FC2ブログ

白駒池の紅葉'19#1

スマホではインターネットモードorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

今回は、乗鞍岳の紅葉を撮りに行った翌日、10月10日に訪ねた
北八ヶ岳の白駒池の紅葉をお届けします。

例年9月末に見頃を迎える白駒池ですが、今年は遅れているとの
情報を受けて、10日に行ってみましたが、正解!
丁度見頃を迎え、赤、黄、緑と鮮やかな彩りが水面にも!
D75_5407.jpg


10月9日に乗鞍から諏訪に移動。市内の公園で車中泊し
翌朝、コンビニで温かい食料を買って、麦草峠に向かいました。
もうすぐ峠と言うところで、道端が真っ白だったので、撮ってみました!
ここも2000m近い標高なので、朝はしっかり冷えました!
D75_5373.jpg

7時過ぎ駐車場について入口を7時半頃に通過しました。
D75_5379.jpg

暫く林の中の木道の道を進みます。林のは
D75_5380_20191206000240637.jpg

池まで15分程、林の中を歩きますが、その林は苔むす林!
地面は殆ど見えません。霧が多いためでしょうか?
苔が好きな方にはお奨めの林です!
D75_5832.jpg

最初に下の地図の「青苔荘」の前のボート乗り場の桟橋に行きました。
map_shirakomaike.jpg

桟橋が見えました!標高2113m、既に綺麗に紅葉しています!
D75_5766.jpg

桟橋から西向きに白駒荘の方向を見た写真です。
D75_5448.jpg

ボートもあります!
D75_5464.jpg

ここの赤い葉は、ドウダンツツジが主体です!ドウダンツツジは
モミジよりも色付くのが早いようです!この風景が白駒池の紅葉の
最も代表的なものと思います。水面に白いホースが見えるのは
少し残m年。巻頭の写真もここで撮ったものです。
D75_5410.jpg

同じ桟橋から東側を撮ったもの
D75_5795_201912060006397d3.jpg

青空に映えます!
D75_5806.jpg

この後、湖畔の木道沿いに西の白駒荘に向かい、
東向きに見た白駒池の紅葉風景を撮影。
更に、少し山登りして高見石まで往復しました。
その様子はその#2で次回お伝えします。

以上です。


スポンサーサイト



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

蓼科の小鳥

スマホではインターネットモードorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
今回は、8月初めに蓼科で撮った小鳥たちの写真を紹介します。

最初の写真は「ウソ」の雄です。のど元が赤いのが目印です。
ひまわりか何かの種を頬張っていてカワイイですね!
DSC_1039.jpg

蓼科のペンション歩絵夢ポエムさんで撮らせてもらいました。
食堂の前のデッキの端に小鳥の餌箱が設置されているお陰で、
比較的近くで撮ることが出来ました。3m程離れた場所から
105~450mズームで撮影しました。
DSC_1044_20191017233305bdd.jpg

これはウソの雌と思われます。のど元の赤色はありませんが
くちばしは短く、頭が黒く、羽と尾の先が黒い。
DSC_1054.jpg

これもウソの雌と思うのですが、頭が黒くないですね?
DSC_1068.jpg

次は、カワラヒワでしょうか?羽と尾の一部に黄色い部分があります。
ウソよりも用心深く、近くに来てくれず且つ頻繁に動いてしっかり撮れず。
DSC_1059.jpg

さて以下の3枚は同じ小鳥ですが、名前が分かりません!
近くによっても飛び立たず、撮り易かったのでウソの雌とも思いましたが
色が先ほどの写真のものに比べると茶色が強く、頭も黒くない。
身体を丸めていて、とても可愛かったのですが!
DSC_1000.jpg

餌を食べているところです。
DSC_1012.jpg

枝に止まる寸前?飛び立つ直前?どちらか覚えていませんが
羽を閉じた状態で浮いているのが面白い映像です!
DSC_1077.jpg

次の2枚も名前が分かりませんでした。ヒバリ?スズメ?シメ?
早朝に、車山肩のニッコウキスゲの花畑のすぐ横にいました。
この鳥も3m程度まで近づいても、そのままいてくれたので
しっかり撮ることが出来ました。
D75_4491.jpg

雌を呼んでいるのでしょうか?鳴いている姿!
D75_4494.jpg

次は、再びウソの雄です。車山を登り始めた時に見つけました。
柵があって近寄れなかったので、ザラザラ画像です。
DSC_1276_2019101723524218e.jpg

飛び立った姿!
DSC_1358_01_2019101723524355d.jpg

車山周辺のハイキング中、蝶々深山への登り口付近で撮影!
ヒバリ?スズメ?シメ?でしょうか?
DSC_1430_2019101723524563f.jpg

小鳥も可愛いですね!しかし、小鳥の撮影に本格的に取り組むには、
もっと長い望遠レンズが不可欠!当然ですが、かなり高額なものになります。
と言うことで、今回の様に近くで撮れる機会があった時のみの予定です。
名前が分からず、ごめんなさい。ご教示いただける方が見えましたら
連絡していただけると嬉しく思います!
以上

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 小鳥

車山高原ハイキング

スマホではインターネットモードorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
8月2日は、車山高原をハイキングすることにしました。
ニッコウキスゲの花が丁度満開で迎えてくれました。
今年は少し遅れたことが幸いでした!
DSC_1303_20191014103515ce3.jpg

下の車山のハイキング図で、中央下にある車山肩1802mHに車を止め
ニッコウキスゲを撮影したあと、図の右手の車山山頂へ。
図上の青い点線に沿って右上に下って行き、左に曲がって
車山乗越を越えて蝶々深山に登り、少し戻って左の車山湿原
の上の道で沢渡に下り、車山肩に登る一周2時間半ほどの
コースを歩きました。
車山高原map

早朝に撮ったニッコウキスゲ。
D75_4529.jpg

10時15分頃に車山肩を出発。右手、霧ヶ峰方向を見下ろした風景。
DSC_1332_20191014103516b23.jpg

車山肩の駐車場他。右奥の平らなところは八島湿原です。
DSC_1335_2019101410351859d.jpg

山頂の手前で右手を見下ろした風景。車山周辺は一面
芝生の箱庭みたいな風景で、好きな場所です!
DSC_1374_20191014103519234.jpg

山頂1925mHに到着です。気象レーダー観測所があります
DSC_1383_20191014103646ba8.jpg

山頂で暫く休み、軽くおやつでお腹を満たし、反対側から下りました。
少しカスミががっていましたが、うっすら白樺湖が見えます。
DSC_1398.jpg

暫くは階段状の道です。右端に見えるT字路で左に曲がります。
DSC_1407_20191014103649408.jpg

車山乗越を越えて、蝶々深山への緩い上り。
DSC_1440.jpg

蝶々深山の山頂です1836mH。上から見てもなだらかな北方向。
DSC_1446_20191014103652f1e.jpg

登った道を引き返して下りました。下った所で、右に曲がると
車山湿原の北側を回る道にでます。
DSC_1466.jpg

車山湿原から車山肩を見上げた風景です。
DSC_1478.jpg

綺麗な蝶が止まっていました!アサギマダラのようです。
DSC_1489.jpg

喫茶店やホテルのある沢渡サワワタリ1655mHまで下って、登り返します。
車山肩の少し手前で振り返った風景です。14時半に戻りました。
DSC_1506_201910141109353ef.jpg

前二日の乗鞍岳、蓼科山で脚力の衰えを痛感してしまったので
三日目のこの日は、緩やかな車山周辺のハイキングに変更しました。
夏真っ盛り、緩やかでも汗びっしょりで2L近くの水分補給をしつつ
一周しました。どっちを向いても、とても綺麗なハイキングコースです!
以上です

蓼科山登山

スマホではインターネットモードorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

乗鞍岳に登った翌日、8月1日は蓼科山に登りました。
下の写真は、朝食前にペンション村の上の方まで車で
行った時に撮ったもの。ここからは丸っこい頂上に見えますが
一般的にはもう少し平らな頂上の形が有名な山です。
DSC_0977.jpg

ペンション村の麓に位置する歩絵夢ポエムさんに宿泊。
朝食前に車でペンション村を一回りしました。
最初に登りの林で、朝日燦燦と光芒状態で綺麗でした!
DSC_0950.jpg

7:30からの朝食を済ませた後、登山口に向かってビーナスラインを
北上します。すぐに右手に湧き水がありました。女の神氷水メノカミヒョウスイ
との看板、反対の左手に数台分の駐車スペースがあります。
DSC_1094.jpg

更に進んで左側に夕陽丘展望台に寄りました。
広大な森!奥に見える山の一部が草原に見えますが、
しらかば2in1ツーインワンスキー場です。青空のもと綺麗な風景です!
DSC_1106.jpg

3カ所ある登山口の中で、近くて標高差の少なめな7合目登山口
から登りました。一の鳥居をくぐって出発。
蓼科スカイライン沿いの駐車場は2カ所で100台近く止められそうでした。
DSC_1114.jpg

最初は笹の中の砂利道で傾斜も緩く歩きやすかった。
DSC_1124.jpg

暫く進むと、苔むした世界に!
DSC_1158.jpg

苔も緑で綺麗ですね!
DSC_1136_2019100211213851f.jpg

傾斜がややきつくなって暫く、吹き出す汗をぬぐいながらすすむと
少し視界が開けました!振り返った風景です!
DSC_1176.jpg

再び林の中の道をどんどん登ります。
DSC_1188_20191002112143c3f.jpg

急に開けた場所は将軍平です。蓼科山荘があり冷たいものも
入手できます。帰りに林檎アイスクリームを買いました。
登りは、小休止でビスケットと水分補給で済ませました。
DSC_1196.jpg

将軍平からは大きな岩がごろごろの急登になり、鎖場もありました。
DSC_1202.jpg

転ばないように岩の間をゆっくり登っていき、とうとう山頂に到着!
遠くから見た形の様に、山頂は広い平らな場所ですが、大岩ゴロゴロ!
山頂の縁を一周して景色を楽しみたかったのですが、疲れた足では
この歩きにくい、場所を一周する元気は出ませんでした!
DSC_1218.jpg

あいにく、雲が掛かり、絶景とは行きませんでした!
IMG_20190801_121045.jpg

隣の北横岳が見えてきましたが、この程度まででした。
疲れた割には、ご褒美は少なかったですかね!
IMG_20190801_123257.jpg

今回の山旅は、体力の確認が一つの目的でしたが、結果はガッカリ!
登りはゼーゼーハーハー!汗は吹き出し休み休みやっとの思い。
特に比較的緩い将軍平までは沢山の人に抜かれました。
逆に将軍平よりも上の大岩ゴロゴロの急登で抜かれたのは一人。
下りも殆ど抜かれるませんでしたので考えてみると。
結論は、体力が大幅に不足。普通に登る時に体力不足で休み休みになり
大幅に遅くなり皆に抜かれてしまう。大岩の急登だと、更に遅くなるが
一般の人もゆっくりになるのでそれほど差がでない。
下りは、体力の影響が少なく、更に差が付きにくい。と理解。
いづれにせよ、体力、脚力のアップが出来ないものか?
具体的方法を検討してみる必要がある事が明確になってしまいました。
以上です

車山の晩秋'18

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
11月15日
帰りの日ですが、折角なのでビーナスラインを通って車山と霧ヶ峰を
見て帰ることにしました。

車山肩の近くまで来ると、予想外の美しい風景に出会えました!
木々に霧氷が着いていました!下の写真は車山肩に車を止め
少し登った所です。
D75_9733_t

以下の写真は、この日の道順に紹介します。
先ずは昨日泊まったペンション「オテル・ド・ミノワール」の玄関前の
落ち葉です。一本だけ綺麗な彩りのモミジが残っていて、ハラハラと
散りつつ、その足元はとても綺麗でした。
D75_9578.jpg

ペンションを発ち、まずはすぐ近くの女神湖へ行ってみましたが
こげ茶色とグレーの世界、写真は割愛します。
白樺湖畔へ下ったあと、車山を目指してビーナスラインを上りました。
少し登った駐車場で、変わった風景に出会いました。
近くはススキ野原ですが、谷の向こうの山肌の木々は真っ黒!
理由は分かりませんが、見たことのない異様な風景と感じます。
一番奥の山並みは八ヶ岳のシルエットです。
D75_9592_201901122016492cb.jpg

白樺湖を見下ろす方向の風景です。
白樺湖の右側も黒い山肌ですね!
D75_9602.jpg

更に少し登った駐車場から右の山を見上げると
車山山頂近くの気象レーダードームが見えました。
白樺の木は既に落葉してましたが、なぜか枝先が赤茶色に!
D75_9613.jpg

車山のスキー場を通り過ぎ、更に登って行くと景色が一変!
霧氷です!やった!嬉しい想定外です!谷側の木々です。
D75_9681.jpg

山側の風景。霧氷のススキが原!
D75_9685.jpg

アップ! 輝いてます!
DSC_5938.jpg

ススキのアップ!綺麗~!
DSC_5962.jpg

車山肩の駐車場に車を止めて、歩いて散策。
車山山頂方向です。
D75_9707.jpg

谷側です。
D75_9721.jpg

車山方面。左の頂部が台形の山は蓼科山です。
D75_9725.jpg

斜面の低木も、真っ白!
DSC_5986.jpg

白樺林も真っ白!
DSC_6034.jpg

左手に少し登った所から、再度車山方向。
D75_9731.jpg

車山、行ってみて大正解でした!この後、気分良く帰途につきました!
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 霧氷

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR