FC2ブログ

テカポ湖#2(NZの黄葉#2

スマホではインターネットモードで見てください!黒地に緑字です

#2では、21日午後に訪ねたテカポ湖の西のアレクサンドリーナ湖の
風景と有名なテカポ湖の星空をお届けします。

天文台のあるMt.ジョン山頂付近からの展望を楽しんだ後、
さらに北上してアレクサンドリーナ湖道の先にある別荘地かキャンプ地の様な
湖畔に行きました。黄葉のポプラの前で子供たちが網で魚採り?
D75_2313.jpg

湖岸には立柳の黄葉が見頃!オシドリがいました!
D75_2320.jpg

傾いた太陽で湖面も輝き、湖岸で遊ぶ人達にスポットライトが当たります!
D75_2368d.jpg

帰り道、アレクサンドリーナ湖南道路も先端の湖畔まで行ってみました。
こちらも別荘地?キャンプ地と言えそうな場所。
湖畔の立柳が湖面に綺麗に映っていました!
D75_2421.jpg

帰り道からの写真。この南道の入り口には扉があり「Keep Close」と
書かれていました。開けて通って、閉めておきました。
D75_2449_.jpg

テカポの街に帰ってモテルにチェックインをすませ、星空を撮りに
良き羊飼いの教会に向かいました。教会に向かう歩行者の橋。
D75_2495_.jpg

左にオリオン座が見えます。画素が少なく見難いですが(オリジナルではOK)
D75_2513.jpg

こっちは南十字星が見えました!!!教会の左端の真上の小四角形星。
D75_2532_.jpg

星の写真を沢山撮って帰り道。この日は満月。橋の中央から湖方向。
D75_2576_.jpg

昼は黄葉。夜は、初めて南十字星を見ることができて良い一日でした。
教会の周りはいつも人がいっぱいです。夜も沢山の人が三脚を
据えて星空撮影をしていました。国際色豊かでしたが、中でも中国の
人が多く、写真教室のような団体の方々も何組かいました。
この日の宿は、The Godley Hotel \11,684 via Expedia

翌朝は湖畔の朝を撮った後、Mt.クック村を訪ねて短いハイキングを
楽しみましたが、その写真の前に、朝のテカポ湖とその周辺を帰りに
再び寄った27日の写真と合わせて、テカポ湖#3として先に紹介します。

以上です
スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 黄葉 星空

テカポ湖#1(NZの黄葉#1

スマホの方はインターネットモードで見てください!黒地に緑字です!
4月下旬、ニュージーランドNZの黄葉を見に行ってきました!
日程は後述しますが、最初にテカポ湖周辺の写真から紹介していきます。

4月21日昼頃のテカポ湖畔です。ポプラが黄葉していて良かった!!!
湖面も輝いていました!
D75_2141_.jpg


今年、海外は何処へ行こうか?欧州はテロが心配されるので決めかねて
いたのですが、3月末に友人がニュージーランドに行ってきたとの話を聞き、
「そうだニュージーランドの黄葉を見に行こう」と決め、急ぎ手配。
黄葉の見頃は4月中旬から5月上旬との情報から、真ん中の4月下旬で
GWの前に帰ってくる日程とし、結果的に19日発、29日着の11日。
日本と同じ右ハンドルで走りやすいので先回同様、カミサンと二人の
レンタカーの旅としました。今回は2回目のNZです(先回は夏)。

概略日程は以下の通りです
4月19日 セントレア14:50発 → (JAL)成田 →(JAL)
  20日 豪シドニー → (エミレーツ)NZクライストチャーチ14:20着 泊
  21日 以下レンタカー →テカポ湖(1号線南下しオラリで右折79、8号線)
  22日 →Mtクックヴィレッジ→ルアタニファ湖→ワナカ湖 泊
  23日 ワナカ湖畔散策 → 葡萄畑 → グレンデュー湾 → クイーンズタウンQT泊
  24日 → アロータウン秋祭り → ヘイズ湖 → 峠 → ギブストン谷 → QT泊
  25日 ワカティプ湖東岸散策→ヘイズ湖→湖西→フランクトンアーム南岸 QT泊
  26日 →ギブストン谷→バノックバーン→クロムウェル→ダンスタン湖→テカポ湖泊
  27日 近隣ジョージスコット湖、地区公園→クライストチャーチ 泊
  28日 市街散策→ハグレー公園→空港(車返却)→(エミレーツ)シドニー泊
  29日 シドニー →(JAL)成田→(JAL)セントレア20:30頃着

NZの時差は日本よりも3時間先。殆ど時差を感じることなく、ゆっくり起きて
クライストチャーチを8時半頃出発しました。まずは1号線を南下し、オラリの
カフェで一休み。そこで右折し79号線、8号線でテカポ湖に向かいました。

途中、あちこちにポプラ並木がありましたが殆ど黄葉していないか、
すでに葉が落ちていました。黄葉は?
D75_2119_.jpg

ここのポプラも葉が落ちています。大丈夫かな?
奥の丘に見える白い点は、人間よりも多いと言われる羊さん達です!
D75_2122_.jpg

ありました!テカポ湖畔です!水も青くてとってもきれいです!
D75_2154_.jpg

快晴です!
D75_2160_.jpg

有名な「善良な羊飼いの教会」。いつも観光客でいっぱいです。
中に入ると正面の十字架越しにテカポ湖が美しく見えますが、撮影はNG !
D75_2224_.jpg

テカポ湖は星がきれいに見える場所として世界遺産登録を目指しています。
近くの小さな山、マウントジョン山頂には天文台があり、ナイトツアーもあります。
我々は、午後に行ってみました。テカポ湖展望に絶好です(車の通行$5)。
D75_2227_.jpg

テカポ湖市街方面。左から右に走る道が州道8号線。左から来ました。
商店街は8号線沿いに橋から3~400m程の小さな街。モテルもその中。
湖は少し白っぽいブルーでとても綺麗です!
砂漠の中のオアシスの様に見えますね!周囲は砂漠ではないが荒野?
D75_2230_.jpg

西南側にはアレクサンドリーナ湖が見えます。この後、湖畔に向かいます。
D75_2277_.jpg

アレクサンドリーナ湖に向かう途中の湿原に黄葉の木々が。立柳の様です。
バックはテカポ湖
D75_2297_.jpg

ちゃんと黄葉に出会うことができ、時期は良いようで一安心です!
12時過ぎにテカポ湖に着いて、ポプラの黄葉を確認して昼食。
これも有名なレストラン「コハン」で名物サーモン丼$19、とても美味しかったです。
あとは好天が続くことを願うばかり。次回はアレクサンドリーナ湖と
テカポ湖の星空を紹介します!

以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 黄葉

高山祭り夜祭(後編

後編をお届けします。

鍛冶橋を西に渡って本町通を南進した行列や山車は、
日枝神社の横の中橋を通って東側に戻ります。
D75_1476_.jpg

橋を降りると、ここも緩い下り坂、体を突っ張ってゆっくりゆっくり!
D75_1491_.jpg

上三之町の庫に帰る山車。90度回転。
D75_1397_.jpg

狭い上三之町では山車の幅はいっぱいいっぱいです。
左の屋根と提灯の隙間殆どなし!右の提灯は触って落ちてしまいました!
D75_1406.jpg

こちらはまっすぐ進みます!
D75_1387_.jpg

D75_1379_.jpg

先に進んだ神楽台、ずっと大太鼓をたたきながら進んでいました!
D75_1320_.jpg

中橋から南側を見た夜景。桜に緑の柳がきれいでした!
D75_1522_.jpg

久しぶりの高山祭、昼も夜も、とってもきれいでした!山車だけでなく
その前には大行列があり、子供たちも大勢参加していて、市民総出で
盛り上げている印象です!こうして古き良き文化が長年にわたって
続いて行くのですね!
観光客もいっぱいで賑わっていましたが、中国の人、マレーシアの人、
欧州の人と国際色も豊かでした!好天で良かったですね!

次回からは、4月下旬のニュージーランドの黄葉風景をお届けします!
以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 祭り 夜祭 山車

高山祭り夜祭(前編

高山祭り夜祭の写真を前後編、2回で紹介します。

最初の写真は大太鼓を積んだ神楽台が他の山車を引き連れて、
鍛冶橋を渡って本町通りに来る瞬間。下りになるので抑えながら進みます。
D75_1134_.jpg

4月14日昼のお祭りを撮った後、明るい内に夕食を済ませて、車中泊を
予定していたアルプス展望公園を確認しに行ってみました。41号線の
少し西で広い駐車場もありバッチリ!キャンピングカーも一台いました。
犬の散歩やダンスの練習など市民の方々も活用されいました。
あいにくアルプスは見えませんでしたが、夜景も綺麗な場所でした!
D75_1107_.jpg

19時頃に夜祭に向かい。鍛冶橋と本町通りの交差点に行きました。
本町通りには祭りの行列が待機していて、歩道は観客で超満員。
何とか交差点まで進み、しゃがんで前に出させてもらった写真が
巻頭の写真です。ここで山車は90度方向転換、太鼓を叩きながら進みます。
D75_1166_.jpg

続いて、石橋台シャッキョウダイが来ました。
D75_1199_.jpg

道の反対側に移動して、崑崗台コンコウタイが来ました。
D75_1235_.jpg

さらに後、鍛冶橋には3台が続いて見えました。
D75_1260_.jpg

20:30には、本町通り、陣屋前を通った山車が、中橋を渡って東側に
戻ってきます。料亭の中居さんでしょうか着物の女性が似合いますネ!
D75_1363_.jpg

後編に続きます。
以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 祭り 夜祭

春の高山祭15日:からくり


高山祭り二日目の朝のカラクリ奉納を極簡単に紹介いします。

写真は、龍神台と言う山車のクライマックス、壺から出てきた龍神が
紙吹雪を撒いた瞬間。 満員の観客から「オー!」と歓声があがりました!
D75_1807_.jpg


高山祭り二日目の15日は、祭りが始まる前、朝一番で飛騨一之宮の有名な
臥龍桜を撮りに行き、丁度満開になりたての美しさを堪能!
その後、高山に戻りました。昨日止めた駅南の駐車場は既に満車。
思い切ってもう少し街中に行ってみたら、数ある小さな街角駐車場の
一つに止めることが出来、ラッキーでした。10時からカラクリ奉納が
予定されている陣屋前広場に向かいました。

巻頭写真の龍神台、下の写真では先端に壺の様なものが置かれていますが、
最初は何もなく、唐子と呼ばれる人形が壺を抱えて出てきて、先端に壺を
置き、戻って行くところの写真が、下の写真です。
この後、壺が竜神に変身して、紙吹雪を播きながら踊るカラクリでした。
実際は、このカラクリが最後に演じられ、一番好評でした!
D75_1800_.jpg

最初のカラクリ奉納は三番艘(さんばそう:船辺が無い字。正しい)。
子供たちの囃子に合わせて、踊りながら童が出て来ます、
D75_1739_.jpg

先まで進み箱を開けて顔を付けると
D75_1745_.jpg

次の瞬間、お年寄りに変身!浦島太郎の様でした!
D75_1749_.jpg

二番目は、石橋台(しゃっきょうたい)。
D75_1735_.jpg

扇を持った笠姿の美女が出て来ます。
D75_1758_.jpg

スルスルと先端に進むと、獅子頭に変身、激しく獅子舞をしたあと
元の美女に戻って去って行きます。
D75_1777_.jpg

カラクリ奉納、3番目、最後が巻頭の竜神台でした。10時から約45分で終了。
最初の全体説明では日本語、英語に中国語他もあってお客様対応もしっかり。
カラクリ一つ一つの説明は、日本語と英語の2言語でした。

カラクリが終わると、大太鼓を鳴らせながら神楽台が合流しに
中橋を渡って来ました。
D75_1866_.jpg

全体風景。今回は順光を意識して南側から撮って見ました。
やはりバックが難しいですね!
D75_1873_.jpg

快晴の青空の下、華やかで爽やかな高山祭りでした。
カラクリは郊外にある祭りの杜に行くと、いつでも、こんなに混雑せずに
見られるのでお奨めです。
次回は14日の夜祭を紹介します。
以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 祭り

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃 日の出  夕日  初秋  星空 水芭蕉 富士山 葡萄畑 霧氷 遺跡  合掌造  花桃 枝垂れ桜 光芒 小鳥  稲刈り 茅葺屋根  水鏡 山歩き 藤棚 朝焼け 祭り   山車 ワイナリー ソバ畑 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR