.jpg

左上の建物が宿泊したVilaBledです。すぐ下に湖畔道路があり
散策するのに最高のロケーション!周囲は約6kmとのこと。
DSC_9624_at.jpg

湖畔道路沿いの風景をいくつか紹介します。
透明度が高く綺麗な湖水に黄色い花!睡蓮系?
DSC_9872_at.jpg

薄っすらと朝霧のかかる中の新緑が瑞々しい!
DSC_9654_at.jpg

釣り人もいました!
DSC_0231_at.jpg

島に渡る手漕ぎボート乗り場。カラフルな屋根が
水面に映ります。早朝で未だ静かでした!
DSC_9656_at.jpg

風景目的の私は、Vila Bledがとっても気に入りました。
朝食にテラスに行くとテーブルの上に写真のナプキンが!
洒落てますね!ブッフェスタイルでスパークリングワインも
あり、つい朝から飲んでしまいました。
これぞ非日常!旅気分満喫です!
IMG_20180529_071004_at.jpg

朝食を取りながら座ったまま、写真の風景が見えます!
DSC_9708_at.jpg

数歩テラスを出れば、この風景!
あのベンチでゆっくりするのも贅沢な時間のようですね!
私には、落ち着けないかもしれませんが?
DSC_9680_at.jpg

テラスから湖畔に降りる道以外に、山に登って行く道も
あります。朝露でしっとりとした新緑の中、5分も歩くと
Cafeがあり、その上にもビューポイントがありました。
DSC_9552_at.jpg

ここがCAFE上のビュイーポイントです。
写真は、ホテルのパンフレットからのコピーです。
このCAFEでゆっくりコーヒーでも飲みたかったのですが
営業時間が5月は10時~19時とツアーでは無理でした。
ツアーは楽ちんで良いですが制限もあるのが残念!
私たちが訪れた時間ではテーブルクロスや椅子のマット
が無い状態で、黒い鉄のテーブル&イスでした。
Cafe5s2.jpg

Cafe Belvedereの上から見た全景です。
DSC_0157_at.jpg

アップで
DSC_9740_at.jpg

夜景も撮ってみました。湖岸道路からホテルを見上げて
DSC_0136_at.jpg

Cafe上のビューポイントから
DSC_0116_at.jpg

湖畔道路から
DSC_0148_at.jpg

最後に、靄に煙るブレッド島の聖マリア教会!
期待通り美しいブレッド湖でした!
DSC_0095_at.jpg

次回、その#2に続きます
以上

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

鵜飼い

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

伝統的な鵜飼い。近くで開催されていながら行ったことが無かった
長良川の鵜飼いに初めて行ってみました。梅雨に入る前にと思い
カミサンの都合も加味して今年の初日5月11日に行った様子を
お伝えします。

篝火カガリビの火の粉が舞う中、黒装束の鵜匠が束ねる手綱の先に
何羽かの鵜がいます。期待通り幻想的な光景が繰り広げられました!
D75_6373.jpg

以下の写真は撮影順に紹介します。
JR岐阜駅からバスで15分程、長良橋バス停で降りると左手下に
船着き場が見えます。私たちは一番遅い19:15発の船を選びました。
平日なので一人3100円です。
その時の船乗り場の様子です。19時少し前、未だ明るいうちに
乗りましたが、定員の半分ほどの方が既に乗っていました。
席は早いもの順になり、この時は前から詰まっていました。
D75_6221.jpg

出発。竿さして川岸よりの浅瀬を川上に登って行きます。19:21
D75_6228.jpg

心地良い風を受けながら暫く登って行くと砂利の河川敷が
右手にあり既に多くの船が、川に直角に、船尾を河川敷に
上げる形で停泊していて、我々の船も同様に止められました。
船首を対岸に向ける形で15隻程度の船がいたでしょうか?
「付け見せ」と言う方法だそうで、このまま止まっている船から、
船首を横切って行く鵜飼いをみることになります。
これとは別に船で下りながら鵜飼いを見る「狩り下り」も
日によって行われるとのことです。
D75_6250.jpg

やがて鵜飼いが始まりました。TVなどで見たあの光景が
目の前に広がります。5羽の鵜を一人で操ります。
D75_6294.jpg

鵜匠が時々篝火を揺すると火の子がパーッと飛び散りひときわ
明るくなり、迫力があります!
D75_6337.jpg

この明るさでアユも出てくるのでしょうか?
D75_6343.jpg

何艘かが順に下りながら鵜飼いを見せた後、「総がかり」と言う
6席の鵜舟が横一列に並んでアユを追い込む漁がありました。
D75_6410.jpg


D75_6419.jpg

この日は今年の鵜飼いの初日と言うことで最初と最後に
花火も上がり雰囲気を盛り上げていました。
D75_6495.jpg

初めての鵜飼い、想像通りの幻想的な世界を楽しむことが出来ました!
ただ、今回は「付け見せ」と言う方法のため、船主の前を鵜飼い船が
横切って行く状態です。船の後ろの方のお客さんは全体がよく
見えません。特に写真を撮りたい人にとってはガッカリでした。
(今回の写真は終盤になって一番前へ出て撮らせていただきました)
反対側の河原に多くの見物客が居たことを思うと、無料の川岸から
の方が却ってよく見えるかもしれないと思うと、複雑な気持ち。
次回は是非、「狩り下り」の日に来たいと思いました。別の言い方を
すると、狩り下りと付け見せが同じ料金なのはおかしいのでは?
との印象です。と帰り道「ブツブツ」言っていると、カミサンは
「花火も見られて今日来て良かったよ!」と言っていたので
写真好き人間のワガママかなあ?とも思いつつ
21時頃帰途につきました。

次回からは、この5月末から6月初めにかけて参加したツアー
「絶景のクロアチア・スロベニア・ボツニアヘルツェゴビナ9日間」を
お届け予定です。

以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 鵜飼い

藤棚_曼荼羅寺の夜

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
藤棚紹介の最後として、愛知県江南市のライトアップされた
曼荼羅寺公園の藤棚を紹介します。

4月23日18:25、ライトアップが始まってすぐ、未だ空は明るさが残っています。
D75_5977.jpg

18時40分になるとライトアップらしくなってきました。
メイン藤棚の一番密度が高そうな途中からの写真です。
D75_6025_20180525161310e8b.jpg

前と同じメイン藤棚。近くに人が少ない時を狙って撮っています。
D75_6034.jpg

メイン藤棚を少し横から撮ったもの
D75_6063.jpg

白いと紺色の空が綺麗なコントラスト!
D75_6077.jpg

紺色のバックに真下から撮ってみましたが、花が少し早かった印象ですね!
D75_6082.jpg

メイン藤棚の一番端から撮ったもの。いろんな方々が楽しみに来ます。
D75_6096.jpg

普通の藤を真下から(フラッシュ無)
D75_6127.jpg

前の写真と同じ画角でフラッシュ使用です。
D75_6128.jpg

最後に入り口近くのピンクの藤棚。ライトの影響もあるのでしょうか?
すごくピンクが濃くなって、ちょっと印象的な風景でした!
D75_6134.jpg

江南市曼荼羅寺公園の藤棚、ライトアップも良いですね!
丁度見頃で学生さんから、おじさんおばさんまで多くの人々が
楽しんでいました。
藤棚の紹介は今回で終わります。規模、内容とも津島と江南ともに
甲乙つけがたく、県内の2大藤棚と言えそうです。最初に紹介した
岡崎城公園の五万石藤棚もシンプルで綺麗ですが、規模は
1桁小さい印象でした。でも近くなのでこれからも訪ねたいと
思います。
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 藤棚 ライトアップ

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え  夜景  初夏  世界遺産 田圃 棚田  日の出 夕日 水芭蕉  初秋  葡萄畑 富士山 星空 霧氷  遺跡  合掌造 花桃 枝垂れ桜 山歩き 水鏡 光芒 茅葺屋根   祭り 朝焼け 稲刈り 小鳥 藤棚 ソバ畑 御嶽山  ワイナリー  山車  合掌造り ライトアップ 落葉松 川下り しだれ梅 草紅葉 氷河 立ち枯れの木 ワインヤード 水映り 落ち葉 そば畑 桜、 ツツジ 日の入り サツキ  コブシ シドニー 蒸気機関車 ブナ林 稲架かけ 茅葺  絵画 渓流   夜祭 蕎麦 雲海 竹灯り  チロル ニッコウキスゲ ラベンダー フェルメール 砂丘 流氷 日出 林檎の花 イチョウ ツララ ブルーベリー 宿場 吊り橋 庭園 冬、 動物園 航空写真 北アルプス 春の花 高原 お花畑 雪景色、 欧州アルプス  白藤 鍾乳洞 おひさま わさび田 道祖神 じゃがいもの花  年末 蒸留所 イルミネーション 銀杏 ススキ ビール麦 夏山 港町 氷の像 欧州の旧市街 電飾 宮殿 ダム ニッコウキスゲ 白馬三山 シモツケ草 鵜飼い 夜桜 キツツキ  月明かり  SL 河津桜 ヒヨドリ 鉄道 列車 お茶畑 オジロワシ 二輪草 渓谷 ホタル 花弁の絨毯 幻日 稲田 登山    朝露 メジロ 氷の造形 赤そば 月明り 公園 睡蓮 アヤメ モルゲンロート 大垣市 りんご 福寿草 雷鳥 モネ 雪下ろし 新年 深緑 山藤 ダイヤモンドダスト 床もみじ  年賀 晩秋 温泉 ジャガイモの花 枝垂れ桃 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR