FC2ブログ

スペイン4・グラナダ2

6月6日(水)、いよいよアルハンブラ宮殿に行きます

最初の写真は、有名な王宮の中心にあるアラヤネスの中庭です
IMG_1464t.jpg

入口のゲートをくぐり、細い糸杉の並木道を抜けるた先の建物が左の写真。
パラドールです。国営のホテルチェーンで歴史建造物等が多く人気とか。アルバンブラ宮殿の中に泊まるのも素敵な体験でしょうねイイナア!右の写真のように造形的に剪定された並木道が迎えてくれます。
IMG_1359.jpg  IMG_1360.jpg

ここはカルロス5世の宮殿の中庭です。外は四角いのですが中は円形です
IMG_1390.jpg

最初の一枚と同じ王宮内のアラヤネスの中庭です。奥から撮った光景です
IMG_1500.jpg

順路的にはこちらが先。
IMG_1466.jpg

再び振り返って! こちらからの方が綺麗かな?
IMG_1504.jpg

ゆっくりしたかったですが、自由時間は殆どありませんでした!
IMG_1506.jpg

この柱と壁、素敵ですね! 次のライオンの庭への通路です
IMG_1519.jpg

12頭のライオンの噴水は修理から戻ってきたばかり、まだ木枠がついています
IMG_1533.jpg

この中庭をとり囲む建屋は気に入りました!何故か美しさと温かさを感じませんか?
IMG_1537.jpg

こちらの中庭は緑豊か。小さな噴水に木漏れ日が射し夏の美しさ!
IMG_1555.jpg

建物の外にでると、庭に猫が何かを狙っていそうです!
IMG_1581.jpg

こちらは名前は不明
IMG_1588.jpg

パータルパレスと呼ばれる建物
IMG_1590.jpg

庭はしっかり手入れされています
IMG_1598.jpg

谷を隔てた向こうのヘネラリフェの幾何学的な造形美の庭に向かいます
IMG_1606.jpg

この庭も水が豊かで美しい
IMG_1638.jpg

横には糸杉の並木道があり、アセキアの中庭につながります
IMG_1644.jpg

う~ん!ここアセキアの中庭も綺麗です!!!
IMG_1655.jpg

奥に回るとこんな全体像です
IMG_1670.jpg

アルハンブラ宮殿は13世紀後半に着工され170年かけて完成されたイスラム建築の最高傑作とのことです。豊富に水を使用していますが、これはシエラネバタ山脈から引いているとのことです。とても美しい所ですが後で調べると行っていない場所も沢山ありました。ポイントのみ見て回るツアーとじっくりゆったりのツアー初めにしっかり検討しておく必要があります!

この後、白い街ミハスへ行き散策と昼食(イカ墨パスタ)をとって、マラガの空港へ。
ひと組がマラガからロンドンへ帰り、後はバルセロナへ向かいます


テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : スペイン グラナダ

スペイン3・グラナダ1

6月5日(火)の夕方、バスでグラナダに入りました。今日の最初の一枚は、アルハンブラ宮殿の夜景です。手ブレしてしまいゴメンナサイ。明日はあのアルハンブラ宮殿を訪ねます。
IMG_1237.jpg

アルハンブラ宮殿はまとめて、その2で報告することにし、その1では、5日の夜のグラナダと6日の昼、アルハンブラ宮殿の後に訪ねた白い街ミハスを先に紹介します。

セビリアで小皿料理タパスの昼食をとり14時ごろにグラナダに向けて約260km(3時間半)のバスの旅。景色は新幹線同様に薄茶色の地面にオリーブの木が植わる光景が続きます。途中で一面のヒマワリ畑に寄りました。今年は遅れているとのこと。高台が無いので広さを写せませんでした。
IMG_1154.jpg

夕方グラナダに着くと直ぐにホテルにチェックイン。ホテルでの夕食まで少し時間があるので街中のカテドラル周辺を散策。タイル張り歩道が綺麗です
IMG_1204.jpg

こんな路地裏の様な商店街ですが、未だ新しく綺麗でした
IMG_1210.jpg

商品はぎっしり!綺麗に飾られています!
IMG_1225.jpg

これは香辛料屋さん。すごい種類があるのですね!使い分けできる?
IMG_1229.jpg

夕食後は添乗員さんのお奨めもあり、アルハンブラ宮殿の夜景が見える高台へ。
手振れしてしまいゴメンナサイ。空に未だ青味が残る時間でとても綺麗でした。最初の写真もここで撮ったものです。ホテル近くからタクシーで行きますが一般車は入れない住宅街の細~い坂道を登っていきます。10分程度、7ユーロ位でした。
IMG_1239.jpg


その後は、こちらも添乗員さんのお奨め、今日はお祭りをやっているとのことで、会場へ。夜景のタクシーに10分程度待っていてもらって、そのままお祭り広場へ向かいました。タクシーを降りたのが、この神戸のルミナリアの様なイルミネーションの前。ビックリ!綺麗!
IMG_1268_20120722214502.jpg

この画角は、ラスベガスのイメージですね!ここを通ると真っすぐ道があり両側に大きなテントが数百メートルにわたって並んでいて、かなり大きなお祭りです
IMG_1269.jpg

大きなテントの中には、フラメンコ衣装を着た子供達が目立ちます。
IMG_1285.jpg

添乗員さんによれば、フラメンコは日本の盆踊りと似た程度に今も根付いていて、フラメンコ衣装は日本の浴衣のようなものとか。百聞は一見にしかず!その通りでした!
IMG_1326.jpg

テントの横には、移動遊園地がいっぱい、ここでも規模の大きさにビックリです
IMG_1290.jpg

大観覧車もあれば、絶叫系の乗り物もありました!
IMG_1319.jpg

これ分かりますが?仔馬が繋がれてクルクル回っている、本物?のメリーゴーランド!見方によっては動物虐待?でも人気でした!
IMG_1331.jpg
ちょっと迷いましたがお祭りにきて良かった!珍しい光景を見ることが出来ました!今夜も遅くなってしまいました!

ここからは、6日のミハスです。小高い山の中腹の小さな街です。
IMG_1738.jpg

白い壁に、鉢植えの花が綺麗に飾られています
IMG_1755.jpg

鉢は壁に埋め込まれている訳ではありません。半分につぶした様な形に出来ています
IMG_1757.jpg

さあ、次は、いよいよアルハンブラ宮殿を紹介します!





テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

スペイン2・コルドバ&セビリア

6月4日(月)新幹線に乗ってコルドバへ向かいます、更にバスでセビリアまで行きます。

最初の写真はコルドバのメスキータと呼ばれるモスクの中です。薄暗い中に数えられないほどのアーチがリズミカルに並ぶ独特の景観を見せてくれます。10世紀後半にできたとのこと
IMG_0848.jpg

朝9時にホテルをバスで出て、アトーチャ駅に。駅舎には森がありました!新幹線AVEで1時間40分程ですが、途中の景色は、右の写真の様な感じです。砂漠の様な薄茶色の土地にオリーブの木が列を作りますが、日本の様なみずみずしい緑はありません。
DSCN1832.jpg  IMG_0737.jpg

コルドバは8世紀には首都だったそうです。新幹線を降り旧ユダヤ人街を散策しました。白い家がならび、花が美しく飾られてメルヘンチックは街。ここは個人宅の中庭です。
IMG_0770.jpg

壁にもこんなに綺麗な色の鉢が飾られています
IMG_0771.jpg

通りはこんな感じ。白い家の屋根に鐘、カレンダーでみる地中海のギリシャの島の様に見えます
IMG_0779_20120718223117.jpg IMG_0795_20120718223116.jpg

綺麗な小道を歩いてメスキータの中庭に入ると、南国の景色です。今日もカンカン照り。
マリアさんが「雨はもう降りません。春に降りましたから」と言っていました
IMG_0803.jpg

メスキータの中に入るとヒンヤリしてホッ!
IMG_0812.jpg

明かりも綺麗に並びます!
IMG_0814.jpg

アーチの上の彫刻も見事です
IMG_0837.jpg

オレンジの庭だそうです
IMG_0895.jpg

街中の花の小路と呼ばれる狭~い通り。両側が花いっぱい!
IMG_0906.jpg

旧市街を後に、ローマ橋を渡ってバスに乗り、セルビアに向かいます
IMG_0941.jpg

セルビアでは早めにホテルに着き、少し先のスーパでお買い物。
大好きなアスパラガスの瓶詰めと、オレンジをくり抜いた中に入ったシャーベットとビールを購入。買い物籠に車輪と取っ手がついていて便利でした.
DSCN1875.jpg DSCN1873.jpg

早めにビュッフェ式の夕食を済ませ、フラメンコショーに行きました。
EL PATIOと言うお店、最初の開園が21:30です。
タップの様に床を叩く靴音が、すごい迫力です。それに両手に持ったカスタネット素早さと言うか流れるような綺麗な音に感激しました!カスタネットを買っていこうかとも思いましたが三日坊主になるのは目に見えているので思い留まりました。ホテル着は23:45頃!おやすみなさい!
IMG_0970.jpg
今回のツアー仲間の中に、始めて7年になるフラメンコ姫が居ました。本場のセビリアで買った靴を見せてくれましたが、タップの様な金属板が打ち付けてあるのではなく、釘がびっしりと隙間なくと言うよりは重なり合うようにつま先とヒール底一杯に打ち込まれて出来ていました。貴重なものを見せていただきました!ご活躍をお祈りしております!

翌6月5日も、もちろん晴天です!朝一でスペイン広場へ。
どこの町にもスペイン広場があるようです。アーチ型の右手には都市ごとの絵を描いたタイルが張られています。ドンキホーテの絵もありましたヨ
IMG_0997.jpg

正面の噴水横では観光馬車が沢山! 乗りたいけどツアーでは時間がありません!
IMG_0990.jpg

アーチ型の建物配置の両端に塔があります
IMG_1008.jpg

ここからはカテドラルです。あの鐘楼に登ります!
IMG_1047.jpg

暑い暑いと言いながら階段を登って、この景色を見ることができます!
IMG_1086.jpg

この人たちが担いでいるのはコロンブスの棺とか?
DSCN1926.jpg

中庭、パティオです!
IMG_1110.jpg


次はバスでグラナダに向かいます

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

スペイン・マドリッド

2012年6月2日発、スペインとポルトガルに行ってきました。今回は美しい風景と言うよりは歴史建造物を訪ねる旅でした。

最初の写真は、マドリッドのホテル近くのトレド橋です。今は歩行者専用の橋で、車は100m程離れた新しい橋を通ります
IMG_0348.jpg

6月2日8:25セントレア発、成田、フランクフルト経由でマドリッドに着いたのは22:20。時差7時間、家を出てからホテル着まで丁度24時間かかりました。エコノミーでもありさすがに疲れます。

今回は2人以上で催行の「アンダルシアと魅惑の世界遺産をめぐるスペイン・ハイライト+ポルトガル10日間」と言うJALパックで1日延泊して11日にしました。日本からは添乗員は行かず、日程表に従って各自バラバラにマドリッド空港まで行き税関を過ぎた所で、現地の添乗員が迎えに来てくれます。その後も、2~3日毎に添乗員が交代して案内してくれます。この方式は2回目で、効率的な良い方式と思いますが、フライトの変更などがあった時は少し不安ですね。
マドリッドでの昼食時に皆さんと話をして分かったのですが、同じJALパックでもパリ経由やロンドン経由の人達もいて、しかもパリ経由は爆弾騒ぎで何時間か遅れ、ロンドン経由は翌日合流と大変だったようです。他に阪神交通やHISの人も合流しています。現地ではミカミトラベルと言う代理店がまとめて請け負う方式です。日程もバラバラです。スペイン8日間の人、イギリスから途中合流、途中帰国の人、ポルトガル8日間の人など出入りがあったり、ホテルが異なる人やフラメンコ鑑賞がない人など様々です。日本から添乗員が同行するツアーに比べると参加者同士の交流は自然に少なめになります。でもそれなりに楽しかったです!インターネット予約と3か月前予約で少し安くしてくれましたが燃油サーチャージ込みで35万を少し超えました。主な行き先は長短ありますがマドリード/トレド/コルドバ/セビリヤ/グラナダ/ミハス/バルセロナ/リスボンです。では順に写真で案内します


下の写真はマドリッド空港です。広~い空港で、日本からの添乗員は居ないので若干不安を感じながら、ずいぶん遠くまで歩きます。さすがにこの時間だとガラガラなのでスイスイ進めました。
DSCN1662.jpg

翌朝、8:30ロビー集合で、スペイン広場に寄ったあと、プラド美術館へ
10時開館直前のチケット売り場の列です。私達は団体入口から入り実質1時間半、
今日の添乗員マリアさんが主要な絵画の説明を詳しくしてくれました。
DSCN1694.jpg

左のゴヤ作「着衣のマハ」が我々には一番有名だと思います。隣に「裸のマハも展示されていましたが割愛します!右の「1808年5月3日の銃殺」も見たことはあるかも知れませんね。他にベラスケス、エルグレコなどの作品が多くありましたが、暗い絵画が多く個人的はあまりなので割愛。ゴメンナサイ!(絵の写真は公式WEBからコピーさせていただきました)
ゴヤ着衣のマヤ ゴヤの・・・丘での銃殺

最初のお昼ごはんシーフードパエリアを楽しんだ後、バスでトレド観光に向かいました。最初にトレドの街を見渡せる対岸の展望台へ
IMG_0268.jpg

更に進むと、糸杉でしょうか?ちょっと変わった光景です!
IMG_0275.jpg

トレドは小高い丘の街。バス亭からエスカレータを幾つか使い登って行きます。最初に出会うソコドベル広場です。何となくお祭りの雰囲気ですがMacが溶け込んでいますネ
DSCN1714.jpg

ここは広い道。多くの道は左半分程度の細道です。上部には強い日差しを避けるカーテン?が張られています。この後、サン・トメ教会とカテドラルに入場観光して、お土産屋さんに寄りマドリッドに帰ります。
教会は、今後も沢山訪れるので割愛します
IMG_0287.jpg

ホテルへのバスを街中で降ろしてもらいサンミゲル市場にいきました。
ガラス張りの小さな建屋の中に20軒程度のお店が並んでいます。
DSCN1764.jpg DSCN1767.jpg

市場を出て、バルが並ぶ通りへ。右の看板はガイドブックやTVの旅番組でよくに紹介されるメゾンデルチャンピニオンのものですがマッシュルーム形の楽しい看板でした。
DSCN1770.jpg DSCN1773.jpg

名物のマッシュルームのオイル焼です。小さなソーセージかベーコンが一切れ入って熱々なジュースがこぼれないように2本の串を両手でもって口に運びます。確かにとても美味しかったです!右は青唐辛子の素揚げです。ちょっと塩が効き過ぎでからかったですが! 私はビール、妻はサンガリアを飲みながら楽しみました。
DSCN1775.jpg DSCN1779.jpg

とても陽気な店員さん!私達の写真も撮ってくれました。
DSCN1777.jpg

もう一軒ハシゴ。左は生ハム、右はジャガイモのプレートの上に茹でタコを乗せた料理。こちらは、あまり・・・でした。
DSCN1784.jpg DSCN1788.jpg

タクシーでトレド橋まで戻り、河川敷を散歩しながらホテルに戻ることにしました。タクシーは街中では手を上げれば拾えます。7€と安いかった。夜9時ですが未だ明るく、涼しくなった夕方を沢山の人が楽しんでいました。市民の憩いの広場といった感じです。
IMG_0368.jpg

少しホテル側にあるくと、現代的な歩行者自転車専用の橋がありました。
IMG_0447.jpg

22時過ぎるとさすがに暮れて来て、これも美しい!
IMG_0552.jpg

トレド橋に再びもどり、こちらも夜景を!
IMG_0602.jpg

月もでて来ました。
IMG_0616.jpg

IMG_0622.jpg

明日は、コルドバとセビリヤに向かいます

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

白馬の田植えと菜の花


5月19日、未だ雪の残る白馬の山々をバックに、田植えや菜の花畑を撮ろうと、花だよりと快晴の天気予報を信じて、写真仲間を誘い日帰りで大町まで行ってきました。天気予報通りの快晴です!
バックは爺ヶ岳(左)と鹿島槍ヶ岳。タンポポも入れてみました!
IMG_9776.jpg

大町バイパスの出口、国道が左折する交差点を真っすぐ進むと、中山高原に向かう大町街道になります。すぐに左手に田植えをしている田圃を発見。車を路肩に止めたまま田圃まで行ってしまいました。バックは蓮華岳と思います。以前からこんな写真が撮りたかった!
IMG_9785.jpg

同じ田圃を横から撮って、バックに爺ヶ岳と鹿島槍。農家の人と話をしたら、「遅い!9時前に来ないと!それでなければ4時過ぎの光が綺麗」と教えてくれました。
IMG_9806.jpg

振り向くと林檎畑も、田植え直後の田圃に映り綺麗でした。
IMG_9817.jpg

田植えを後にしてまもなく、目的の中山高原につきました。満開です!
NHK昨年の朝の連ドラ「おひさま」のタイトルバックの綺麗な蕎麦畑を見せてくれていた所と同じ場所です。昨年訪ねた時に春の菜の花も綺麗と聞いたので楽しみにしていました。確かに綺麗ですね!
IMG_9867.jpg

先の写真は高原に入ってすぐの道を右手に登って行った所の畑ですが、曲がらずに真っすぐ奥まで進んだ場所からの写真がこれです。土が目立ちますね。しっかり咲いていたのは先ほどの一面だけでした。これでも昨年よりは良く、昨年はシカに食べられて殆ど全滅だったそうです。来年は3倍にはしたいと言われていました。美しいっ景色も多くの人の努力があって出来るのですね。
IMG_9922.jpg

ほぼ同じ位置から撮った、昨年の9月の写真です。見渡す限り全面に蕎麦の花が咲いていました。いつか菜の花もこんなに広く咲くと良いですね!!
IMG_0009_20120906231448.jpg

中山高原を後にし、更に少し進んだ4ツ角を過ぎたあたりも、田圃や菜の花が綺麗です。
IMG_0014_20120701234224.jpg

八重桜を添えて(雪山爺ヶ岳と菜の花の明暗差が大きく色が綺麗に出ませんでした)
IMG_0046.jpg

カメラマンも次々に訪れます
IMG_0021_20120701234223.jpg

その後、大町ダム、竜神湖周辺の新緑を撮り、その帰路で綺麗な田圃を再び
IMG_0148.jpg

更に豊科まで来て、白壁とナマコ壁のお蔵を発見。
IMG_0222.jpg

豊科IC手前で、少し色付いた爺ヶ岳と鹿島槍。
今日は一日中見えていてくれてありがとう!!!
IMG_0226.jpg

以上です。この時期も信州は綺麗ですね!

では、次からはスペイン&リスボンをお届けします
プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR