FC2ブログ

白川郷の冬'17#2

スマホではインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
今回その#2では、その#1に続き、2月14、15日の
お昼の様子を紹介します。

展望台からの風景です。屋根も田も、全面真っ白の世界です!
D75_1168.jpg

薄っすらとお日様が出て、あぜ道による凹凸が
真っ白い平面に変化を付けて綺麗でした!
D75_1169.jpg

おのアングルが合掌造りの家が多く入ります!
D75_1414.jpg

街から展望台へ歩いて登る道の入り口付近。この辺りだけは道が
見えましたが、この先は20cm程度の雪道を踏んで行くことになりました。
今回はアイゼンを付け、滑らずに登ることができました!
D75_1219.jpg

国道側への回り道で降りる途中の、鱒屋さんの3軒。
手前の池も完全に雪に覆われ、一階部分は雪に埋もれているようです!
D75_1391.jpg

駐車場に車を入れ、近くの合掌造り民家園600円に入ってみました。
正面の家が、料金所入り口です。
D75_1497.jpg

一番大きい?中野義盛家の1F室内。煤でしょうか床も天井も黒光り!
電球の光と相まって良い雰囲気です。お蕎麦屋とか出てきそうですネ!
D75_1511.jpg

3F部分です。外からは窓が上下に4つあり、4階に見えますが床は無く、
3階建てでした。太い丸太でしっかりと組まれていますネ!
D75_1525.jpg

園内を奥に進むと、小さな除雪機で道を確保していました!
D75_1546.jpg

もう少しで一周終わる手前の池。雪の造形がとても可愛く綺麗でした!
D75_1571.jpg

園内も他の季節と違い、除雪してできた細い道しか通れず、風景は
様変わりです。今回は、大雪の後。それだけ造形的には興味深いですが
単純には喜べませんよね!と言いつつ雪景色を楽しませてもらいました。
次回その#3へ続きます。
スポンサーサイト



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 合掌造

白川郷の冬'17#1

スマホの方はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
先回まで10年前の九寨溝の風景をお届けしましたが、遅ればせながら、
やっと2017年の初お出掛けができましたのでホットな情報をお届けします。
九寨溝の後、黄龍を訪ねましたが、黄龍の風景は、別の機会に回します。

全国的な大雪の第2波が終わった2月14日&15日に
一泊2日で白川郷と五箇山に行って来ました。
13日はゆっくりと11時ごろに家を出て、午後2時半頃に
到着した時は、ぶ厚い雲の下、雪が降っていました。

最初の写真は、いわゆる合掌集落の南の端です。世界遺産の入り口を
示す看板も半分以上雪に埋もれ、頭部にも大きな雪帽子をかぶっていました。
雪と空の境目が見難くくてごめんなさい。
D75_1013.jpg

ポスターなどにもよく使われるカン町の3軒です。雪に煙って
薄暗い中、背後の山肌も殆ど見えません。
D75_0957.jpg

最初の写真にあった、世界遺産の看板の近くの家。
ここも手前の柱の頭部は巨大な雪帽子で覆われ、地面に積もった
雪までつながっていました。形状が芸術的でもあり、パチリ!
D75_1011.jpg

街の方向へ歩いて行った右手の家。
屋根に積もった雪の造形が、本当に不思議な形!
(住んでいる方々の苦労を思うと、申し訳ないと思いつつ撮影)
D75_1056.jpg

真横から撮ってみました!なんでこんな形に?すごいの一言ですね!
D75_1078.jpg

街中に入って明善寺の鐘楼門。柱が細く、壁が無いので
大雪の時はつぶれないだろうか?といつも心配になります!
D75_1089.jpg

この屋根の雪もすごい形状です!
D75_1103.jpg

4階建ての明善寺の庫裡。
D75_1106.jpg

同じく明善寺の庫裡を西側から。
D75_1112.jpg

案山子の展示もありました!
D75_1132.jpg

今回は初日の到着直後の白川郷の一部を紹介させていただきました。
一泊二日で、夜景や星空も撮りましたので、順番にご紹介していきます。
次回へ続きます

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 合掌造 茅葺屋根

九寨溝'07秋#5終

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
九寨溝'07秋は、今回その#5で終わりになります。

今回は樹正群海から下部を紹介します。天候も良くなり
樹正群海下部は鮮やかな黄葉と深い青色の水、そして白いさざ波?が
とても綺麗でした。
IMG_1359_20170213153623ff9.jpg

アップ
IMG_1362.jpg

更にアップ
IMG_1370.jpg

水映りを中心に!
IMG_1396.jpg

振り返り気味な全景。低い滝も見えます。
IMG_1418.jpg

湖底の模様から、ここが臥龍海でしょうネ?湖水は緑色に変わりました。
IMG_1425_20170213153823b72.jpg

小振りの滝がありました。
IMG_1452.jpg

こちらは双竜海でしょうか?
IMG_1457_201702131538260e9.jpg

手前には湖底の倒木も見えます。澄んだ水です!
IMG_1460.jpg

盧葦海?葦の茂った湿原の中を、エメラルドグリ-ンの
小さな流れが目を引きました!
IMG_1582.jpg

以上、5回にわたり九寨溝'07秋の風景を紹介しました。
10年前と古い情報ですが、その後の地震では大きな被害は
無かった様であり、風景自体は大きくは変わっていないと
思います。

日本の様な真っ赤な紅葉は見られませんでしたが、
鮮やかな黄葉は豊富に目にしました。青や紺、さらに緑色を帯びた
澄んだ美しい湖水と、滝などの白色などとても彩り豊かな美しい風景の
連続でした。

また10年前の中国でしたが、トイレも衛生的でしたし、遊歩道も
しっかり整備されており安心できました。
再び訪れる機会があれば、今度は緑豊かな初夏に
したいと思います。
以上です

九寨溝'07秋#4

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
二週間近く空いてしまいましたが、
その#4では、樹正瀑布から下っていきながらの風景を紹介します。

樹正瀑布から少し下ったところを上の車道から
IMG_1198.jpg

樹正瀑布とその下の樹正群海との境の部分、綺麗な青色
IMG_1215.jpg

樹正群海の始まりアップ。川の中の樹々は黄色く色づいています。
IMG_1232.jpg

この辺りで振り向くと渓谷左岸には九寨溝文化村があり
各種のお土産屋さんなど、ちょっとした街になっていました。
IMG_1267.jpg


樹正群海の下流方向を見た全景です。所々で渓流を遮るように
横方向に樹々が生える堤の様な部分があり、小さな
いくつも連なっていると言った珍しい風景です。
IMG_1276.jpg

全体に黄葉が多いですが、樹正群海では紅葉も少し見られました。
IMG_1270.jpg

水映りもあり綺麗な風景です!
IMG_1293.jpg

いっぱい写真を撮りました!
IMG_1325.jpg

最後は火花海?だったかな?ちょっと自信がありません。
ごめんなさい!でも樹正群海周辺はとっても綺麗でした!
IMG_1355.jpg

その#5終に続きます。
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 黄葉

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃 日の出  夕日  初秋  星空 水芭蕉 富士山 葡萄畑 霧氷 遺跡  合掌造  花桃 枝垂れ桜 光芒 小鳥  稲刈り 茅葺屋根  水鏡 山歩き 藤棚 朝焼け 祭り   山車 ワイナリー ソバ畑 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR