FC2ブログ

車山の晩秋'18

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
11月15日
帰りの日ですが、折角なのでビーナスラインを通って車山と霧ヶ峰を
見て帰ることにしました。

車山肩の近くまで来ると、予想外の美しい風景に出会えました!
木々に霧氷が着いていました!下の写真は車山肩に車を止め
少し登った所です。
D75_9733_t

以下の写真は、この日の道順に紹介します。
先ずは昨日泊まったペンション「オテル・ド・ミノワール」の玄関前の
落ち葉です。一本だけ綺麗な彩りのモミジが残っていて、ハラハラと
散りつつ、その足元はとても綺麗でした。
D75_9578.jpg

ペンションを発ち、まずはすぐ近くの女神湖へ行ってみましたが
こげ茶色とグレーの世界、写真は割愛します。
白樺湖畔へ下ったあと、車山を目指してビーナスラインを上りました。
少し登った駐車場で、変わった風景に出会いました。
近くはススキ野原ですが、谷の向こうの山肌の木々は真っ黒!
理由は分かりませんが、見たことのない異様な風景と感じます。
一番奥の山並みは八ヶ岳のシルエットです。
D75_9592_201901122016492cb.jpg

白樺湖を見下ろす方向の風景です。
白樺湖の右側も黒い山肌ですね!
D75_9602.jpg

更に少し登った駐車場から右の山を見上げると
車山山頂近くの気象レーダードームが見えました。
白樺の木は既に落葉してましたが、なぜか枝先が赤茶色に!
D75_9613.jpg

車山のスキー場を通り過ぎ、更に登って行くと景色が一変!
霧氷です!やった!嬉しい想定外です!谷側の木々です。
D75_9681.jpg

山側の風景。霧氷のススキが原!
D75_9685.jpg

アップ! 輝いてます!
DSC_5938.jpg

ススキのアップ!綺麗~!
DSC_5962.jpg

車山肩の駐車場に車を止めて、歩いて散策。
車山山頂方向です。
D75_9707.jpg

谷側です。
D75_9721.jpg

車山方面。左の頂部が台形の山は蓼科山です。
D75_9725.jpg

斜面の低木も、真っ白!
DSC_5986.jpg

白樺林も真っ白!
DSC_6034.jpg

左手に少し登った所から、再度車山方向。
D75_9731.jpg

車山、行ってみて大正解でした!この後、気分良く帰途につきました!
以上です
スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 霧氷

諏訪_仏法寺の銀杏'18

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
11月14日朝、宿泊したテラス蓼科の玄関前に9時集合で
初めて1デイトリップに連れて行ってもらいました!

この日は山梨県の昇仙峡と県立美術館ですが、その前に
近場の紅葉が見頃な場所として、諏訪市内の仏法寺
(仏法紹隆寺)に立ち寄ってくれました。

遠くから、山の手に黄色に輝く大銀杏が見えていました。
門の手前から見上げた写真。
DSC_5482PS4.jpg

門をくぐって境内の風景。ハラハラと散りつつある葉が見えるでしょうか?
DSC_5558PS4.jpg

大きな銀杏の木、右に回って少し離れてやっと撮れた全体。
樹齢220年程度、幹の周囲は4mを超えるとの看板がありました。
DSC_5554PS4.jpg

門に向かう方向から
DSC_5490PS4.jpg

門を入って、その左から
DSC_5517PS4.jpg

地面は殆ど見えません!黄色い絨毯が敷き詰められた境内も綺麗でした!
最高の見頃タイミングと思います。運転手さん兼案内役さんに感謝感謝!
DSC_5512PS4.jpg

反対側から見ても、一面の銀杏の落ち葉!
DSC_5502PS4.jpg

朝陽を浴びて、とても綺麗でした!
DSC_5519PS4.jpg

銀杏って、葡萄の房の様に実るのですね?初めて見ました!
DSC_5507PS4.jpg

手を清める水は、亀の口から出るようですね。
手水舎チョウズヤと呼ぶとのことです。
DSC_5533PS4.jpg

庭木の緑葉の上にも黄色い模様が!
DSC_5563PS4.jpg

塀の外には、見頃のモミジが1本!
DSC_5565PS4.jpg

赤い葉、黄い葉、緑の葉、コントラストも綺麗でした!
DSC_5571PS4.jpg

後日WEBをみたところ、このお寺は西暦806年頃に征夷大将軍、
坂上 田村丸によって開基されたとのことで由緒あるお寺でした。
9時40分過ぎに、仏法寺を出発し、昇仙峡に向かいました。
以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 銀杏

蓼科の夏'18

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
ニッコウキスゲが見頃との情報を見て、蓼科に行ってきました。
7月18日朝の風景です。

最初の写真は、今回の目的のニッコウキスゲのアップです!
1日だけ咲く花だそうでです!
D75_7330.jpg

7月17日の夜、家を出発し0時過ぎに霧ヶ峰の駐車場に到着。
いつもの様に車中泊です。この時期ですから先客も数台いました。
朝5時に目を覚ますと薄っすら霧が出てましたが天気は良さそう。
すぐに車山肩に車で向かいました。肩の駐車場から売店建屋の右を
登って行き左を見ると、小高い丘の部分にニッコウキスゲが
いっぱい咲いていましたが、ロープ柵と電線柵の二重の柵の中。
鹿などの動物から守るには止む無しですが、写真好きには残念!
D75_7171.jpg

丘に登りながら振り向いて車山の山頂を見ると未だ霧がかかっていました。
足元の草の露が光っていたので一緒に撮ってみました!
左側、霧の向こうで平らな頭を突き出しているのは蓼科山です。
D75_7005.jpg

柵の中は沢山咲いていました!
D75_7050.jpg

丘の頂部から西を見た写真。一番奥に見える山並みは
北アルプスです。左の穂高から中央辺りの槍ヶ岳まで見えます!
一番手前から一段低く下がったところに平らな部分があり、その右側に
芝生の平原の様な場所が見えますが、後で訪ねる八島湿原です。
D75_7166.jpg

一旦駐車場に戻り、車山方向を見ると、こちらにもニッコウキスゲの
花畑が広がっていたので行ってみました。
D75_7226.jpg

二重の柵が近い所があったので、ワイヤーの間から
やや見上げる方向でパチリ!
D75_7205.jpg

右を向き見下ろす方向での一枚!満開です!
D75_7208.jpg

上の方から駐車場の方向を撮った風景。
D75_7199.jpg

車山肩から車山スキー場の方向に車で下って行くと
蓼科山が見えたので一枚!
D75_7232.jpg

霧ヶ峰に引き返して、左折し池野クルミの湿原です。
乾燥してきているのでしょうか?中央にも小振りの白樺が!
D75_7244.jpg

再び引き返して霧ヶ峰から八島湿原に行きました。
ニッコウキスゲと共に!
D75_7285.jpg

シモツケ草もあちこちで咲き、ピンクが目立ちました!
D75_7294.jpg

良い色ですね!
D75_7300.jpg

霧ヶ峰周辺の夏景色でした!各種の花が咲き綺麗でした!
この後、白馬地方の八方尾根に向かいました。
次回紹介します。
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : ニッコウキスゲ シモツケ草

高ボッチ'17冬#2

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
先先回、高ボッチからの諏訪湖の夜景富士山の写真を
紹介しましたが、朝焼けの頃には富士山頂に雲が掛かったりしたため
12月22日にもう一度行ってみました。

今回は少し遅く到着し、最初の写真は0時51分撮影です。
星が見えますが、富士山や南アルプスは、本当に薄っすら!
月が無く、暗い夜でした。この時点では先回の方が綺麗かな!
D75_2607_at.jpg

アップの写真ですが、富士山のシルエットは殆ど見えません!
D75_2614.jpg

次の写真は朝5時26分撮影。車中泊して5時の目覚ましで
起床して早速撮影開始です。寒いっ!
富士山のシルエットははっきりして来ました。
D75_2658.jpg

5時46分、朝焼けが始まりました!
今回は雲もなく、星も見えてとても綺麗でした!良し良し!
D75_2675.jpg

5時48分、街灯が未だ明るく点灯してくれていて良かった!
富士山の右上の水平な灯りの線は飛行機です!
D75_2678_201802042121499a9.jpg

少しアップ! 空の青さが見えなくなるので上の写真の方が
綺麗でしょうか!?
D75_2680.jpg

日出の頃。大アップすると富士山の表情も見えてきました!
朝の煙も立っています! 6:49
D75_2763_at.jpg

南アルプス、左のピークが甲斐駒ケ岳です。
D75_2755_at.jpg

帰り間際の1枚。先回同様に左上から朝日が射し込み
綺麗でしたが、この風景は先回の方が綺麗でした!
D75_2784.jpg

先回の12月3日は、朝焼けがちょっと残念だったのですが
今回は満足できました!来て良かったなあ~!
逆に夜中は先回の方が明るく綺麗でしたので2回とも
それぞれに有効でした!
この後の雪の状況から、高ボッチへの道は25日から冬季の
通行止めになりました。(塩尻市WEBサイトより)

さて満足して麓に降り、軽い朝食を取った後、
中央道を東京方面に向かい、韮崎から国道52号線で南下し
太平洋岸のさった峠に向かいました。
次回は、さった峠からの富士山と車のライトが織りなす
夜景をご紹介します。
以上です。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 富士山 夜景

高ボッチ'17冬#1

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
5月に訪ねた高ボッチに12月3日(2017年)、再び行ってみました。

最初の写真は、到着してすぐの3日0時6分に撮ったもの。
上部中央やや左に富士山が薄っすら映っていますが見えますか?
諏訪湖周辺の夜景はとっても綺麗でしたが、富士山との間に
幾つかの雲が左右に伸びており、この後どうなるか心配です!
D75_2335_20180116230827e22.jpg

0時13分の少し引いた全体風景です。富士山は雲に隠れてしまいました。
夜の撮影は諦めてここで終了。車中泊のシェラフに潜り込みました。
D75_2340.jpg

4:45けたたましい目覚ましのベルで目を覚ますと車の窓は
内側がガリガリと凍っていました!寒かった訳です。すぐに外へ
出て富士山を見ると大丈夫、見えました。早速撮影開始です!
街灯りも未だしっかり輝いています!朝焼けを待つばかり!
D75_2354.jpg

5:38、バックの東の空が赤くなってきました!
ただ、富士山のすぐ上に傘のような小さな雲。その上には空いっぱいに
真っ黒い雲が広がっています。雲よ、降りて来るな!
D75_2388_01.jpg

5:51、更に明るくなってきました。
D75_2400_01.jpg

富士山をズームアップ!
D75_2402.jpg

目いっぱいアップ!6:09です。
DSC_6440.jpg

その後、とうとう富士山山頂に雲が掛かってしまいました。6:56です。
これ以上待っても美しい風景は無いかな?大方のカメラマンが
去った後、また少しドラマが起きました。朝の黄色がかった
太陽光が左上から右下へ斜めに、クッキリと射し込んで来ました!
D75_2501.jpg

アップです。これもなかなか綺麗な風景でした!
粘っていて良かった~!山頂の雲がちょっと残念でしたが。
DSC_6536.jpg

諏訪湖と富士山の撮影を撤収し、帰る前に大きな駐車場の
ある西側の展望台から北アルプスの山並みがクッキリ。
北西方向の白馬三山です。7:29
DSC_6578.jpg

高ボッチ高原からの諏訪湖と富士山の早朝夜景
今回は富士山は見えたのですが、その上の空全体に
黒い雲が掛かり、今一つでした。でも、まずまずと思うことに
しましょう!高ボッチへ登る道は雪が積もる冬は閉鎖される
ので、もう一度来れるかどうかは微妙なところです。
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 夜景

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え  夜景  初夏  世界遺産 田圃 棚田  日の出 夕日 水芭蕉  初秋  葡萄畑 富士山 星空 霧氷  遺跡  合掌造 花桃 枝垂れ桜 山歩き 水鏡 光芒 茅葺屋根   祭り 朝焼け 稲刈り 小鳥 藤棚 ソバ畑 御嶽山  ワイナリー  山車  合掌造り ライトアップ 落葉松 川下り しだれ梅 草紅葉 氷河 立ち枯れの木 ワインヤード 水映り 落ち葉 そば畑 桜、 ツツジ 日の入り サツキ  コブシ シドニー 蒸気機関車 ブナ林 稲架かけ 茅葺  絵画 渓流   夜祭 蕎麦 雲海 竹灯り  チロル ニッコウキスゲ ラベンダー フェルメール 砂丘 流氷 日出 林檎の花 イチョウ ツララ ブルーベリー 宿場 吊り橋 庭園 冬、 動物園 航空写真 北アルプス 春の花 高原 お花畑 雪景色、 欧州アルプス  白藤 鍾乳洞 おひさま わさび田 道祖神 じゃがいもの花  年末 蒸留所 イルミネーション 銀杏 ススキ ビール麦 夏山 港町 氷の像 欧州の旧市街 電飾 宮殿 ダム ニッコウキスゲ 白馬三山 シモツケ草 鵜飼い 夜桜 キツツキ  月明かり  SL 河津桜 ヒヨドリ 鉄道 列車 お茶畑 オジロワシ 二輪草 渓谷 ホタル 花弁の絨毯 幻日 稲田 登山    朝露 メジロ 氷の造形 赤そば 月明り 公園 睡蓮 アヤメ モルゲンロート 大垣市 りんご 福寿草 雷鳥 モネ 雪下ろし 新年 深緑 山藤 ダイヤモンドダスト 床もみじ  年賀 晩秋 温泉 ジャガイモの花 枝垂れ桃 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR