FC2ブログ

中国桂林&龍脊棚田

スマホではインターネットモードで見て下さい。黒背景に緑字です

2009年5月17日~20日にかけて、桂林の川下りと、龍勝・龍脊の棚田の景観を妻と二人で訪ねました。川の水量があり、且つ田植え前後の風景を期待してこの時期を選んだのですが、逆に桂林ではしっかり雨に降られ、レンズを拭き拭きの辛い条件でした。棚田もまた霧の晴れ間を縫っての写真になりましたが、かえって幻想的とも言えるかも!

今回は広州にいる知人宅に投宿し、そこから小旅行に出る形です。二人とも中国語は全く話せないので、日系の現地旅行社に、日本語が話せる案内人と車を手配してもらって、2人だけの専用車と専用案内人によるVIP旅行です。3泊4日で広州から桂林の往復フライト代と宿、食事代を含めて2人で約9万円と物価の違いで可能になりました。まずは、写真を見てください。


<桂林からは漓江(リコウ)下りで陽朔へ(ヨウザク)>
桂林市内で1泊し、翌朝川下りへ。悪天候で、なお一層水墨画の世界です。
IMG_3487.jpg

IMG_3255.jpg

IMG_3298.jpg


遊覧船は下の写真の様な比較的大きな船で昼食付です。
一部の欧米人Grは紙袋に入ったランチパックを持ちこんでいました。
口に合わない?それとも衛生上心配?かは不明。
IMG_3212.jpg

小さな船もいます。太い竹を十数本束ねて作った筏の上に、普通のイスを固定した様な4~6人乗りの船も多い。好天なら楽しそうですが、この日の水量と天気では、少し怖い印象です。
IMGs_3307u.jpg


2~3時間の船旅後、宿泊地陽朔へ。夜は有名な映画監督イ・モウ氏監督の水上劇を観る予定でしたが、雨量が多過ぎ中止になってしまい残念!


<龍勝・龍脊の棚田(中国では梯田と記載するようです)>
翌朝は良い天気。車で桂林に戻り、そのまま龍脊棚田方面に向かいます。桂林までは高速道路を走りましたが、両側の景色は川下りと同様のモッコリとした形の小さな山の間を縫って行きます。桂林から龍勝までは普通の平坦地の一般道になりますが、途中一か所で休憩。ここは、いわゆるニーハオトイレでした。

下左写真の場所は、龍勝棚田地区の入り口で、ここで入場料を払う。一般交通機関バスは乗り換える模様。ここで右写真の昼食を摂りましたが、名物の竹筒ご飯、椎茸焼、野菜の炒め物、卵焼きなど品数も多く、いづれもとても美味しかった事が嬉しい驚きでした。以前訪ねた九寨溝では食べられるものが殆ど無い経験をしたので心配でしたが、ここの食事は日本人向きです。竹筒ご飯は、日本の赤飯と中華ちまきの中間で、赤飯に近い印象です。初めに出てきた竹筒ご飯や椎茸焼は、食べ掛けで減った後の写真です。
IMG_3571u.jpg IMG_3580t.jpg

更に上った車の終点がこの門。龍勝棚田地区内の平安村、龍脊棚田の入り口で、ここからは歩いて登って行きます。
IMG_4111.jpg IMG_4111v.jpg

足に自信の無い人は駕籠を頼むことも出来ます。
本によれば120元とか? 小雨の中の駕籠の様子。
IMG_4110t.jpg IMG_3670t.jpg

30分程でホテルor民宿集落に着きます。そのすぐ上に目的の展望台、
「七星伴月現景点」があります。ここからは見渡す限り棚田が続きます。
IMG_3681a.jpg

IMG_3702.jpg

IMG_3694t.jpg

IMG_3821a.jpg

斜面に沿って細い田圃、丸い田圃が、どこまでも続きます。
標高は900~1000m。雲(霧?)の合間に素晴らしい景色が見られます。
人が、牛が農作業をしているのが見えますか?
田植の多くは2週間ほど後になるようです。
IMG_3686a.jpg

IMG_3763a.jpg

IMG_3626.jpg

IMG_3796.jpg

IMG_4071.jpg


ホテル平安酒店の外観。
欧米人も泊まる唯一?のホテル。 ホテルの部屋からみた集落。
IMG_4090t.jpg   IMG_4088t.jpg

部屋は白木の壁の綺麗なツイン。
バスタブは無いがシャワーと水洗トイレ付きです。 食堂も綺麗でした。
IMG_3878.jpg  IMG_3879.jpg


これが棚田の地図。Pから歩いてNo.2展望台の手前にホテルがあります。
No.1展望台は雲の中でした。30分程待っても何も見えずに退散。
IMG_4112t.jpg

桂林からの日帰りツアーも多くあるようですが、天候によっては絶景を見ずに帰ることになります。1泊してチャンスを2倍にすることをお奨めします。朝焼けや夕焼けも見られれば最高ですしね。稲刈りの頃の黄金色の棚田も綺麗でしょうね!また訪れたい所です。
スポンサーサイト

tag : 川下り 棚田 田植え 初夏

家事 庭の改装芝減

GWを活用して、庭を改装。痛んだ芝生の面積を減らしてレンガと砂利に変更しました。と言うのも事実ですが、本音は草取りを減らして時間の節約をすることです。この庭にして約20年、それなり草取りも頑張ってきましたが、だんだんカタバミ他に浸食されて、益々草取り時間が必要に。綺麗な芝生は大好きですが、時間優先に変更!もっと大切な何かをするために!

       Before                     After
芝生が痛んでいます。輪郭検討中   雨上がりで、芝生他も色がしっとり
sMG_0001.jpg sMG_0002.jpg


完成した全体像
IMG_4038t.jpg

まず図書館で庭の写真集を借り、デザインや施工方法を調べ、タイルやレンガ屋さんに行って材料を確認して実施。レンガや砂利の下には、防草シートなるものを敷いてあります。初めて使用しますがこのシートの効果に大いに期待するところです。

<参考 手順>
・芝生を掘り返し、ひっくり返して土を乾燥させる
・翌日、ひっくり返った芝生をしごいて、土を落とす
・芝生は捨て、土はふるいに掛けて、細かい芝や草を取り除く
・土を均らして平らにし、その上に「防草シート」を隙間なく敷き詰める
・シートの上からレンガや砂利を入れ完了
・費用:防草シート 1x10m      980円 ちょうど1巻使い切りました
    レンガ    55個x98円= 5,390円
    半レンガ  50個x88円= 4,400円
    砂利10kgx36袋x298円=7,748円  総合計 18,518円

掘り起した芝生を逆さにし土を乾燥させる。乾いたら土を落として芝は処分。
          IMG_4009.jpg

土を篩にかけ芝や雑草を除去  土を均し防草シートを敷きレンガや砂利を
IMG_4011t.jpg IMG_4024t.jpg


以上です。これで楽になるかな?

桜他 白馬長野の春

昨年のGWに、先輩と二人で訪ねた、松本から白馬、長野にかけての桜、水芭蕉、福寿草、座禅草などの写真をお届けします。一泊二日、約700kmの小旅行でした。

先ずは松本の西、三郷(ミタケ)村の「小倉の桜」です。比較的早咲きなので前回は散り果てていましたが、今回は残っていてくれました。あいにくの雨の中ですが初めて見ることが出来ました。大きくて形の良い一本桜です。
IMG_5112d.jpg

光城山(ヒカリジョウヤマ)の登山道途中からの一枚。山頂までの登山道がずっと桜並木と素晴らしい。
スライド1

池田町 陸郷の桜仙峡です。山膚に桜の木が点在する独特な風景。真昼の光なので美しさは今一つ。
IMG_5193c.jpg

大町公園も、満開間近でした。沢山の人が昼食の宴の準備をしていました。
IMG_5206.jpg

居谷里(イヤリ)湿原の水芭蕉。期待と異なり花は少しだけ。入口の地図看板をしっかり見て探しましたが、これだけしか見つからず。でも逆光に透ける白と緑は美しい。
IMG_5269.jpg

姫川源流の福寿草です。左の枯葉の中の花が本当の姿です。雪の中から顔を出す花を探しましたが残念ながら見つかりません。雪を運んで撮ってみました。やや不自然ですが、雪が良く似合います。いつか本当に雪から顔を覗かせた福寿草を撮りたい。
IMG_5330mt.jpg   IMG_5301.jpg

<宿>
今回の宿は、白馬村のペンション「トマト」さんです。いつものようにジャランの評価点とクチコミをチェックして迷わず選択。部屋はやや女性向けの可愛い内装のツイン。夕食はフルコースです。お風呂は岩風呂と近代的なタイル風呂の二つで、どちらも4人程度と大き目。岩風呂はドアを開けると露天風呂も付いています。タイル風呂は、窓が床から天井まで全面ガラスの折戸になっていて、そのままでも湯船から外が見えますが、折り戸を畳めば屋根あり壁無しの半露天風呂になります。食堂にはジャズが流れ素敵な雰囲気。これで9,400円程度と絶対お奨めの宿です。写真がなくてゴメンナサイ!

青鬼(アオニ)から。白馬の桜は未だ蕾。そこでバックに白馬岳が見えることで写真好きには有名な高原状の青鬼(アオニ)へ。
IMG_5343dc.jpg

青鬼から降りてきたところに鉄道写真にぴったりの場所があります。折角なので1~2枚と思っていたら幸運にも電車が来てくれました。幸運に感謝しつつバシャバシャ!
IMG_5388t2.jpg

座禅草です。その姿からついた名前とのこと。中が暗いのでフラッシュ使用。(飯山の座禅草園)
IMG_5454c.jpg

白馬を後にし、オリンピック道路を東へ向かい長野市の東の高山村の桜を撮りに。途中の須坂市で桃畑を発見、おばあさんが長い棒を使い受粉しています。
IMG_5489c.jpg

高山村の「水中(ミズナカ)の枝垂れ桜」です。1本に見えますが2本です。
IMG_5520c_1.jpg

下から仰ぎ見て撮影、花が少ない印象。未だ5分咲きなので満開に見てみたい。反対向きに撮ると雪山がバックに入るのですが、この日の午後は山が霞んでいました。午前中がお奨めです。
IMG_5531c.jpg

最後に「黒部の枝垂れ桜」です。ちょうど周囲に菜の花も咲いていました。
IMG_5697t.jpg

GWに何度か辿っているコースですが、今回は早めの印象でした。もう少し遅いと松本周辺のリンゴの花、白馬地方の桜とコブシなども迎えてくれます。この時期の信州は何時訪ねても、花一杯です。

パリ おしゃれな街1

ちょっと古いですが、パリのおしゃれな風景をお届けします。
最初の写真は、有名なシャンゼリゼの写真です。右端の遠くにみえるのは凱旋門です。左側に巨大なカバンが見えます。何だかわかりますか?

シャンゼリゼ

写真は下から見上げたもの。ルイヴィトンのカバンです。中身は? 右側に見える組み立てた足場です。ルイビトンのお店が改装工事の間、足場が直接見えないようにカバンに見せたものです。日本であればブルーシートか○○建築とか書かれたシートで覆われるところですが、さすがはパリ、素晴らしくオシャレですね!
見上げて

結構迫力がある大きさでしょう!
迫力の大きさの金具

3日後の写真ですが、右側のカバンも完成間近です。
完成間近 at 2004.2.27

9月の写真です。カバンの一つが新製品に変わっていました。この方が夏向きですね.
夏バージョン at 2004.9.28

夜景も良し
夜景

いかがでしたか? 本当にオシャレな街ですね!


雪の穂高と白骨温泉

2か月前になりますが、前から気になっていた白骨温泉を、雪の中に訪ねました。評判通り素晴らしい温泉でした。そして翌日は全くの快晴! 予定を変更して新穂高ロープウェイに乗り、真っ白い穂高連峰の美しさを堪能しました。

<白骨温泉>
3月4日、乗鞍高原、同スキー場を経由して雪道を下り白骨温泉、白船荘へ。天気曇りのち雪、気温ー8℃。すぐに温泉に浸かりました。硫黄が香る白濁したお湯、お湯の成分が沈着し鍾乳石でできたのではと思わせる湯船。とても風情ある温泉でした。胃腸病に効き、「3日入れば、3年は風を引かない」とか。

P3050944t.jpg P3050948t.jpg
左:男性用露天風呂、内風呂からの渡り廊下が20m程あり寒過ぎでしたが、湯船に入れば天国!
右:朝食、名物の温泉粥は左上、やや苦みがあるが美味しい。右上は豆乳湯葉だったかなぁ?


高価な印象のある白骨温泉ですが、冬季は限定お値打ちプランが用意されていました。白船荘の場合、ジャランで見ると最安が1.3万円。決めようかと思ったのですが、念のために宿のWEBをみると冬季限定1.1万円プランがあったのでこれにしました。カード支払い不可など特別プランですが、内容には満足できました。お奨めです。

白骨温泉と言えば泡の湯さんが有名ですが、ジャランのクチコミを読んで今回は白船荘に決めました。泡の湯の最大の魅力の混浴大露天風呂(特殊な浴衣ほか女性も入りやすく配慮)に興味はありましたが、源泉温度が低く目で、この季節は寒いとの記載が多くあったためです。実際、泡の湯に泊まったと言う若いカップルと翌朝お会いしたのですが同様の発言でした。ジャランさんには、いつも適切な情報をいただき感謝していますヨ!


<新穂高ロープウェー展望台>
翌日は素晴らしい天気に恵まれました。途中駅の蕎麦屋さんによれば今年の土日で晴れた日は初めてではないかとのこと。私も、過去2回の冬は全く何も見えない世界でしたので3度目の正直でした。雪山に加えて、展望台横の散策路が雪の回廊になり楽しい。山は天気が最高のご馳走です!

IMG_3453.jpg
ロープウェーから撮った西穂高

IMG_3430.jpg
散策路から西穂高アップ

IMG_3399.jpg
展望台からの西穂高岳:手前に雪の回廊状の散策路、稜線右上に西穂高山荘が見えますか?

IMG_3388.jpg
西穂高山荘です。下りロープェーで、山荘から下山して来たと言う元気な山おばさん達に出会いました。
私も夏には3度ほど行ったことがありますが、冬はとてもとても。


IMG_3323.jpg
ロープウェイからの槍ヶ岳(一番左)

IMG_3422.jpg
雪の回廊状の散策路:晴天の下の散策はとても清々しかった!

IMG_3404.jpg
展望台から笠ヶ岳方面:ロープェーを入れて

IMG_3478.jpg
ロープウェーを降りて、笠ヶ岳

IMG_3479.jpg
同じく笠ヶ岳方面

素敵な冬の2日間でした!

tag : 雪景色

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃  日の出   夕日 初秋 水芭蕉 葡萄畑 富士山 星空  遺跡 霧氷  枝垂れ桜 合掌造 花桃 光芒 稲刈り 朝焼け  山歩き 藤棚  水鏡 祭り 茅葺屋根 小鳥  山車 ソバ畑  ワイナリー 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR