FC2ブログ

チロル夏#5インスブルック

副題:ドロミテ、チロル、フランスアルプスの10日間#9
注)スマホの方は、極力インターネットモードで見て下さい!

今回はインスブルックの街の写真です。
2015年8月22日、ゼーフェルダーシュピッツェへのハイキング登山から
戻った後、ホテルで一休みしてインスブルック市内の散策に出ました。
下の写真は、旧市街の広場にある黄金の小屋根と言う金箔貼り屋根です。
皇帝マクシミリアン一世が広場の催しを見るために1494-95年に建てたとのこと。
この日は、その前で映画上映があるようです。
DSC_5081.jpg

ホテルを出て先ず一番の繁華街マリアテレジア通に。バスは連結型。
DSC_5055.jpg

アンナ記念柱の前ではブラスバンドの演奏がありました。
DSC_5059.jpg

建物には絵が描かれたり、装飾が施されたり、
各お店の前には特徴的な形状の看板が吊るされていました。
DSC_5080.jpg

更に進んで、細くなったヘルツォークフリードリヒ通りで振り返った写真。
DSC_5077.jpg

この通りの突き当たりは広場になっており、巻頭写真の黄金の小屋根が
あります。その手前右手に市の塔が見えますが、登ってみました。
DSC_5068.jpg

らせん状に階段を上って、南の風景。左端にジャンプ台が見えます。
DSC_5088.jpg

大道パフォーマンス。
銅像に見えますが、上体をどの様に支えているのでしょう?
DSC_5078.jpg

バス停。行先毎に次ぎのバスが来るまでの時間が表示されています。
DSC_5118.jpg

イン橋の上から北向きに撮ったイン川。
インスブルックとはイン川の橋との意味だそうです!
DSC_5125.jpg

イン橋の近くのレストランで夕食をとって外へ出ると暗くなっていました。
トマセリ、添乗員さん推奨のアイスクリーム屋さんですが、
甘さ控えめでサッパリしつつ本当に美味しかったです!私からもお奨め!
DSC_5150.jpg

マリアテレジア通り
DSC_5153.jpg

凱旋門、ホテルはすぐ近く。
DSC_5156.jpg


以上
スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

チロル夏#4ゼーフェルダシュピッツェ

副題:ドロミテ、チロル、フランスアルプスの10日間#8

今回はゼーフェルダーヨッホ展望台から頂までのハイキングと
ゼーフェルドの街の写真を紹介します。

最初の写真は目的地ゼーフェルダーシュピツェ頂2220mから更に先の
ライターシュピッツェ2373mを見た風景。多くの人が先へ進んでいるのが
見えますが、の右斜面を横切って右肩部へ行き、そこから稜線を
左上に頂を目指すようです。
DSC_4854.jpg

さて、初めに戻って、ロープウェイを降りてすぐの展望台から見た
目的地ゼーフェルダーシュピツェ頂への道。右端が目的地。
DSC_4799.jpg

ずっと稜線上の道なので、周囲の美しい景色を見ながらの
気持ちの良いハイキングでした。
DSC_4810.jpg

頂には大きな十字架がありました。日本では小さな神社が
祀られていることがありますが、同じようです!もう少しで到着!
DSC_4872.jpg

山頂から見たライターシュピッツェの山頂付近。
あちらにも十字架があり、山頂に数人の人影が見えます。
DSC_4848.jpg

ライターシュピッツェへの登山道。右奥はちょっと滑りそうで
怖い印象もあり!カミサンは「絶対行かない!」との反応でした。
DSC_4849.jpg

素晴らしい天候の下、インスブルック駅で買ってきたサンドイッチと
アップルパイの昼食を山頂で楽しんだ後、同じ道を帰りました。
すぐ下に見える二人は、歩いて下山する様です。
DSC_4825.jpg

登りと同じくロープウェイとケーブルカーで下り、ゼーフェルドの鉄道駅まで
歩きました。バスの時間が20分程あったので駅前の街歩き。
駅前通りを振り返って駅を見た写真。
DSC_4951.jpg

突き辺りには教会があります。
DSC_4952.jpg

教会の前は広場になっていて振り返るとホテル&レストラン!
DSC_4956.jpg

駅に戻りますが、左手にはカジノも。全体に新しい綺麗な町の印象でした!
DSC_4959.jpg

街の入口付近にはゴルフ場もあり、美しい風景の中でのプレイ最高!
サンタマッダレーナ村

ゼーフェルダーヨッホ展望台、と山頂往復ハイキング、天候にも恵まれ
素晴らしい景色の中で心地良い疲れを感じました。お奨めします。
ロープウェイを降りてからのハイキング登山は、ゆっくり歩き、
サンドイッチ昼食を山頂でとって往復1時間40分程度でした。
インスブルック発8:50、同着は14:11で5時間22分でした。
インスブルックからのバス又は電車、ゼーフェルドのロープウェイと
ケーブルカー含めて往復28ユーロと料金もリーズナブルです。

ハードな登山が好きな方はライターシュピッツェも登って、もう一つの
ロープウェイ(ヘルメルコフ?)で降りると一周出来て楽しいと思います!
但し、初心者の場合はガイドさんの同行が必要と思います。

以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag :

チロル夏#3ゼーフェルダーヨッホ

副題:ドロミテ、チロル、フランスアルプスの10日間#7

ツアー5日目は、このツアー唯一の終日自由行動日。
私たちは、インスブルックの西、20km程の
ゼーフェルダーヨッホSeefelder Joch展望台、
そして山頂のゼーフェルダーシュピッツェに行って来ました。
今回は、ゼーフェルダーヨッホ展望台から見える風景と、
一般交通機関での行き方、この時期バスのみ、を簡単に報告します。
展望台からの風景と、ゼーフェルダーの街の写真は次回報告予定です。


ゼーフェルダーヨッホ(ヨッホは鞍部の意味)展望台は2064mにあり
360度展望が利きます。この日は絶好の天気と相まって
素晴らしい風景を見ることが出来ました。
左手に見える街がゼーフェルドSeefeld in Tirol。その右端から
こちらに向かってみえる森の切れ目の部分からケーブルカーと
ロープウェイで登って来ます。
DSC_4770 (2)

上の写真の右側の風景。
DSC_4746.jpg

更に右、一枚目の写真のほぼ後向きの風景。こちらは険しい山岳地帯?
DSC_4829.jpg

そして更に右を見ると、これから登るゼーフェルダーシュピッツへの
登山道が見えます。一番右のピークが山頂。これで360度!
DSC_4799.jpg

展望台のすぐ横からパラセールが飛び立っていました。
気持ち良さそう!この後、どんどん高く飛んでいきました!
DSC_4758.jpg

この日に何処に行こうかは、出発前に大変迷いました。
ツアーでは、オプショナルツアーが用意されていて、この日は昼食付の
ここ、ゼーフェルダー山頂までのハイキング。日本での申し込みが必要でした。
そこでガイドブックやWEBで情報収集し3つの候補を抽出。
①ここゼーフェルダー、
②インスブルックのすぐ北の山の展望台ハーフェレカーHafelekar2334m
③インスブルックの南の山の展望台パッチャーコーフェル2247mからの
 ツィルベンベーグ・ハイキング。香りの良いツィルベ松の林道。
以上について、旅行サイトに質問を出し、頂いた回答や他の方々のブログを
参考にして、結局はオプショナルツアーと同じ場所に個人で行くことにしました!

一番の理由は、②③はインスブルックを眼下に見る風景なのに対し
ゼーフェルドはチロルの風景や山岳風景を期待でき、ハイキングコーズも
稜線歩きで気持ちが良さそうとの情報からです!

インスブルック市街から見た、②、③のある山の写真を下に示します。
どちらも眼下にインスブルックの市街地が見えるものと思います。
下の写真は②北の山。左1/3程の山頂がハーフェレカーと思われます
DSC_5045.jpg

こちらは南やや東向き。山頂が③バッチャーコーフェルと思われます。
DSC_5032.jpg


<これから個人で公共交通で行かれる方へ>
今年2015年の8月の場合、インスブルックからゼーフェルドに行く列車は
無く、代替バスが運行されていました。駅の表に大きなバスターミナルが
ありますが、ここからではなく、駅の裏のさびれた場所から出発するので
注意してください。列車の各プラットフォームに行く地下道を突き当りまで
通り抜けた所にあります。
どういう場合に代替バスになるかは分かりませんでしたが、今年の8月中は
ずっとバスだった様です。オーストリアまたはドイツ鉄道のWEBで日付を
入れて時刻検索をすることを推奨します。駅名は以下です。
Innsbruck Hbf → Seefeld in Tirol Bahnhof

私たちは、様子が分からず以下の通り、随分バタバタしました!!!
個人で行かれた方のブログを見ると、殆どはインスブルック中央駅から
鉄道で36分と書かれており、私達も鉄道と思っていたのですが、前日に
念のために鉄道のWEBで確認すると、バスしかなく時間も違う。
そこで前夜に中央駅に行って、大きな列車時刻表を見ると、そこには
予定していた8:38発の列車が表示されていて、バスの記述は無い。
既にキップ売り場の窓口は閉まっていたので誰にも聞けず。
明朝キップ売場で確認するしかないが、念のためにバス亭を確認しようと
駅前の大きなバスターミナルを回って探すが、どのバス亭か分からず。
警官を含め何人かに聞いて、やっと駅裏のバス停だと知らされ、行って見た所、
いかにも裏側、倉庫の様な建物の前にバス停の標識があった。
ひょっとしたら列車もあるかもと思いつつ、バス停も分かったので
一安心してホテルへ戻りました。翌朝列車のチケット売り場に行くと
8月はバスしかなく、駅裏から出発するとの事。チケットはここで買えました。
バスは毎50分発で46分掛かりました。

駅に貼ってあった列車の時刻表、8:38発ゼーフェルト9:14分着の表示あり。
DSC_5021t.jpg

右の建物がインスブルック中央駅。正面が、駅前の立派なバスターミナル。
8月のゼーフェルト行バスは、ここではなく駅裏の辺鄙なバス亭です!
DSC_5023t.jpg

9:36ゼーフェルド駅着。バス亭は写真の駅舎の向こう側です。
駅舎から出て、右に歩きすぐにある踏切を渡った所から撮影。
踏切を渡って、そのまままっすぐ緩い登り坂を上って行くと
ケーブルカーの駅にでます。20分弱登り、急ぐと結構疲れます!
DSC_4729.jpg

ケーブルカーの駅、右手でチケット購入、左手が乗り場。
左に奥の方まで線路が敷かれている。
右手奥に見える小さなピークがゼーフェルダー山頂。
DSC_4733.jpg

最初のケーブルカー内より
DSC_4734.jpg

ロープウェイに乗り換えて。小さいので一度に乗れません!
急ぐ方は、ケーブルカーを降りたら素早く並ぶことを推奨。
DSC_4740.jpg

ロープウェイ窓から綺麗な池が見えました!
DSC_4922.jpg

次回は、山頂までのハイキング状況と、下山後訪ねたゼーフェルドの街を紹介します。
尚、運賃は、往復でバスが8ユーロ弱、ケーブルカーとロープウェイが20ユーロ、
合計28ユーロ弱/一人でした。後者は購入時22ユーロで購入し、
チケットを返却すれば2ユーロ戻ります。日本のスキーリフトで良くある方式。

以上

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

チロル夏#2ザンクトヴォルフガング

ハルシュタットの後は、ザンクトヴォルフガングへ
副題:ドロミテ、チロル、フランスアルプスの10日間#6

オーストリアの宝石箱と言われる景勝地ザルツカンマーグート地方の
ヴォルフガング畔の美しい街、ザンクトヴォルフガングSt.Wolfgang。
街中には、オペレッタの舞台となったホテルや、映画サウンドオブ
ミュージックに出てきたシャフベルク登山鉄道の乗り場がありました。

駐車場から登山鉄道駅までの散策開始!
絵本みたいなホテルの前を通って奥に進みます!
DSC_4649.jpg

少し進むと小さな広場があり、その左手。真っ赤な可愛らしい建物が、
オペレッタ「白馬亭」の舞台となったホテルIm weissen Roesslだそうですが、
私にはチンプンカンプン!
ただ、右の建物の蔦の緑や左の建物など、彩綺麗な絵本の様です!
DSC_4613_20151014001159c22.jpg

正面には教会が。
DSC_4612.jpg

教会の内部
DSC_4637.jpg

右手に先に進み、お土産屋さん。手前で目立っているのは背中洗い?
DSC_4617.jpg

観光馬車が通っています!
DSC_4618.jpg

先ずは、スタスタ折り返し点のシャフベルク登山鉄道へ。
小振りの蒸気機関車で、引っ張るのでなく客車を押し上げて行くようです。
映画Sound of Musicは見ましたヨ!(駅には無料のトイレがありました)
DSC_4619.jpg

帰り道、畔に並ぶベンチはいっぱい!皆さんのんびりと楽しんでいる模様。
DSC_4632.jpg

対岸方向。遊覧船もあります。 !もうバスに戻らないと!
DSC_4650.jpg

対岸の斜面にも、ホテルなどありそうです!緑が綺麗!
DSC_4630.jpg

教会が見えます。早く戻らないと!
DSC_4636.jpg

バスの車窓から、やや振り返り気味にヴォルフガングにお別れ!
DSC_4670.jpg

今回は1時間強の訪問。駆け足での散策となり、期待したほど美しい風景を
見付けられませんでしたが、パステル調のカラフルな建物が多く、
更に壁面に絵が描かれていたりとても綺麗な街並みの畔の街でした。
船での観光や登山鉄道など、時間があればもっともっと美しい風景に
出合えたのでしょうね!ちょっと消化不良の印象と共にインスブルックへ!




以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag :

チロル夏#1ハルシュタット湖

今回はオーストリアのハルシュタットを紹介します。
副題:ドロミテ、チロル、フランスアルプスの10日間#5

 北イタリア、ドロミテ地方のヴォルツァーノに2連泊し、昨夜からは
オーストリアのインスブルックに3連泊です。今回からチロル地方になりますが
その#1は下の写真のハルシュタットです。

 全く知りませんでしたが、ザルツブルグの東、70以上のが点在して
美しい風景を織りなすこの地方、ザルツカンマーグートは
「オーストリアの宝石箱」とも言われるそうです。その中にあり、
「世界で最も美しい畔の町」の一つと言われるハルシュタットです。
DSC_4547.jpg

8月21日、インスブルックのホテルを8時に出発、車窓からは
のどかな牧草地の風景が広がります。
DSC_4488.jpg

インスブルックから東に約250km、高速道路でザルツブルグを
超えてひたすら走ります。ここの最高速度は120km/h。
DSC_4510_20151010235838e95.jpg

昼少し前にハルシュタットに到着、さっそく岸を散策です。
船のガレージが並びます。滋賀県の伊根の舟屋に似ています!
DSC_4534.jpg

対岸の一軒家はホテルかなあ?
DSC_4571.jpg

湖岸の平地は少なく、こんな狭い道もあります。
DSC_4537.jpg

広場があり、自由散策後の集合場所です。
DSC_4596.jpg

定番の撮影スポットはこちら!確かに美しい風景ですネ!
DSC_4575.jpg

カヌーが来ました!
DSC_4553.jpg

アップ!
DSC_4558.jpg

教会に併設されたお墓。みんな湖を向いています!土地が狭いので、
古くなると掘り返してお骨のみ別の場所に移されるそうです!
DSC_4578.jpg

山肌にへばりつくように家が建っています!
DSC_4609.jpg

ハルシュタットの名産は岩塩、お土産の岩塩の燭台とカラフルな瓶入り塩!
有名な長~い滑り台で移動する岩塩採掘場は山の上にありケーブルカー
で行けるようですが、本ツアーでは時間がなく完全にパスでした!
DSC_4532.jpg

お土産屋さんの木彫りの可愛いヘラジカ、キリン、猫。
買ってしまいました!
DSC_4603.jpg

湖畔のレストランで遅めの昼食をとり、
午後はザンクトヴォルフガングに向かいます。
ハルシュタット湖、確かに美しい景観の湖ですが、時間が不足でした。
昼食をファーストフードにして、もう少しゆっくりと風景を楽しみ
写真を撮りたかったと思うのはセカセカ日本人の性分でしょうか!
以上

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : チロル

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え 夜景   初夏  世界遺産 棚田 田圃  日の出 星空  初秋 水芭蕉  夕日 富士山 葡萄畑 霧氷  遺跡 合掌造  枝垂れ桜 花桃  祭り 朝焼け 光芒  茅葺屋根 稲刈り 藤棚 山歩き 水鏡 小鳥 ソバ畑 御嶽山  ワイナリー 落葉松   山車 ライトアップ 合掌造り 川下り しだれ梅 草紅葉 登山 蕎麦 雲海 日出 日の入り 夜祭 稲架かけ 落ち葉  絵画 そば畑 ツツジ サツキ 水映り  ワインヤード ニッコウキスゲ コブシ 立ち枯れの木  シドニー 竹灯り 渓流  氷河 チロル  茅葺 桜、 ブナ林 蒸気機関車 ラベンダー 睡蓮 公園 イチョウ 温泉 年末 イルミネーション 電飾 モネ ブルーベリー 大垣市  動物園 航空写真 林檎の花 雪景色、 フェルメール 冬、 ダム ビール麦 わさび田 おひさま アヤメ 道祖神 福寿草 りんご じゃがいもの花 赤そば 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀  キツツキ  展望台 朝露  SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR