FC2ブログ

香嵐渓の新緑'19

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
GW中に国道153号線を北上するドライブに出かけ
山菜を購入して帰るのが我家の恒例となっています。
例年は4月30日か5月1、2日(2019年)の平日扱いの日に行くのですが、
今年は10連休で平日が無い。いろいろ都合もあって3日に行くことに
したのですが、混雑が予想されるので比較的近場の香嵐渓と
奥矢作まで行って帰る計画にしました。

今回は、紅葉で有名な香嵐渓の新緑風景をお届けします。
幸い一番近い東岸の駐車場に止めることが出来て
南向きに歩き始めるとづっと新緑のトンネルの中を歩きます。
DSC_9808_01.jpg

少し進んで、右手にある朱色の待月橋の上に出て南方向の写真。
こいのぼりの下で、多くの家族連れが乙川で川遊び!
DSC_9811_201905262217216be.jpg

最初の道に戻り、更に進むと茅葺の家。新緑も茅葺とよく合います!
DSC_9819.jpg

河原に少し降りて、窓を見上げると、窓に新緑が映り
とっても綺麗でした! 電灯は室内の灯りです。
DSC_9825.jpg

振り返り気味に山方向を撮ったもの。小さな黄色い花と新緑の世界!
DSC_9845.jpg

対岸にも一軒の茅葺屋根の家が新緑に囲まれています!
河原も賑やかでした。アマゴつかみも開かれていて、串刺しで
焼く良い匂いが漂っていました。
DSC_9852.jpg

広場に出ると、テントがいっぱい!
DSC_9859.jpg

奥に進んで振り返ると順光になり青空も輝きます!
DSC_9871.jpg

足助屋敷の茅葺の屋根と新緑!
DSC_9882.jpg

駐車場に戻って、片栗の山をバックに香嵐渓の看板。
DSC_9919.jpg

最後に旧国道153号線の橋の上からの一枚。
濃い緑の山の手前に新緑の木々、朱色の待月橋そして水鏡!
綺麗ですよね!大好きな風景です!
DSC_9926.jpg

紅葉の名所な香嵐渓ですが、新緑も美しいですよ!
紅葉は感激する?興奮を覚える?美しさ、
新緑は癒される美しさと感じますネ!

以上です
スポンサーサイト



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 新緑

名古屋城本丸御殿

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
4月1日(2019年)に桜が満開の名古屋城に行ってきました。
桜と天守閣は先回紹介したので、今回は、本丸御殿の内部を紹介します。

実は昨年、桜が終わったすぐ後の4月13日に名古屋城に来ています。
天守閣が工事閉館されると聞いて、その前に天守閣に登りに
来たのですが、その時は逆に本丸御殿は、未だ一部公開でした。
完成後に訪れるのは初めてになります。

靴を下駄箱にしまって表書院へ。謁見に用いられた部屋とのことですが、
一之間、二之間、三之間、上段之間があります。
金の障壁画に、シンプルな格子の天井、その天井にマッチさせた様な
シンプルな縦格子の欄間。スッキリとした美しい部屋です。
一之間を通して奥隣の上段之間の、床の間の壁に描かれた松が見えます。
DSC_9097_20190514172712131.jpg

一之間の西から、東向きの写真。障壁画には川のほとりに
花が咲き、雉とクジャク描かれていますが、クジャクは日本に居た?
DSC_9100.jpg

対面所は割愛して、いよいよ今回初めて訪れた上洛殿へ。
昨年6月に公開されました。徳川3代将軍、家光が上洛するときに
泊まった場所とのことで最も贅をつくした建物になります。

先ずは南面の廊下。天井の格子は黒漆塗り。金と彩の彫刻欄間があり、
左の外に面する部分は幾何学模様の木肌格子、
右の部屋との障子の上部の壁にも金の蒔絵と超豪華です。
人がいっぱいなので、上部のみ撮影。
DSC_9151.jpg

欄間のアップ!
DSC_9146.jpg

上洛殿三之間?金色に塗られた彫刻欄間には驚かされます!
天井も格子が漆で塗られ金具で止められています。
DSC_9104_20190514172715488.jpg

上洛殿二之間?
DSC_9113_20190514172716370.jpg

そして上洛殿一之間。金塗りの彫刻欄間の中の鳥には
鮮やかな色付けがされていて、更に豪華で美しいですね!
天井も一段高くした黒漆塗り折り上げ格子天井。
奥に見える部屋は、上段之間です。
DSC_9121.jpg

上段之間の床の間の絵。
DSC_9132.jpg

上段之間、西の廊下から東向き。
天井は中央部がもう一段上がって、各格子の中に蒔絵が描かれている
黒漆塗り二段折り上げ蒔絵付き格子天井とのこと。
DSC_9142.jpg

壁画
DSC_9141.jpg

ふすまも漆塗りの横木が配された豪華なもの。
DSC_9147_t.jpg

漆塗りの枠にも模様が書かれ、取っ手がまた豪華!
DSC_9148.jpg

柱の接合部の化粧板も超豪華です!
DSC_9149.jpg

本丸御殿、美しい木目の木肌と金、漆を多用した超豪華な御殿でした。
一見の価値ありです!料金は名古屋城の入場料600円のみで
本丸御殿では追加料金はありません。
以上です

名古屋城の桜'19

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。
4月1日に名古屋に行く機会があったため、ついでに
の名古屋に行ってみました。

最初の写真は、本丸御殿の入口横近くから撮った天守閣です。
もほぼ満開!
DSC_9156.jpg

次からは、順路に戻って紹介します。
地下鉄を市役所前で下車し、北に歩いて信号を越えた所で
金鯱横丁の宗春ゾーンの前へ!水の無い堀と石垣。
堀の菜の花と石垣上のが綺麗でした!
DSC_9030.jpg

石垣の内側へ入る通路から南向きの風景です。
DSC_9035.jpg

同じ場所から、北側の風景です。
DSC_9039.jpg

西に進んで、料金所のある東門をくぐり、まっすぐ進んで
表二の門です。右に曲がってあの門から本丸御殿や天守閣に
行きます。
DSC_9054.jpg

本丸御殿は次回紹介します。今回は通り過ぎて
天守閣の見える場所へ。左下に見える平屋が本丸御殿の一部です。
天守閣の右側に半分ほどの高さの四角い建物はエレベーターです。
DSC_9094.jpg

天守閣は木造への造り替えのため、既に閉館になっています。
DSC_9159.jpg

手前を右に曲がって、堀を渡ります。
DSC_9166.jpg

堀の外、西南からの天守閣。金鯱が輝いています!
DSC_9085.jpg

正門近くから、西南隅櫓と天守閣!
DSC_9087.jpg

正門から東門に通じる東西の大きな通り。
両側に屋台店が沢山出ていました。
DSC_9089.jpg

上の通りの南側に堤があり、その南は堀。
堀の向こう側にはがいっぱいでした!
DSC_9060.jpg

堀に沿って、ずっとです!
DSC_9076.jpg

正門から出て、堀を横に見たてす。
DSC_9190_20190512235123e35.jpg

名古屋の桜、お堀の外側に多くあり、堀の緑や、菜の花の
黄色と合わせて、とても綺麗でした!天守閣バックの桜を撮りたいと
思っていましたが、そういう場所は案外少なかった印象です。
考えてみれば、天守の周りに桜をたくさん植えるニーズは無いのでしょうね!

正門を出たのが13時近くでお腹がペコペコ!近くの金鯱横丁、義直ゾーン
に寄りましたが、どのお店も行列が出来ていて、かなり待たされそう!
どうしようか?と思いながら歩いていると、矢場豚のお店の前で、
串カツを売っていたので、これで一時しのぎとして帰りました。
金鯱横丁でお昼を食べるには、時間をずらす必要があるようです!
以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag :

デンパークの春'19

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

3月25日(2019年)、雪柳や桜を期待して、デンパークとその北西の
東墨田川の河原に行ってきました。

最初の写真は、デンパークの外、河原の道越しにデンパーク方向を
写したもの。S字カーブの道沿いに真っ白な雪柳と
ピンクの濃い陽光と言う桜がまだ小さいながら満開でした!
300m程度は続いており気持ちの良い散歩道です。
桜の木が大きくなったら素敵な道になるでしょうね!
DSC_8781.jpg

河原の道を進んで、デンパークを見た風景。川の向こう側、
デンパークのフェンス沿いにも陽光桜と雪柳が満開でした。
DSC_8784.jpg

デンパークのトラムが走って来ました!
DSC_8785.jpg

更に北東に進んで、デンパークのビアガーデンが見えます
DSC_8786.jpg

河原を歩いた後、デンパークの中へ!
園内の川沿いの道に行くとトラムが音楽を流しながら近づいて
来ました。フェンスの外には陽光桜が満開です。
DSC_8791.jpg

子供遊園地の新しいジャングルジム?人気あります!
DSC_8829.jpg

4階建て?になっているので、面白そうですね!怖がる子もいるかも?
DSC_8815.jpg

鉄砲山と呼ばれる島には恐竜展が来年の3月まで開催中とのこと。
島の外からちらっと見えました。人が近づくと感知して吠えて
首やシッポを振るなど動きを見せる様でした。
DSC_8970.jpg

鉄砲山に登ってみると、ふれあい広場が開催されていて
大きな亀がいて、子供たちが遊んでいました。
DSC_8837t.jpg

恐竜展の入り口は鉄砲山の上にありましたが、今回はパス。
下った所にも小さめの恐竜がいましたが、これは動きませんでした。
DSC_8845.jpg

猫柳?の新芽でしょうか?小鳥の様で可愛かったのでパチリ!
DSC_8842.jpg

ステージでは猛禽類のショーが開かれていたので、座って見学!
DSC_8857_20190504205729f5e.jpg

ステージと観客席を鷹が行ったり来たり!お客さんの頭すれすれの
高さで飛んで行きます。
DSC_8911_20190504205732864.jpg

白いフクロウも飛びます。顔が飛んでいるみたいで不思議な印象です。
DSC_8885_201905042057319f2.jpg

ショーのあと、温室によって見ると、カワイイ木彫りのフクロウがいました。 
DSC_8966_20190504205734f5a.jpg

園内、温室内には、いつも通り季節の花々が綺麗に咲いていましたが
今回は、園内は花以外を紹介しました。

以上です。


テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

岡崎乙川沿いの桜'19

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

北海道の冬景色を紹介している間にGWになってしまいました。
遅くなりましたが、今年最初の見として3月15日に行った
岡崎市の乙川沿いの河津を紹介します。

一番に西の端近くにある辰巳会館2Fテラスから東を見た風景です。
川津は色が濃く、きれいです!
DSC_8761.jpg

東の端の橋まで並木を歩いたあと、西に向かって撮りながら
下に降りたり、上がったりしながら戻りました。
DSC_8739.jpg

タイミングとしては、ちょっと遅めで葉がちらほら見えますが
新緑でもあり、これもまた奇麗でした!
DSC_8749.jpg

いろんな人が思い思いに楽しそうでした。
DSC_8736.jpg

バックが辰巳会館です!
DSC_8747.jpg

濃い目のピンク!
DSC_8742.jpg

メジロがいました!
DSC_8724.jpg

すばしっこくて、ちょこちょこ動くので、撮りにくい!
蜜を吸っているところです。
DSC_8725.jpg

ヒヨドリです。
DSC_8727_201904290005274ef.jpg

少し大きめで、メジロに比べるとじっとしている時間があり
撮りやすい鳥です。
DSC_8743.jpg

この枝にはしばらく止まっていてくれました!
DSC_8757.jpg

報告が、今頃?になってしまいましたが、今年も乙川沿いの
川津はきれいでした!
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 小鳥

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR