FC2ブログ

美ヶ原の冬'14#5

今回その#5が美ヶ原の'14の最後になります。1月7日ホテルでの朝食後の写真をお届けします。残念ながらこの日は霧氷や樹氷は見られませんでした。そう旨くはいかないですね!

一枚目は、来た道を4km程度?下った場所からの北アルプス方面の景色です。
手前の山肌がとても繊細な美しい模様を見せてくれました。真っ白い山肌に、落葉した落葉松カラマツが整然と並んで縦の線を描き、その落葉松の影が斜めに交差して雪面に模様をプリントしていました。
DSC_1622.jpg

朝食後には二つのプログラムが用意されています。一つは、雪上車で美ヶ原を巡るもの。8:30から順次出発で30分程度。もう一つは写真撮影で、適切な場所までマイクロバスで送迎してくれるもの。この日は8:45出発で11時頃に迎えに来てくれるものでした。両方に参加は出来ないのでカミサンは雪上車、私は写真撮影に参加しました。

部屋の窓から撮った雪上車、右下に下って行きます。「いってらっしゃ~い」
DSC_1603.jpg

右奥に見える美しの塔まで往復です。美しの塔では一旦下車して自由時間があります。
DSC_1604.jpg

美しの塔に着いた雪上車(カミサン撮影)
DSCN4860.jpg

美しの塔から振り返った風景。中央の丘の様な所が王ヶ頭&ホテルです。
ここからも北アルプスが一望できます。雲一つない晴天です。
DSCN4857a.jpg


私はバスで4km?程下り、バスが折り返す所で降ろして貰い、映しながら歩いて戻って行く(登って)行くことにしました。道沿いに居ればどこでも拾ってもらえます。この日の参加はもうひとりの方と二人でした。彼は三度目とのことで、知っている様子、私よりも上で降りると言って折り返しのバスに乗っていきました。尚、この日は写真撮影の団体が別行動したこともあり少なかったとのことです。

雪の風紋と呼ぶのでしょうか?自然の造形美です、緑が残る笹の葉とともに。
DSC_1634.jpg

朝の斜光線が真っ白な雪面に青い影を描きます。
DSC_1646.jpg

何の足跡でしょうか? 何処へ行ったのでしょうか?
雪面がキラキラ輝いていたのですが、映りませんでした。
DSC_1697.jpg

浅間山も綺麗に見えました! 
DSC_1702.jpg

ここにも一筋の足跡が。
WEBで調べてみましたが何の足跡か明確には出来ませんでした。
DSC_1717.jpg

王ヶ頭が見えてきました。ここまで来ると沢山の人が雪世界を楽しんでいました。
DSC_1756.jpg

上の写真と同じ場所から北アルプス、右の槍ヶ岳から左の西穂高まで見えます!
DSC_1722.jpg

ホテルに戻り、食堂の氷の模様を撮りに。各窓ガラス共こんな感じです!
DSC_1798.jpg

一部の窓の外側に偏光板が置いてあり、室内側にも偏光板を置くと彩り鮮やか模様に変わります。(これは、設置してあった内側の偏光板は使わずに、カメラにC-PLフィルターを付けて撮影したもの)
DSC_1791.jpg

C-PLを深くかけると、こんなに濃い彩になりました。
DSC_1797.jpg

この後、展望風呂にもう一度浸かって体を温め、帰り支度です。明るい中の展望風呂は最高でした!12時まで入れることが嬉しかった!暫くのんびりして13:10頃バスに乗りました。

以上で、美ヶ原の'14の写真は終わりです。素晴らしい天候に恵まれ、沢山の美しい風景に出合うことが出来ました!欲を言えば霧氷を見られなかったことが残念でしたが、次の機会を楽しみにしたいと思います。駅から送迎付きなので楽ちんですし、料理も美味しく"オモテナシ"も素敵で、楽しい二日日間でした。寒さが苦手でない人にはお奨めの旅と思います!
以上です
スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 雪山

美ヶ原の冬'14#4

その#4では、日の出直後の西の々の写真を中心にお届けします。

今回の一枚目は、日の出の後の北アルプス鹿島槍ケ岳です。
二つのピークですぐ分かります。未だ少~しピンク色を帯びていて良かった!
DSC_1571.jpg

丁度7:00にの端から朝日がのぞいた(#3参照)後、もう一度撮った富士
朝日の赤味が抜け黄色味が強くなり、手前の雲が大きく成りだしました!
DSC_1586.jpg

その後、西北の々を写す場所に移動しました。昨日の夕日を撮った場所とは異なります。左から爺が岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、その右手に白馬三
DSC_1570.jpg

中央右の尖ったが槍ヶ岳、手前の三角形の山が常念岳。
DSC_1573.jpg

白馬三山です!(左から白馬遣ヶ岳、杓子岳、白馬岳)
DSC_1572.jpg

再び移動して昨日夕日を撮った王ヶ頭山頂へ。乗鞍岳です。赤味はなくなっています!
DSC_1595.jpg

更に南の御嶽山。7時20分頃です。
DSC_1597.jpg

北アルプスは、少し赤味を帯びた状態で撮る事が出来ましたが、もう少し早く行けばもっと赤く綺麗だったとのこと。東に向かって日の出を撮るか、西に向かって朝日に赤く染められた雪山をとるかは選択ですが、今回は後者を選択すべきだったとちょっと後悔!とは言えこの朝は360度晴れ晴れ晴れ!感謝感謝です!と思いながら楽しみな朝食へ!カメラに結露が着かないように包んで、上着の中に入れてホテルの内へ急ぎました!
帰りのバスは遅めの13:30発を予約。朝食後もたっぷり時間があります。その様子は#5(最後)で紹介します。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 雪山

美ヶ原の冬'14#3

今回は、翌1月7日の日の出前の景色を中心にご紹介します。

今日の一枚目は、日の出直前の富士山です。
手前の雲の流れも邪魔をせずに、動きを添えてくれました!
300mm望遠です。綺麗でした!
DSC_1557.jpg

日の出は7時予定。1時間前に起きカーテンを開けると空は既に素晴らしい色合いに!慌てて、でも今度はたっぷり着替えて玄関前に出るともう大勢のカメラマンが三脚を据えていました。

6時20分の南の空です。良い色ですネ~!
一番右の山が富士山、その左は八ヶ岳連峰です。灯りはスキー場。その右上の富士山に似ている山は蓼科山です。
DSC_1462.jpg

富士山周辺を少しアップに。素晴らしい色彩!
自然の営みに感謝せざるにいられません!
DSC_1465.jpg

少し右に振って、南アルプス方面を見るとヴェールの様な薄い雲が
流れていました!左のピークが甲斐駒ケ岳、その右は北岳です。
DSC_1468.jpg

ヴェールをアップに! 神秘的な風景でした!
DSC_1467.jpg

左に戻って美ヶ原方面全景。
昨夕はブルーとピンクに染まった空が、今朝はオレンジ色に!
DSC_1536.jpg

その左側、山は浅間山です。
DSC_1537.jpg

その後の富士山
DSC_1496.jpg

もう一枚
DSC_1544.jpg

日の出です! 蓼科山のさらに左から!
DSC_1547.jpg

日の出前の空、富士山、流れる雲がとても綺麗でした。防寒対策もしっかりしたので、今朝はどこも痛くなく大丈夫でした!日の出の後は、西の北アルプスを映しに100mほど移動です。その様子は#4でご紹介します

以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 日の出

美ヶ原の冬'14#2

おうぎや王ヶ頭頂2034mからの日の入り後の風景をご紹介します。

ホテルの裏手、王ヶ頭頂にて日没まで撮影した後、ホテルに戻ると玄関の正面、東の空がとても淡い素敵な彩に染まっていました。寒さによる手が切れる様な痛みも忘れてしばし撮影継続です。
DSC_1379.jpg

全体像はこんな感じです。広く平らな美ヶ原です。今は一面の雪景色ですが夏は牧草地になり多くの牛を見ることが出来ます。また6月下旬にはレンゲツツジのオレンジ色の花が咲き乱れる文字通り美しい高原です。
DSC_1411.jpg

少しアップ。右手の雪面にポツンと一本の木の様に見えるものは美しの塔です。
DSC_1386.jpg

更にアップ!
雲に覆われているのは、牛伏と鹿伏と思われます。
雲が湧いている様に見えます!
DSC_1404.jpg

右方向には富士山も薄っすらながら美しい姿をみせてくれました!
日本画の様ですね! これも綺麗でした! 17時頃
DSC_1383.jpg

17時過ぎに撮影を終え、ロビーに入ると、ストーブに一目散。手の痛みが取れるまでしばらく体を温めました。寒さでこんなにも痛くなるなんて初めての経験で、凍傷になってしまったかと心配しましたが取り越し苦労でした。軟弱ですね!ちなみにこのときは普通の皮手袋のみの使用でしたので、自業自得ではあります!

温かいお茶に続いてシャンパンサービスもあり、温まってくると良い気持ちに!それから初めて部屋へ。ほどなく一番乗りで17:45の夕食レストランへ。評判通り美味しい食事を親切なウエイトレスさんやウエイターさんと言葉を交わしつつ終えると19時半頃。20時からのスライドショーに参加し、20時45分からの屋外での星空教室にも参加。オリオン座他さすがに多くの星座のみならず、そのバックの小さな星達まで沢の星を久し振り見ることができました。と言うことで参加は自由ですが行事がいっぱい。サービス満点です。結果的にお風呂は21時過ぎからになりました。お風呂は家族風呂、大風呂ともに展望風呂の名に相応しいものでした!夜は展望が利きませんが。

下の写真は蓼科方面の夜空。オリオン座がバッチリ!
DSC_1442.jpg

こちらは日の入りを撮った西の空。街の光は松本市。
右下に王ヶ頭山頂の石碑のシルエットが薄っすら見えます。
上の明るい星?は月です。本当は三日月ですが、松本の夜景に露出を合わせると月が明るすぎて丸く映ってしまいました!
DSC_1447.jpg

ホテルの玄関前です。戻り際にパチリ!
DSC_1450.jpg

とにかく寒かったですが、綺麗な日没と珍しい夕景を見ることが出来ました。ホテルも料理をはじめ快適です。明日の天気を期待して、#3へ続きます。

以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 富士山 日の入り

美ヶ原の冬'14#1

2014年の撮り初めとして、美ヶ原の王ヶ頭に行って来ました。幸い天候に恵まれたので何回かに分けて紹介します。最初の一枚は、王ヶ頭山頂から見た1月6日の夕日です。御嶽山の少し右に沈みました。手が痛いほど寒かったですが、とても美しい二日間でした!
DSC_1327.jpg

美ヶ原の王ヶ頭山頂2034mには「王ヶ頭ホテル」があります。美味しい食事と冬の霧氷の景色や雪上車に載せてくれるなど有名で、前から一度冬に行ってみたいと思っていたホテルです。但し山は天気次第、人気のホテルなので週間天気予報を見てからでは予約は難しい。そこで全国的に最も空いている時期?正月休み開けにやっと実現できました。ホテルは夏でも一般車では行けません、ましてや冬は麓までしか行けませんが、ホテルのマイクロバスが松本駅まで送迎してくれます。

今回は久し振りにJRで松本まで往復することにしました。ホテルバスが松本駅発15時しか取れなかったので、先に街を少し散策しがてら国宝の松本城に寄ってみました。1590年代に建築された天守閣に登りましたが、5層黒壁の外観だけでなく6階建ての内部も立派で興味深いお城でした。こちらもお奨めです!
DSC_1235.jpg

さて、王ヶ頭へのバス道はこんな感じです。20人乗り程度のマイクロバスで、4WDですが、雪道に差し掛かると前輪にチェーンを巻きました。時には4輪に巻くそうです。雪道ではかなり激しく揺れます。途中でニホンカモシカや鹿に何回か遭遇しました。右の写真はホテル到着の少し前に見た鹿の群れです。揺れるなか反対側の窓越しに慌てて撮ったもので映りは悪いですが4頭います。(小さい写真はダブルクリックで大きくなります)
DSC_1252.jpg  DSC_1269.jpg

16:15頃ホテルに到着。チェックインはカミサンに任せて、カメラだけを持って多くのカメラマンが並んでいる山頂に直行しました(すぐ裏手ですが)
DSC_1278.jpg

明るい内に周辺を何枚か撮った後、日の沈み始めた16:40の写真です。
巻頭の写真は、この少しあと16:43のもの。雲が全くないので空はあまり焼けてくれず、手前の雪面を多く入れて撮りました。
DSC_1313.jpg

左を向くと順光の雪面が少~しだけピンク色を帯びていました。
DSC_1316.jpg

再び夕日を少しアップで!
DSC_1335.jpg

更にアップで!左のオレンジ色に染まった山は御嶽山3067m、
右のこんもりしたやまは鉢盛山2446mです。手前は松本市街。
DSC_1323.jpg

少し右に首を振ると乗鞍岳もオレンジ色に染まっていました!
DSC_1348.jpg

日没後にもう一枚!松本市街に電燈も着き始めました。
DSC_1373.jpg

#1はここまでです。この後、東の空が淡い色に染まり夜を迎えます。
その様子は#2をお楽しみに! そして翌朝は霧氷が見られたのでしょうか?

以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 夕日 雪景色

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃  日の出   夕日 初秋 水芭蕉 葡萄畑 富士山 星空  遺跡 霧氷  枝垂れ桜 合掌造 花桃 光芒 稲刈り 朝焼け  山歩き 藤棚  水鏡 祭り 茅葺屋根 小鳥  山車 ソバ畑  ワイナリー 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR