FC2ブログ

白馬の初夏'13#1

6月8&9日、天気予報を信じつつ、新緑を求めて白馬地方を訪ねて来ました。今日の1枚目の写真は、8日早朝の中綱湖です。桜の水映りで有名な湖ですが、この日も湖面に映った綺麗な風景を見せてくれました。
IMG_2410.jpg

今回は一人旅。主目的は、青鬼集落の田植え直後の田圃に映った白馬の山々の写真と、八方尾根自然研究路および栂池自然園の未だ雪が残る山や高原の新緑がどんなものかを確かめるトレッキングです。梅雨の中ですが、土日月と晴れるとの天気予報を見て、7日(金)の22時頃家を出発、中央高速道の駒ヶ岳SAにて4時間ほど車内で寝て再出発、安曇野IC(旧豊科IC)を5時過ぎに出ました。ICを出ると、すぐに左方向の視界が開け、田植え直後の田圃に山々が映って素敵な風景を見せてくれます。山の雪が少なく、全体に少し霞んでいるのが残念でしたが、それでも大好きな風景です!
IMG_2404.jpg

今朝の目的地である青鬼(アオニ)へ向かって北上する途中、折角なので南から木崎湖、中綱湖、青木湖と続く仁科3湖の湖畔の道を選びました。6:08早朝の中綱湖、風もなくとても綺麗でした。
IMG_2426.jpg

青木湖の湖畔の桜の木と田圃。ここも桜と田圃の写真でちょっとした名所。ここで田圃を見ていた農家のおじさんは「今日は良い天気!もう少しすると雪山が見えてきてもっと綺麗になるよ!」との嬉しいお言葉。期待を一層膨らませて目的地、青鬼へ向かいました。
IMG_2457.jpg

国道148号線で白馬駅前を通過して更に北上し、小さな案内板に従い右折し、狭い山道をズンズン登って青鬼集落に到着。集落入口の駐車場から、はやる気持ちで準備して小走りに撮影ポイントに向かいました。海抜770m程度。期待通り田植え後の田圃が美しいのですが、肝心の白馬の山々が雲に隠れています6:50。この写真は暫く待って7:30のもの。右手の民家の屋根の形が特徴的ですが、元々茅葺の屋根を上からトタンで覆ったものです。葺き替えは大変なので今はこうした屋根が各地で多く見られます。
IMG_2543_20130625235003.jpg

雲の晴れるのを待ちながら、もう一段高いところから1枚8:02。
IMG_2562.jpg

農家のおじさんが除草剤を播きに!このおじさんも「これから晴れてくるよ!」と嬉しい予想。地元の人が揃って言うので本当に期待しましたが・・・
IMG_2563.jpg

おじさんに青鬼の今昔物語をいろいろと教えてもらった後の、横向きの一枚。田植え直後の田圃の風景は好きだな~!
IMG_2585.jpg

9時まで待っても雲が取れないので今日は断念し、最後にもう一度戻ったらスケッチを楽しんでいる人がいました。これも絵になると思ってパチリ。自転車で来た模様ですが、こんな山の上まで自転車に乗って来たのでしょうか?聞けばよかったと写真を見てから思ってしまいました。
IMG_2589.jpg

さて、翌日の方が天気が良さそうなので、翌朝もう一度訪ねることにして、次の目的地、八方尾根自然研究路に向かいました。
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 初夏 新緑 田圃 雪山

モネの家?浜松

1か月前になってしまいましたが、5月24日、浜名湖の東海岸にある浜松ガーデンパークのモネの家?に行って来ました。バラが満開でもあり丁度良い季節でした。
IMG_1329.jpg

2004年に開催された「浜名湖花博」の跡地の公園ですが、今は入園無料と嬉しい。遠くに見える芝生広場の左右に駐車場が見えます。右手の北駐車場から暫く歩いて展望タワーに登って撮った写真がこれ(エレベータ)。300円でした。下の写真は西向きに撮ったもので奥に見えるのは浜名湖です。運河の様な池が見えますが、その端からモネの家に向かう観光船も出ています(片道400円)。
IMG_1197.jpg

上の写真の右手の芝生広場を見るとハート型の部分があり、その上で芝刈り器が動いています!下を歩いている時は全く気が付きませんでしたが上から見るとハートがくっきり、お二人の方にはお奨めです!右奥は別のゴルフ場の様です。この展望台には一か所、外に突き出した床がありますが、もともとは床が透明だったとのことです。広い床なので、そうとう怖かっただろうと思います!助かった!
IMG_1198t.jpg

タワーを降りて運河の北側を花木園、百華園と歩いて進むと池に睡蓮が咲いて、小さな滝もありました。結構綺麗です!
IMG_1237_20130623104855.jpg

さらに進むと石橋が。ゴッホの跳ね橋のイメージでしょうか?
良い感じです! 振り返っての写真です。
IMG_1272_20130623104856.jpg

さて、一番奥にあるモネの家に着きました(最初の写真)。尚、ここの家は張りぼてに近い道具置き場との事で客は中には入れません。本当のモネの家には、モネの使用した家財道具や収集した浮世絵などが展示され見ることが出来ます。
IMG_1492.jpg


家の前の庭園は花いっぱいです!庭は本物にかなり近い印象でした。玄関前の花のアーチです。
IMG_1340.jpg

アーチの外側からの状況。黄色い花が綺麗!
IMG_1423.jpg

反対側からです。丸い花が可愛い!!!
IMG_1507.jpg

この日の午後は、庭園のガイドツアーがあったので参加しました。庭師さん?が庭園内を巡り、花の名前とその特徴やモネの家の庭園との関係など隅々まで丁寧に案内してくれました。1時間10分ほど掛かって、日差しが強い中では、ちょっと長過ぎの印象でしたが、説明はとても楽しかったです。
IMG_1504_20130623111703.jpg

IMG_1416.jpg

IMG_1425.jpg

IMG_1511.jpg

IMG_1509.jpg


モネの絵に多く描かれた睡蓮の池です(もちろん模擬したもの)。
IMG_1352.jpg

太鼓橋のUp.赤と白の睡蓮が控えめに咲いていました。睡蓮の花は午後には閉じるので午前中がお奨めとのことです。この睡蓮の量ですが、水に映る周りの風景とのバランスから4割と指示があるそうです。また池の中に鉢植えで入れられており量を調整するそうです!今回は少なかった様に見えましたが?
IMG_1357.jpg

ウェディングドレスのお二人もいました!お幸せに!
IMG_1397.jpg

太鼓橋からの景観
IMG_1401.jpg

この位置からのモネの家が、最も花いっぱいで豪華に見えるとか?!
IMG_1570.jpg

運河?の遊覧船ものんびりとして快適です。往復乗ってしまいました。
IMG_1281.jpg

無料で、これだけ楽しめる、素敵な場所でした。お奨めです!

以上



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 公園 睡蓮 モネ

丈山苑5/29_'13

5月29日そろそろサツキが満開では?と思って10日ぶりに小雨の丈山苑を訪ねました。予想通りサツキは見頃でしたが、その手前には大勢のお客さんが座っていると言う珍しい光景に出合いました!
IMG_1940.jpg


お客さんは小学生の集団でした! 地元の小学校では授業の一環として丈山苑を訪ね、その歴史他を学び、抹茶を頂くとのこと。皆楽しそうに、でも足が痛そうに正座して苑長さん?の説明を聞いていました!(丈山苑でただ一つ不満と言うか残念に思うのは、下の写真で廊下(縁側?)と庭の間のコンクリート部分です。これが雰囲気を台無しにしています!特に天気の良い時などはコンクリート部分が白く光るので趣なし!出来るだけこの部分を含めないように撮るのですが、どうしても含まれる場合があるので、黒色系の玉砂利に変更すると良くなると思うが?費用がネックでしょうね!?と勝手な思いを書いてしまいました!)
IMG_1863.jpg


丈山苑は京都にある詩仙堂を模して造られた施設です。詩仙堂は1641年に石川丈山と言う人が建てたもので、彼の生まれ故郷が(安城市)和泉地区とのこと。そこで彼を忍んで丈山苑が建てられました。彼は59歳から90歳の天寿を全うするまで、詩仙堂で風雅を楽しみ、詩作に遊ぶ悠々自適の文人としての生涯を送ったっとのこと(丈山苑資料より)。

外の回遊式庭園にも別のクラス?の小学生! クラス毎でしょうか入れ替わり3組以上が来ていました。黒い服の方が引率の先生かな?
IMG_1760.jpg

室内に戻って、小学生のいない方の部屋の様子です。
IMG_1908.jpg

小学生が帰った後の(縁側)廊下。今日も床が緑を映してくれています!
IMG_1990.jpg

詩泉閣と呼ばれる建屋の中の「詩仙の間」から庭を望む!(フラッシュ使用)
IMG_1905.jpg

額に書かれているのは詩仙堂にゆかりの36人の詩仙の方々とのことです!
IMG_1960.jpg

内庭のサツキが咲き誇っていました!10日前のその1とは大違い!満開近しか? 踏み石は濡れていた、その1の方が情緒がありました!
IMG_1901.jpg

雨があがったせいか、2階も解放されていたので、垂直に近い階段と言うより梯子?を登って、上から内庭を撮影しました!ウ~ン! 額に入ったような新緑とツツジのピンクも素敵です!
IMG_1916.jpg

丸い額縁も和風な感じでまた良し!
IMG_1913.jpg

最後の1枚は、その1の2枚目と同じ画角の今日の写真です。床の緑が先回よりは少し綺麗か?と思って載せました!この画角とても好きな画角です!
IMG_1884.jpg

既に6月中旬ですが、梅雨の間は、しっとり緑の丈山苑が楽しめると思います!「雨が降ったら丈山苑!」いかがですか? 気に入った方は是非お出かけください!

以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 新緑 サツキ

丈山苑5/19_'13

今年の新緑第2弾は、近くの丈山苑(ジョウザンエン)と言う、詩仙堂を模した庵を紹介します。
最初の写真は、廊下に映る「床緑」を狙ったものです。
IMG_0946.jpg

この時期、「雨が降ったら丈山苑!」が、私の独り言!雨でしっとりとした新緑が、とっても美しい風景を見せてくれ心癒される場所です!構図としては下の写真の方が好きなのですが、左側の床の緑が十分でなかったので2番目にしました。
IMG_0947.jpg

廊下の端の床緑を主役に!
IMG_0952.jpg

玄関を上がってすぐ右を向いた画角。この時期は、ほぼ総ての障子が外されて開放的です!
IMG_0960.jpg

左の廊下を進み右の庭を向いての一枚。ここでも何とか床が緑を映してくれました。二人の女性がのんびりと庭を楽しんでいる様でした!
IMG_0968.jpg


床緑は以上にして、庭を紹介します。モミジとサツキの緑、雨がとても似合うと思いませんか?サツキは咲き始めです!
IMG_0974.jpg

同じ位置から目を上げて、右を見た写真です。左に見える金属の輪の縦に繋がったものは雨どいです。雨水がやや飛び散りながら流れて行きます。
IMG_0988.jpg

雨水は黒めの玉石が敷かれた升に吸い込まれて行きます。玄関にある升は水琴窟になっているので、耳を澄ますと雨水の心地よい演奏が聞こえます。
IMG_1005.jpg

部屋から見た石川丈山の像、池の淵のアヤメが満開でした!
IMG_0981.jpg

外庭へ向かう途中、内庭に外から入り建屋を撮りました!モミジの新緑が美しい!!!雨のせいか楼閣の窓は閉っていました。
IMG_1072.jpg

もう少し奥まで進み。
IMG_1074.jpg

外庭の様子です!既に街灯が点灯していました。
IMG_1126.jpg

灯篭の小さい穴から建屋方向を!
IMG_1120.jpg

「雨が降ったら丈山苑」と言う気持ちをご理解いただけましたか?しっとりとした新緑が大好きです!
皆さんもこの時期の雨の日に是非訪ねてみて下さい。宣伝ではないですが、入苑料は100円と安く、別に300円出すと抹茶とお饅頭がいただけます。丈山苑の説明については次回丈山苑5/29_'13で記載したいと思います。以上です。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 新緑 サツキ アヤメ

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃  日の出   夕日 初秋 水芭蕉 葡萄畑 富士山 星空  遺跡 霧氷  枝垂れ桜 合掌造 花桃 光芒 稲刈り 朝焼け  山歩き 藤棚  水鏡 祭り 茅葺屋根 小鳥  山車 ソバ畑  ワイナリー 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR