FC2ブログ

ロゼック谷散策

<スイスの夏’14#9>
コルヴァッチ展望台を訪ねた後、予定ではロープウェイの途中駅ムルテル2709mからスールレイ峠2755mを通ってロゼック谷1999mまで、花を楽しみながら一気に下るハイキングでしたが、残雪が多いためコースが変更になってしまいました。代替コースは展望台から降りてバスでポントレジーナ駅1805mに行き、そこからロゼック谷を緩やかに登って行きます。ゴールは当初のコースと同じです。

ポントレジーナを歩き始めて10分ほどの森の中で、クラシックの生演奏が行われていてビックリ!客席に座り、音楽を楽しみながらの昼食になりました。ここまでの歩くペースが速かったのは、演奏に間に合わせたかったガイドさんの配慮でした。
DSC_2035.jpg

車窓からの風景。緑の輝きです!
DSC_2011.jpg

昨日乗ったベルニナ線、今日は車で追い越していきます!
DSC_2025.jpg

ポントレジーナ駅から歩きだしてすぐのトリオ演奏!
DSC_2034.jpg

心地よい音楽付きの昼食を済ませ、本格的にハイキング開始!
DSC_2039.jpg

コースはずっと右手のロゼック川沿いに緩やかな登り道です。
下の馬車道を牛の大群が行進中!
DSC_2057tt.jpg

川に降りるところで、雪山が見えて来ました。あの麓近くまで行きます。
DSC_2074.jpg

再び林に入り、迎えてくれた道端のモニュメント!
DSC_2106.jpg

次に迎えてくれたのは、黒いリス!腹は白いですから良い子?
DSC_2112.jpg

更に進みます!
DSC_2117.jpg

林を抜けると、あと10分でロゼック谷の標識です。一番下にフォルクラスールレイ2時間15分との記載がありますが、、当初の計画では反対にフォルクラスールレイ経由で降りてくるコ-スでした。
DSC_2143.jpg

右手に見える建物が、ハイキングのゴール、ロゼック氷河ホテル&レストラン。正面の山の左から3番目の小さなピークに見えるところがフルクラスールレイとのこと。
DSC_2150.jpg

DSC_2154.jpg

ロゼック氷河です。手前左上からモレーンの壁が見えます!
DSC_2166.jpg

馬車馬。足が太く逞しい姿です!
DSC_2164.jpg

帰りは馬車で一見優雅に!
DSC_2191.jpg

馬車からの風景。岩の上に薄っすらと緑が乗っている不思議な景色!
DSC_2192.jpg

自転車で登る人も!緩いですからね!
DSC_2195_20140730150810653.jpg

DSC_2196.jpg

<補足>
当初計画のハイキング出発点、ムルテル2709mからフォルクラスールレイ方面を見た写真。右奥の山の雪渓と重なる手前の稜線部に見える建物がフルクラスールレイです。
DSC_1947t.jpg

スイス観光局、My Swissによれば、以下の写真の様な迫力のある風景が見えるとか?コルヴァッチ展望台よりも間近にピッツベルニナやピッツロゼックを見ることができる様です。
RosegTschiervaGletscher.jpg

逆さロゼック岳も!やっぱり行きたかったですね!止む無しですが!
Laj_Fuorcla1.jpg

この後、ポントレジーナからバスでホテルに帰りました。次はサンモリッツを簡単に紹介します!
スポンサーサイト

コルヴァッチ展望台

<スイスの夏’14#8>
6月26日朝は、コルヴァッチ展望台3303mを訪ねました。
下の写真は1本目のロープウェイの車窓から、サンモリッツと反対側を見下ろしたもの。青い空と湖、淡緑の平野と深緑の山林、そして白い雪山が美しい風景を見せてくれました!こんな所に住みたいものです!
DSC_1836.jpg

朝8時ホテルを徒歩出発。サンモリッツ駅からバスに乗り、ロープウェイ乗り場のスールレイSurlej1809mへ向かいました。途中の車窓から見たシルヴァプラーナSilvaplauna湖畔。朝の清々しい中、ジョギングを楽しむ人々。
DSC_1827.jpg

右の車窓にはお城?
DSC_1829.jpg

9時頃ロープウェイで少し上がると、今来たバス道がクッキリ!
前の写真の城?も見えます。対岸の山間の谷部が一昨日通って来たユリア峠です。
DSC_1830.jpg

更に上がると、シルバプラーナの淡緑の平地が本当に美しい!
DSC_1831.jpg

更に高い所からは、湖面に対岸の山々も映りこみます!
DSC_1935.jpg

ずっと上がった車窓から、一番左手の湖、セグルSegle湖と
湖岸のマロヤMaloja村?湖面に白雲がクッキリ!
DSC_1851.jpg

二つ目のロープウェイも終点近く、周りに雪が現れ、
遠くの山並が見えて来ます。左遠くに槍ヶ岳?
DSC_1864.jpg

槍ヶ岳もどきのアップ!ずっと遠くまで山並が重なっています。
DSC_1868.jpg

9時半頃にコルヴァッチ展望台に到着。
ピッツベルニナ方面には雲がでていて山頂は見え隠れ。
DSC_1900.jpg

中央左がピッツベルニナ4049m、中央右がピッツScerscen3971m、
何とか山頂を見ることが出来ました。
DSC_1896.jpg

その右隣の三角形のピークがピッツロゼック3920mです。
DSC_1881.jpg

下方には氷河が見えましたが、
上部が雲に隠れて全体は撮れませんでした。
DSC_1917.jpg

展望台の反対側には山々の手前に湖が連なっています。一番左側のセグル湖。
DSC_1907.jpg

その右のシルヴァプラーナ湖
DSC_1909.jpg

シルヴァプラーナ湖(左)とチャンプフェル湖。
その先に見えませんがサンモリッツ湖があります。
DSC_1910.jpg

ユリア峠の上部辺りに見えるチェッパTscheppa湖2616m。
半分近くは未だ凍っている様に見えます!
DSC_1874.jpg

コルヴァッチ展望台は、ほぼ360度の展望が利きます。この日はベルニナ山側が、やや雲が多く逆光気味の時間だったこともありますが、セグル湖、シルヴァプラーナ湖、チャンプフェル湖の湖とその間の淡緑の平野部の美しさが印象的でした!

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 雪山

ディアヴォレッツァ展望台

<スイスの夏’14#7>
ラーゴビアンコ散策を終え、午後はアルプグリュム駅からベルニナ・ディアボレッツァ駅まで戻り、ロープウェイでディアヴォレッツァ展望台2984mに向かいました。2014/06/25

最初の写真は、ピッツパリュPiz Palu3901mです!この展望台から見える主役は、唯一の4000m超えの山、ピッツベルニナ Piz Berninaですが、残念ながら最後まで山頂を見せてくれませんでした!それで最も美しく見えたピッツパリュを!この山の周りは真っ青な空になってくれました!今にも崩れそうな真っ白な雪の端部、緊張感が素敵です!
DSC_1765.jpg

ベルニナディアヴォレッツァ駅の手前で車窓から、ロープウェイが見えます。
今からあれに乗ります。
DSC_1464.jpg

ロープウェイから北西プントレジーナ方面の景色です。
DSC_1669.jpg

反対のアルプグリュム方面。暫く上がるとラーゴビアンコが見えて来ます、手前の小さい湖は黒い湖だそうです。確かに黒っぽい色ですね。曇っていますが、バックの山々はクッキリ!展望台に期待が膨らみました。
DSC_1775.jpg

展望台から見た左半分の景色!何とか晴れて来ました!
左側の3つのピークがある山がピッツパリュー3901m、
その右のやや小ぶりな3つのピークがベラヴィスタBeravista3922m、
その右の小さな黒い単独ピークがクラストアギュザCrast Aguzza3869m
DSC_1739.jpg

展望台からの右半分。左1/3程度にベラヴィスタとクラストアギュザが見え、
その右が主役のピッツベルニナPiz Bernina4049mと
ピッツモルテラッチpiz Morteratsch3751mなのですが雲の中!
左から右下にペルスPers氷河が流れています。素晴らしい風景ですが、
全体にゴルナーグラードの景色を少し小振りにした印象でした!
怒られるかもしれませんが!?
DSC_1734.jpg

展望台にあるレストランで昼食を取り粘ったのですが、
ピッツベルニナは最後まで姿を見せてくれませんでした!もう少し!
DSC_1764.jpg

代わりにピッツパリュのアップ!巻頭の写真は、更に中央だけにしたもの。
DSC_1762.jpg

レストランのガラスに山々と国旗が綺麗に映っていました!
昼食はここで、ミネストローネスープとミートソーススパゲッティをカミサンっと二人でシェアしました。日本に比べて量が多いので丁度良かった。味も美味しかったですよ!
DSC_1742.jpg

もう少し待てば雲が取れるかも?と後ろ髪を引かれながらロープウェイで下り、ベルニナ線でサンモリッツに帰りました。途中の景色。広い草原に牛が放牧されています!
DSC_1792.jpg

お城でしょうか?
DSC_1793.jpg

畑、民家の向こうに美しい緑のアルプ! 
スイスではいたるところで見る景色ですが、やっぱり美しい!
DSC_1794.jpg

サンモリッツへ戻って、駅の近くにルピナスの花が!
DSC_1795.jpg

さて、今日の夕食はホテル食です。期待しながらホテルに戻りました。明日はコルヴァッチ展望台とロゼック谷ハイキングです。

tag : 雪山

ラーゴビアンコ散策

<スイスの夏’14#6:ラーゴビアンコからアルプグリュム駅散策>
オスピッツォ・ベルニナ駅2253m前に広がる白い湖Lago Bianco湖畔を歩いて、次のアルプグリュム駅2091mまでのハイキングを紹介します。今日からは賑やかになって、添乗員さんと、この日限りの散策ガイドさんを含めて総勢14名で出発です。ベルニナ線と言えば360度のループ石橋が有名ですが、今回は残念ながらあの橋は通りません。

最初の写真は、白い湖ラーゴビアンコです。サンモリッツ周辺はイタリア語圏なんですね!オスピッツォベルニナ駅の前から、やや振り返り気味にとったもの。この色は氷河から流れる川の色と同じに見えます。
DSC_1479.jpg

サンモリッツ駅からのベルニナ鉄道は山間部を大きく曲がりながら進むのでゆっくりですが、車窓からの景色はとても綺麗です。途中で見えたモルテラッチ氷河の下端部。陽が射していますが、山の上部は雲に覆われています。
DSC_1455.jpg

ラーゴビアンコが見えて来ました。曇ってしまいました!
DSC_1475.jpg

オスピッツォベルニナ駅です。ベルニナ線での最高地点2253mの駅とのこと。
DSC_1480.jpg

駅から対岸に見えるカンブレナCambrena氷河。まだ雲が取れず残念。
DSC_1509.jpg

湖の北岸を鉄道に沿って南東に向かってハイキング開始です!
DSC_1502.jpg

この頃は青空も見え、花も輝いていました!
DSC_1518.jpg

朝露の輝きも添えて!
DSC_1519.jpg

こけマンテムの花とラーゴビアンコ
DSC_1533.jpg

湖岸を離れて暫くの緩い登りのあとの平たん路。
一旦雨が降り、皆レインウェアを着ています!
DSC_1579.jpg

元気な自転車ライダー達が追い抜いて行きました!こうした山道でのサイクリングも盛んなようで、ちょくちょく見かけました!日本だと自転車も登りの競技が多いと思いますが、スイスでは下り主体の楽しみ方も可能です!
DSC_1564.jpg

ピンクの松ぼっくり!初めて見ました!日本にもありますか?
DSC_1570_20140724100338a0c.jpg

大きめの黄色い花、とても見栄えがします。俗名バターボールとか?似合ってますね!
DSC_1577.jpg

森を抜けると一気に視界が開け、下方に美しい風景が見えます!
手前の緑の平野に見える駅は、カヴァグリアCavaglia駅だと思います。
アルプグリュム駅から先はどんどん下って行くようで、景色も良さそうです!
DSC_1587.jpg

その奥の湖はポスキアーヴォPoschiavo湖と思われます。綺麗な風景です!
DSC_1589.jpg

もうすぐゴール、アルプグリュム駅と聞いて、皆元気に歩きます
DSC_1583.jpg

下を見ると、石橋ではないですがループ状の線路が。列車が来ないかと願いましたが、そう旨くは行きませんでした。
DSC_1606.jpg

行く手に氷河が見えて来ました。左下には目的地アルプグリュム駅。
DSC_1617.jpg

アルプグリュム駅の僅かな平地にも180度ループ状線路があります。本当に山の中の駅。ハイカー以外に利用者があるのでしょうか?
DSC_1605.jpg

駅に到着!線路上を気を付けて渡ります!
DSC_1634_20140724100946aba.jpg

出発の頃には晴れて来ました!パリュー氷河と滝も輝きます!
DSC_1637.jpg

予定は2時間のハイキングでしたが、途中で降られて雨具を着たり、花の説明を聞いたりで、ゆったりしたせいか約2時間半掛かってしまいました。私が写真を撮りながら最後を歩いて足を引っ張ったせいかも。天候のせいもあるかも知れませんが、このコースは、山の景色はあまり印象に残りませんでした!多くの花と電車と最後に見えたパリュー氷河、それにアルプグリュム駅から先のポスキアーヴォ方面の美しさが印象深いハイキングでした!

午後はディアヴォレッツォ展望台を訪ねます。

インターラーケン→サンモリッツ

<スイスの夏’14#5>
2014年6月24日、いよいよツアーの皆さんと合流の日。天気が良ければ朝一でブリエンツ・ロートホルンとも考えていたのですが、朝起きると予報通りの雨!そこで市内散策することにしました!

最初の写真は、ハーダークルムと呼ぶ市内の小高い丘へのケーブルカーの軌道と、その周りにある小さな動物園。すぐ上空は、低い雲に霞んでいるのが分かります。ブリエンツ・ロートホルンの代わりと思ったのですが、あいにく電源不具合で、この日はお休み!私達同様、次々に訪れる人達がみんなガッカリでした!
DSC_1333.jpg

朝食後ホテルをチェックアウトし、荷物を預けて、市内の散策に。ホテルのあるWest駅近くから、旧市街と通り、下の様な川沿いの道でOst駅方面に向かいました。
DSC_1332.jpg

巻頭のハーダークルムへ登る駅と小さな動物園を訊ねた後、一番の繁華街路で戻る途中の小さな公園。子供たちが賑やかに楽しんでいました!日本と同じような遊具ですね!
DSC_1346.jpg

スイスの英雄ウィリアムテルを上演する劇場を訪ねました。屋内の舞台と融合する野外の森の舞台で有名ですが、舞台の写真は断念!写真の右側が舞台と思われます。
DSC_1347.jpg

West駅近くのMIGROSで、昼食(ビュッフェタイプの量り売りレストランで安くて美味しく大正解でした)を食べた後、列車でチューリッヒ空港へ向かいました。インターラーケンWest→Bern→ChurichHB中央→チューリッヒ空港。到着ターミナルの出口で待ち合わせ。写真に、15:50成田からのNH便(コードシェアなのでLX便と交互表示)は既に着陸して、現在バッゲージ配布中と表示されています。他のフライトの表示を見ると、着陸、遅れ、バッゲージまであと何分等が分かるようになっていました。着陸前に着いたのですが、この表示のお蔭でゆったりと待つことが出来ました。
DSC_1328.jpg

ここからはツアー仲間一緒にバスでサンモリッツへ向かいます。スイスは本当に美しい風景ばかりです。17:40頃、美瑛の様な美しい丘。 
DSC_1366.jpg

18:48頃、美しい麦畑と大豆畑?。
DSC_1371.jpg

お城や教会
DSC_1374t.jpg

クールを過ぎて、19時半頃から、牧歌的なとても綺麗な地方を通りました。
DSC_1396.jpg

私だけでなく、他の方々も口々に「綺麗!」
DSC_1404_201407231024224a0.jpg

マルモレラ スタウ湖Marmorera Stausee。この人造湖の手前しばらくが
本当に美しかった!レンタカー等でゆったりと、再び訪ねてみたい場所です。
DSC_1407.jpg

峠を越え下りになっても、結構綺麗な風景が続きます。
DSC_1413.jpg

峠の終わり部分。サンモリッツ手前のシルバプラーナもとても美しい!
DSC_1419.jpg

峠を降りて、シルバプラーナを左折、いよいよサンモリッツ到着です。綺麗な虹が迎えてくれました!
DSC_1431.jpg

明日からは、添乗員さん、ツアーメンバの方々と一緒にハイキングの旅を楽しみます。個人旅行と違って、リラックスしてついて行こうと期待!

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え  夜景  初夏  世界遺産 田圃 棚田  日の出 夕日 水芭蕉  初秋  葡萄畑 富士山 星空 霧氷  遺跡  合掌造 花桃 枝垂れ桜 山歩き 水鏡 光芒 茅葺屋根   祭り 朝焼け 稲刈り 小鳥 藤棚 ソバ畑 御嶽山  ワイナリー  山車  合掌造り ライトアップ 落葉松 川下り しだれ梅 草紅葉 氷河 立ち枯れの木 ワインヤード 水映り 落ち葉 そば畑 桜、 ツツジ 日の入り サツキ  コブシ シドニー 蒸気機関車 ブナ林 稲架かけ 茅葺  絵画 渓流   夜祭 蕎麦 雲海 竹灯り  チロル ニッコウキスゲ ラベンダー フェルメール 砂丘 流氷 日出 林檎の花 イチョウ ツララ ブルーベリー 宿場 吊り橋 庭園 冬、 動物園 航空写真 北アルプス 春の花 高原 お花畑 雪景色、 欧州アルプス  白藤 鍾乳洞 おひさま わさび田 道祖神 じゃがいもの花  年末 蒸留所 イルミネーション 銀杏 ススキ ビール麦 夏山 港町 氷の像 欧州の旧市街 電飾 宮殿 ダム ニッコウキスゲ 白馬三山 シモツケ草 鵜飼い 夜桜 キツツキ  月明かり  SL 河津桜 ヒヨドリ 鉄道 列車 お茶畑 オジロワシ 二輪草 渓谷 ホタル 花弁の絨毯 幻日 稲田 登山    朝露 メジロ 氷の造形 赤そば 月明り 公園 睡蓮 アヤメ モルゲンロート 大垣市 りんご 福寿草 雷鳥 モネ 雪下ろし 新年 深緑 山藤 ダイヤモンドダスト 床もみじ  年賀 晩秋 温泉 ジャガイモの花 枝垂れ桃 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR