FC2ブログ

美瑛・富良野の夏2010前篇


2010年7月10日、礼文島から稚内を経て、大好きな美瑛に入りました。2004年に初めて訪れてから7年連続8回目の訪問になります。

今日の一枚目は、緑一色の丘。大好きなアスパラガス畑他です。
既に収穫が終ったあとのモヤモヤしたアスパラガスも絵になります。
([赤い屋根の家]の裏にあたる丘です)
IMG_7697c.jpg


夜に宿に付き、最初の朝、いつも通り朝食前の6時に宿の近くの丘へ。
小雨混じりで遠くは靄っています。手前の宵待草に焦点を合わせて。
(月見草と思っていましたが、本物の月見草は薄ピンクの花だそうです。
 この花も夕方に咲くので月見草とも呼ばれるようになったとのこと)
IMG_7318.jpg

更に高い所から。とうもろこし畑の向こうは麦畑。奥に見える緑の麦は雨で殆ど倒れてしまっています。大丈夫なのでしょうか?心配になります。
IMG_7369.jpg

ほぼ同じ場所からです。曇天の元、淡い色合いのパッチワークもまた綺麗。
薄茶色は秋撒き小麦、薄緑は春撒き小麦、濃い緑は砂糖大根ビートかな?
IMG_7379.jpg

ペンション風の道さんに帰って、美味しい朝食を頂いた後、ケンメリの木の近くでの光景。広大な大豆畑で農作業している人達がいました。こんなに広いと、一通り済ませるのに何日かかるのでしょうか?
IMG_7462tt.jpg

次は、有名な親子の木に行きました。
青空も出て来て、砂糖大根ビ-トの葉も輝きます
IMG_7600.jpg

続いて、クリスマスツリーの木。ジャガイモの花が満開です。
IMG_7634t.jpg

後ろを振り返ると、こちらも満開のジャガイモ畑の丘!これが夏の美瑛です!
IMG_7657t.jpg

少し東の新栄の丘です。ここも丘が連なる美瑛らしい場所。癒される風景です!
IMG_7670c

大豆でしょうか? 畑の境界の幾何学模様が美しい!
IMG_7700t.jpg

北の国から出有名な、麓郷に来ました。春撒き小麦でしょうか?
ビール麦でしょうか? 風に揺れる、この緑色が大好きです。
IMG_7833.jpg

メルヘンの木です。今回は秋撒き小麦の畑に囲まれていました
IMG_7849.jpg


以上です 

スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

礼文島・夏 後編


今日の1枚目は、お花畑のチダケサシ?青空をバックに光ります!
IMG_7096.jpg

バスで出発地の香深港に帰る途中で下車し、桃岩展望ハイキングコースを歩きました。写真でバスのいる位置で4組程のお客さんが下りました。少し登ると直ぐにお花畑。イブキトラノオとシシウドが迎えてくれました!
IMG_7043.jpg

更に進むとピンクの花が迎えてくれ、遠くには東の海も見えて来ました
IMG_7005.jpg

稜線に出ると東西の海が見渡せます。西南には桃岩の左、遠くに猫岩が。
IMG_7060.jpg

さっきまで居た猫岩展望台の駐車場も見えます
IMG_7027.jpg

東側の景観
IMG_7065.jpg

南東に見えるのは利尻島のふもと。利尻富士は一度も姿を見せません!
IMG_7064.jpg

北の空は綺麗な青空に!花も生き生きしてきます!
IMG_7100.jpg

港から利尻島行きのフェリーが出て行きます!
IMG_7140.jpg

北西の海岸はこんな感じです
IMG_7120.jpg

道は続き知床(島の)に通じますが、引き返して香深の宿まで歩きました
IMG_7110.jpg

夕食後やっと利尻富士がその姿を見せてくれました!待ってましたよ!
IMG_7195.jpg

民宿でウニ、タコシャブ、焼きほっけ等の地物の海産物を食べ早く寝ました。
翌日は8時半過ぎには離島。テープと音楽あり!今回は利尻島は無しです。
IMG_7206.jpg

稚内に戻り、宗谷岬へ向かう途中、綺麗なお花畑があり、寄り道
IMG_7221.jpg

綺麗な緑の草地に、白い干し草ロールが目立ちます。
風力発電の風車もあり綺麗な景色ですが、空が白くて残念!
IMG_7230c.jpg

ここまで来たら最北端の宗谷岬は必見と訪ねましたが、雨が降り出し寒かった!
IMG_7251.jpg

今回は、天候に恵まれませんでしたが、第一目的の礼文島のお花畑のハイキングだけでも晴れてくれて、夕方には利尻富士も見られたので、まあまあでしょうか。天気ばかりは止む無しですね! 3日目の宿は北富良野の「風の道」さんですが、遅くなり到着が8時頃になってしまいました。それでも暖かく迎えてくれて、いつも通り暖かくてとっても美味しい夕食を食べることが出来ました。有難うございました。では次は夏の美瑛・富良野を紹介します。

以上


テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

礼文島・夏 前篇

この夏は、何処にも行かずにおとなしくおとなしくしていますので、今日は2年前2010年の7月に訪ねた北海道礼文島を紹介します。

礼文島は、島全体(平地でも)に高山植物の咲く島として有名です。
ここは島の最北端スコトン岬ですIMG_6947.jpg

今回の旅は、5泊6日で北海道北部と、礼文島そしてお気に入りの美瑛・富良野の夏の風景を楽しもうと企画したもの。7月8日1日目:朝セントレア発で千歳へ飛び、レンタカーで稚内まで走り一泊。二日目:車は宿において始発の船で礼文島へ渡り、バスで島内観光して民宿に泊。三日目:始発の船で稚内に戻り、車で宗谷岬東側を通り第2の目的地、美瑛、富良野へ。ここでは何回かお世話になっているペンションを3泊渡り歩き、美しい丘の町の風景を楽しみました。

8時頃セントレア発で千歳へ向かう途中、北アルプスと新潟の上を飛びます。
幸運にも奥穂高(中央)と梓川沿いの上高地が見えました。
IMG_6738.jpg

千歳からレンタカーで一気に宗谷岬、稚内へ走りました。
ここはサロベツ原野の展望塔から東を見た平野。
秋撒き小麦の収穫は終わり干し草ロールが並んでいました。
風力発電機が並んで、風の強い場所であることが分かります。
IMG_6767.jpg

サロベツ原野。地平線まで見える広~い湿原です。天気は曇り
IMG_6771.jpg

2日目の朝の稚内港、6時過ぎの始発の船から。宿に車を置き、ご主人が埠頭まで車で送ってくれました。始発が一番混むのでちょっと贅沢して一等席を予約、結構高価でした。
IMG_6793.jpg

出航して暫くは、左手に野寒布ノシャップ岬が見えます。先端部分に丸いレータと思われる設備が見えますが、航空自衛隊の基地のようです?
IMG_6847.jpg

半島を越えて大海原に!初めは天気が悪かったのですが雲間からスポットライトが一艘の船を照らしてくれました。
IMG_6820c.jpg

天候が回復し綺麗な青空になり、その下に礼文島が見えてきました
IMG_6878.jpg

礼文島では香深カフカ港に8時過ぎに到着。すぐに観光バスAコースに乗り海沿いに北上。最初に泊まったのが、この写真の澄海スカイ岬です。高山植物の花が咲いているのですが、また太陽が隠れて目立ちません。
IMG_6890.jpg

スカイ岬の次が、最初の写真の最北端のスコトン岬です。

その後は、一気に南下して出発地の香深を通りぬけ西海岸の猫岩と桃岩が見える場所へ。下の写真が展望台から見た猫岩です。確かに猫が座っている様に見えますね。
IMG_6960.jpg

少し引くとこんな感じです。
IMG_6965t.jpg

展望台から振り返ると桃岩が見えます。
IMG_6958.jpg

桃岩の右手は小高い丘になっています。ここからバスは香深に戻り終了ですが、我々は、途中下車してあの丘に登ります。そこにはお花畑があるはずです。
IMG_6980.jpg

お花畑が、あったかどうかは次回のお楽しみに!

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

フェルメール展

今回は、旅行ではなくフェルメール展で撮った写真を何枚かご紹介します。

最初は何と言っても「真珠の耳飾りの少女」ですよね!
本当は縦構図ですが、この写真はUpして横構図にしてみました。
素敵な表情ですね!
DSCN2790.jpg

今フェルメール展が3か所で開かれています。一つは「真珠の耳飾りの少女」他のオランダ、ハーグのマウリッツホイス美術館からの作品を展示する東京都美術館~9/17迄。二つ目はベルリン国立絵画館からの「真珠の首飾りの女」を展示する国立西洋美術館、同じく~9/17迄。そして3つ目が今回訪れた銀座のフェルメールセンター~8/26迄です。ここは、本物の絵ではなくて、復元と言われる手法で、作品が描かれた当時の色を出来るだけ忠実に再現したものが展示されています。彼の全37作品が一堂に会しているとの事なので、ここに行くことにしました。

会場の入口です。「フェルメール光りの王国展」と題されています。
DSCN2781.jpg

中はこんな感じで、めちゃ混みではないので全点を間近に見ることができました。
DSCN2779.jpg

ありました! あの少女が!
DSCN2827.jpg

特にフェルメールが大好きと言う訳ではありませんが、「真珠の耳飾りの少女」、「水差しをもつ女」、「地理学者」等は好きなので、他はどんな作品なのか見たくて出かけました。受付で、フラッシュを焚かなければ写真は撮って良いことを確認し、37点ともコンデジで撮ってきました。残念ながら、総てが好きにはなれなかったので、今日は約半数、僭越ですが比較的気に入った作品を紹介します。単純に掲載しますので、皆さんそれぞれに感じて頂ければと思います! (尚、照明の関係で表面反射で部分的に光ってしまった写真が多いですがゴメンナサイ。反射を出来るだけ避けるために、やや上から下向きに撮影した写真をトリミングしてありますので、上部は幅方向に少し小さくなっています。)

「牛乳を注ぐ女」
DSCN2687.jpg

「紳士とワインを飲む女」
DSCN2689.jpg

「デルフト眺望」
DSCN2692.jpg

「中断された音楽の稽古」
DSCN2695.jpg

「音楽の稽古」
DSCN2697.jpg

「青衣の女」
DSCN2699.jpg

「天秤を持つ」
DSCN2700.jpg

「真珠の首飾りの女」
DSCN2703.jpg

「リュートを調弦する女」
DSCN2704.jpg

「水差しを持つ女」
DSCN2706.jpg

「真珠の耳飾りの少女」
DSCN2714m.jpg

「合奏」
DSCN2716.jpg

「手紙を書く女」
DSCN2718.jpg

「絵画芸術」
DSCN2720.jpg

「夫人と召使い」
DSCN2726.jpg

「恋文」
DSCN2732.jpg

「レースを編む女」
DSCN2734.jpg

「手紙を書く夫人と召使い」
DSCN2736.jpg

「ギターを弾く女」
DSCN2739.jpg

「ヴァージナルの前に立つ女」
DSCN2740.jpg

「ヴァージナルの前に座る女」
DSCN2741.jpg

「ヴァージナルの前に座る若い女」
DSCN2743.jpg

「窓辺で手紙を読む女」
DSCN2746.jpg

「小路」
DSCN2748.jpg

「地理学者」
DSCN2794.jpg

「天文学者」
DSCN2796.jpg

以上です。フェルメールを好きになりましたか?

tag : フェルメール

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR