FC2ブログ

立山「雪の大谷」'15後編

立山「雪の大谷ウォーク」'15の後編では、日の入りから星空、
そして翌朝の雷鳥を紹介します。

最初の一枚は、5月17日(2015年)の夕日、18:40です。ちょうど夕食が18:30に
始ったのですが、食堂の窓から綺麗な夕日が。あらかじめカメラと三脚を
持って食べに行ったので、携えて屋上に飛び出しました。悪い客ですね!
DSC_2137_20150625154743427.jpg

完全に沈んだ後、空が綺麗な赤色に焼けてくれました!良い色でした!
DSC_2228_20150625154744690.jpg

食事の後、20時からホテル主催のスライド上映と星空観察を楽しんで
この日の行事は終り解散。その後、雪の上を少し散策し星空を
撮って見ました。富山の街灯りの方角。明るくて星は少し!
DSC_2253_20150625154745b3d.jpg

ホテルの裏に回って、同じ方向を撮ると、少し星が増えました
DSC_2270.jpg

反対側、雄山の上空の星!21:10です。
DSC_2260.jpg

翌朝は、ホテル主催のオプション、ご来光バス2100円に申し込みました。
トンネルを抜けて東側の大観峰2316mにまで行く企画です。
この時期は3:50モーニングコールと一番早くきついですが、天候により
中止の場合はコール無しで済むので嬉しいオプションです。
結果的に、コールは無く、ゆっくり寝ることが出来ました。
ひょっとしたら、寝入ってて聞き漏らしたのかしれませんが?

もう一つの朝のホテル企画、雷鳥ウォーキングは9時集合ですが、
待ちきれず、朝食後の8時頃にはカミサンと二人で散策に出かけました。
みくりヶ池は、未だ殆ど凍っていました。
DSC_2290.jpg

下方に、今は入場禁止の地獄谷がみえます
DSC_2292.jpg

更に進むと雷鳥荘の方からスノボの板を担いで登ってくる集団にあいました。
DSC_2316.jpg

その近くで雷鳥発見!オスです。既に半分以上が夏色毛になっていました!
DSC_2370.jpg

メスも近くに居ました。仲良くつがいでいる事が多い様です。
うずらを少し大きくした感じです。鳥はオスの方が綺麗ですね!
DSC_2377.jpg

昨夜スライド時に、人が近づいても逃げないと聞きましたが、その通り!
お立ち台に上がってくれるサービス精神!
DSC_2435.jpg

ゆっくりと、移動してくれました
DSC_2443.jpg

ホテルを振り返ると、雷鳥ウォーキングの大集団の列が見えました!
DSC_2453.jpg

散策を終わって、バスに乗り大観峰へ、その後ロープウェイで黒部平へ
更にケーブルカーで黒部ダムに下ります。黒部平展望台にて
DSC_2552.jpg

黒部ダムの放水は6月からで始まっていませんでした。展望台への階段途中にて
DSC_2578.jpg

黒部ダムからは、扇沢までトロリーバスに乗り、そこからはクラブツーリズムの
バスで一路名古屋へ帰りました。
日の出以外は天候にも恵まれ、富山散居村の田植え直後の田園風景、
立山の雪山風景、室堂の雪上散策、夕日、星空、そして雷鳥
多くの美しい風景に出合えた楽しいツアーでした。
以上
スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 雷鳥 夕日

立山「雪の大谷」'15前篇

5月17日(2015)に一泊二日で「雪の大谷ウォーク」
立山黒部アルペンルート通り抜けバスツアーに参加しました。

最初の一枚は、雪の大谷のある室堂で見た太陽の還、幻日?です。
虹と反対に下側、内側が色づき、上側、外側が白くなっています!
前日から翌日に掛けて各地で見えたようで、TVニュースでも話題に!
DSC_2107.jpg

以下は撮影順に紹介します。
アルペンルートはマイカーで来ると、戻らなければいけないし、往復運賃が
とても高価なので、一泊二日のバスツアー(クラブツーリズム)に参加しました。
名古屋駅発で東海北陸道を北上し、北陸道の立山ICまで、ひたすら走ります。

富山に入ると丁度田植えが終わる時期!美しい田園風景、散居村の
景色が続きます。屋根瓦がつやのある真っ黒な家が多いのが特徴?
苗が描く緑のリズミカルな模様には、何故か癒されます!車窓から。
DSC_1804.jpg

山を写した田圃も好きな風景です!ちょっと映りが薄いですが。バスを止めて
30分程度の写真タイムが欲しかった! マイカーの様にはいきません!
DSC_1843.jpg

立山駅からケーブルカーで美女平に上がり、そこから専用バスで、
雪の大谷ウォークができる、そしてこの日の宿、ホテル立山のある
室堂へ向かいました。バス終点の室堂駅&ホテル立山が見えて来ました。
バックは立山、一番右のピークが雄山3003mです。
DSC_2049.jpg

バスを降りて、さっそく雪の上を散策!雄山の右手に見える浄土山2831m。
左に小さくスノボやスキーのために登っている人達が見えます。
DSC_1987.jpg

左に見える大日岳2501m。
DSC_1945.jpg

剣岳2999mの険しい姿!
DSC_1917_20150623093932065.jpg

さて、雪の大谷ウォークです!既に一般の方々は帰途につき、残っているのは
ホテル立山に宿泊される人達だけです。歩道を仕切るロープも取り去られています。
DSC_2010.jpg

最後のバスも通ってホコ天に。今年の雪の深さは最大19mだった
との事ですが、この日は12m。今年は溶けるのが早いそうです。
DSC_2018.jpg

所々にある道の端を示す丸太。複雑な形に折れています。
上から押されると共に、道が広がる方向に押されるのでしょうね!
DSC_1994.jpg

この時、空に、太陽に輪が掛かっているのが見えました!
DSC_2027.jpg

幻日?彩雲?などとも言うものの様です。巻頭の写真も、この頃撮ったもの。
DSC_2037.jpg

5月中旬の室堂、未だ白銀の世界でした。この日は、この雪の世界に泊まります!
夕焼け、星空、雷鳥の後編に続きます。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 雪山 幻日

花桃の里・月川'15

5月1日(2015年)開田高原の春を楽しんだ後、帰りは清内路を通って
昼神温泉の奥にある月川温泉の花桃の里に寄ってみました。

4月16日にも行ったのですが、全く咲いていなかったので、今回がリベンジ!
下の写真の通り、ほぼ満開!白と濃い目のピンクが競い合って綺麗でした!
D60_3085.jpg

綺麗な並木道、お二人も楽しそうですね!
パイロンは路上駐車禁止の意味ですが、17:40なのでちょい止め撮影はOK。
D60_3090.jpg

一番奥の広場の手前。人工ですが滝の様で良い風景!
D60_3092.jpg

全体はこんな感じです!
D60_3098.jpg

アップ
D60_3100.jpg

バックの新緑とよく合います!
DSC_1766.jpg

やや左側
DSC_1763.jpg

満開の花桃を見られたので、さあ帰ります!
D60_3106.jpg

月川の花桃、結局例年通りGWに満開でした。昼間は混雑したと
思いますが、17時過ぎは人も車も少なくて、さっと見て回るには最適でした!
色は濃い目のピンクと白で非常にクリアです!バックの新緑と
相まってとても綺麗な山間の里でした。個人的には6つ前のブログ
「国道153号線の春'15」(5/21)で紹介した昼神温泉の薄ピンクの
花桃の方がお気に入りです!

以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 花桃

開田高原の春'15#後編

#後編をお届けします。2015年5月1日の風景です。

木曽馬の里です。御嶽山からは噴煙が見えますが、木曽馬はのんびりと
草を食べています。私も暫く、この風景を楽しんできました!
DSC_1680.jpg

落葉松の新緑、この繊細で生命を感じさせてくれる風景も大好きです!
D60_2954.jpg

御嶽山を撮れる場所を探して放牧柵の奥の道を進むと、
白樺林があり、更に奥にはもありましたが、これが精一杯!
D60_2923.jpg

放牧柵の表側に戻り、道を進むと満開のがありました!
D60_2894.jpg

ちょうど、乗馬のお客さんもきて、いい感じ!
D60_2911.jpg

更に進んで、厩の奥の放牧柵に来てみると、林が伐採されて
御嶽山が見える様に変わっていました。嬉しい変更です!
D60_2897.jpg

順番に入口方面に戻ります
D60_2914.jpg

タンポポを入れて!土の部分は、もう少しすると蕎麦畑になると思います!
DSC_1694.jpg

噴煙が結構大きく見えてきました!風向きでしょうか?
DSC_1739_20150610113349274.jpg

最後に、もう一度コブシの花を撮って、木曽馬の里を出ました!
D60_2956.jpg

柳又集落越しの御嶽山
D60_2975.jpg

柳又を左に見て更に進んだT字路の近く管沢地区?に枝垂れあり!
D60_3017.jpg

もう一枚!この時間になると御岳がクッキリ撮れなくて残念!@13:40
D60_3020.jpg

近くには、とても鮮やかなピンクの山もあります(個人の土地?)
DSC_1752.jpg

更に、立派なこぶしの木もありました!
D60_3022.jpg

御嶽山を入れるなら午前中!出来れば10時頃までが良さそうです!
春の開田高原はいかがでしたか?コブシと新緑、そして御嶽山
木曽馬!のどかでリフレッシュできる場所だと思います!

このあと、花桃のリベンジを兼ねて、清内路を通って昼神温泉の奥、
月川温泉に寄って帰りました。月川の花桃は夕方になって
しまいましたが満開で迎えてくれました!次回紹介します。

以上

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : コブシ 御嶽山

開田高原の春 '15#前篇

5月1日(2015年)は、GWの中でも平日。
そこでカミサンと二人で御嶽山噴火後初めての開田高原に
行って来ました。まずは木曽馬の里へ。

今日の一枚目は見頃のこぶしと御嶽山です!
少し見頃過ぎ?もう少し花の密度があると最高ですが、それでも綺麗でした!
D60_2770.jpg

入口の木曽馬の像越しに、御岳山とコブシを入れるとこんな感じです!
D60_2764.jpg

左手では、新緑の落葉松林の中に桜とコブシが遠慮がちに咲いていました!
D60_2963.jpg

何の葉でしょうか? 逆光を浴びハート型の葉が輝いていました!
D60_2778.jpg

ブルーベリーの木の植え込みに沿ってコブシをみると
やや逆光ぎみのせいか、花の密度が多く見えて立派でした!
D60_2798.jpg

木曽馬の里のシンボル、コナラの木の枝の下からコブシ
D60_2814.jpg

白樺林越しの御嶽山は如何ですか?
D60_2791.jpg

前の写真の白樺林の高台から御嶽山を見た風景。
噴煙が出ています!
D60_2853.jpg

奥の方向へ下った所の落葉松林越しの御嶽山!
D60_2852.jpg

白樺の木には寄生木が多く着いていました!
D60_2866.jpg

馬が放牧場に出て来ました!噴煙が出ている事を忘れてしまう
のどかで癒される風景です!
D60_2877.jpg

奥の方に、小振りの桜が何本か咲いている様です!
D60_2891.jpg

その#2に続きます

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 新緑 コブシ

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃 日の出  夕日  初秋  星空 水芭蕉 富士山 葡萄畑 霧氷 遺跡  合掌造  花桃 枝垂れ桜 光芒 小鳥  稲刈り 茅葺屋根  水鏡 山歩き 藤棚 朝焼け 祭り   山車 ワイナリー ソバ畑 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR