FC2ブログ

木曽駒ケ岳の冬'17#2夜空

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
今回その#2では、3月16日夜の木曽駒ケ岳・千畳敷からの
写真を紹介します。

19:11の宝剣岳と星空です。この日の月の出は21:25頃、
それまでは新月状態で多くの星を撮ることができました!
綺麗でした! 天の川も薄っすら!とっても寒かったですが!
D75_2110_8cumOya.jpg

以下は、撮影順に紹介していきます。
ホテルの夕食は18時から。ここでは夕日は撮れないので、
18時には食堂へ行き、さっさと夕食を済ませ、アイゼンや
カメラカバーなど準備をして外へ出ました。
下の写真は18:42撮影です。まだ残っている空の明るさに加え
ホテルの灯りが雪面を照らしてしまいます。
D75_2077.jpg

18:53。山頂付近から上に向ければ、星も増えてきました。
点線に見えるのは飛行機の航跡です。
D75_2093a.jpg

19:03。星を多く入れるため縦位置にしてみました。
D75_2101a.jpg

左方向に構えなおして、極楽平方向です。
中央辺りに冬空の主役、オリオン座が見えますね!
その左の極端に明るい星は、シリウスでしょうか?
右の山肌が明るいのはホテルに近いからです。
D75_2139a-10cumOy.jpg

22:19。月齢17.5の月明りに照らされた千畳敷カール。
独特な雰囲気がありますが、星は想像通り見えなくなりますね!
D75_2150.jpg

22:50.星空を主体にしてみましたが、星が殆ど見えません。
原版ではもう少し見えますが、この画素数では悲惨な写真に!
D75_2186.jpg

23:00。反対を向いて、谷側です。
駒ケ根の街灯りの向こうに南アルプスのシルエットが綺麗でした。
D75_2200.jpg

木曽駒ケ岳・千畳敷の夜、いかがでしたか。月が出る前は
さすがに多くの星をしっかり撮ることができました!
次回は17日の日の出前後の様子をお届けします。
以上です。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 雪山 星空 月明り

木曽駒ケ岳の冬'17#1

スマホの方はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
今回から3月16、17日(2017年)に訪ねた木曽駒ケ岳の千畳敷の
様子をお届けします。ロープウェイで手軽に行ける2600mの雪山です。
今回は、千畳敷で唯一の宿泊施設、千畳敷ホテルに一泊して、夜空や
日の出を撮る旅です。その#1では昼間の風景を、その#2で夜空を
その#3で日の出前後風景をご紹介します。

では昼間の風景を見て下さい。
16日14:40、千畳敷から見上げた宝剣岳です。
山頂近くは急斜面で雪がつかずに岩がむき出しになっていました。
真っ白く滑らかな雪面に厳しくそびえる宝剣岳、とても綺麗でした。
D75_1981.jpg

ここからは撮影順に紹介します。大きな建物がロープウェイの駅です。
左下のトンネルから人が出てきていますが、ここが駅の出口であり
左手前で映っていないホテルの出口も兼ねています。
D75_1983_01.jpg

千畳敷のカール全景。中央辺りに二人の方が雪上の散策をしています。
その右に登山者が登り降りした軌跡が見えます。D75_1998.jpg

反対の谷側、東側の風景です。駒ケ根の街の向こうに南アルプスの
山々が美しい姿を見せてくれていました。足元の風紋を添えて!
D75_2013.jpg

南アルプスのアップ、左のピークが甲斐駒ケ岳2970mH、
その右が千丈ケ岳3032mH、更に右の北岳に続きます。
D75_2018.jpg

甲斐駒ケ岳、鋭く尖って形が良いですね!(450㎜相当で撮影)
DSC_0564.jpg

宝剣岳よりも左側、極楽平方面から下山した方がいるようです。
雪崩に注意の看板がありましたが、ちょっと怖い印象です。
D75_2051.jpg

下の写真は、二日目17日の朝の写真です。この日も快晴!!!
3人の方が登っています。上の二人の方はスノーボードを
もっている様でした。写真に写っている上部の峠近くはかなりの急斜面です。
DSC_0764_20170325222910ca0.jpg

始発のロープウェイが上がって来ました。
南アルプスも綺麗に見えます。左から2番目に、富士山が小さく淡く!
D75_2369.jpg

最後の一枚は、帰り際、駅への入り口で振り返って撮ったもの。
身長ほどの高さの看板がここまで埋もれています。積雪1m程?
D75_2360.jpg

いつも通り週間天気予報を見つつ好天を狙って行ったのですが、
山の上も予報通り、快晴で素晴らしい天候に恵まれました。
真っ青な空の下の真っ白い世界、風の音しか聞こえない千畳敷は
とても綺麗でした。

実は、宝剣岳の裏側の迫力のある風景も撮りたいと思って、
右の峠まで登ろうかとも考え、アイゼンだけでなく、スノーシューも
入れた大きなバッグも持って行ったのですが、実際に千畳敷の
カールをみて、ちょっと怖くなって止めてしまいました。
アイゼンはホテル周りを歩くにも役立ちましたが、スノーシューは
全く使わずじまい。軟弱ですね!

次回星空や、月あかりの宝剣岳など紹介します。
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 雪景色 雪山

マウントクック(NZの黄葉#4

スマホではインターネットモードで見てください!黒地に緑字です。
テカポ湖を8時半過ぎに出発し、マウント・クック(Mt.クック)に
向かいました。まずは8号線を南西に進みワカティプ湖の南にでます。
すると一気に視界が開け、湖とその先にMt.クックが姿を現します!
車を止められる場所を探し1枚。次々に車が止まってしまいました!
D75_2702.jpg

ワカティプ湖の南端にあるi に寄った後、暫くは左岸沿いの80号線を
北に進みます。ところどころ、少し色づいた木々がありました。
D75_2738_.jpg

30km程の湖岸の後、湿地帯になりますが、Mt.クックはずっと見えます。
D75_2777.jpg

傘雲が掛かってきました。富士山と同様に雨になるでしょうか?
Mt.クックはNZ最高峰で、3724mHとのこと。
D75_2763_.jpg

今回は、まずタスマン氷河とタスマン湖を見る短い山登りに行きました。
途中にあるブルー湖です。少し前に左への分れ道がありましたが、
下の写真程度遠目で見るなら氷河展望台への道からも見えます。
D75_2796.jpg

更にタスマン湖展望台に向かって進み、振り返った風景です。
登ってきた道が見えます。向こうは湿地帯。
D75_2802_.jpg

タスマン湖展望台に到着。逆光で湖面がキラキラ!ですが
氷河が見えませんね!向こう岸の湖面は幅広く直線になっていますが
そこは氷河の先端です。氷の壁が薄っすら映っているのですが。
そしてその先の山間部分は氷河ですが、砂を被っていて真っ黒。
D75_2805.jpg

右手を見ると、順光になりタスマン湖に浮かぶ氷河の破片がクッキリ。
D75_2807.jpg

車でMt.クック村へ行き、先回同様ハーミテージホテルのレストランへ。
ランチ$15程度で普通でした。ここでも中国の旅行者が目立ちました。
日本からのツアーの方にもお会いしました。
テラスから見えるセフトン山の氷河です。
D75_2823.jpg

右端がMt.クック。左のセフトン山他には雲が覆いかぶさって来て
滝の流れの様です!
D75_2828_.jpg

先回6年前は、フッカー谷トレッキングを歩きフッカー湖まで行きましたが
あいにくの天気でMtクックは全く見えず。一泊し翌日も早朝は全く見えず
帰路の途中から何とか見ることができたのを思い出します。
今回は美しい黄葉には、あまり出会えませんでしたが、好天に恵まれて
Mt.クックの雄姿を一日中見ることができました。
富士山とほぼ同じ標高ながら、富士山のあの穏やかで優美な姿とは
対照的、険しい山容といくつかの氷河を持つMt.クックも魅力的な
山でした。

以上です。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 黄葉 雪山

ブルー湖、コーニュ

副題:ドロミテ、チロル、フランスアルプスの10日間#13終

ツアー8日目は午前中に新雪をまとったマッターホルン、イタリア側の
モンテチェルビーノの美しい姿をじっくり見ることができました。
午後は、逆さモンテチェルビーノが見えると言うブルー湖Lago Bluを訪ねます。
中腹に雲が掛かってしまいましたが、湖面にもクッキリと映って感激です!
DSC_6136.jpg

縦の方が良いかな?青い空に白銀の!幸運でした!
DSC_6131.jpg

ブルー湖から見た、モンテチェルビーノ
DSC_6155.jpg

反対側に回ると、ブルー湖自体がとても綺麗な湖と分かりました!
DSC_6107.jpg

風と強い日光で、さざ波がつくる光の模様の変化が綺麗でした!
DSC_6127.jpg

魚もいました
DSC_6109t.jpg

その後は、アオスタの南10km強のコーニュCogne1534mへ。
気持ちの良い広~い草原の向こうにグランパラディーゾ4061mが見えます。
アオスタ州の観光案内WEBからの抜粋を下に引用しておきます。
「コーニェはグラン・パラディーゾ国立公園の最大の拠点。
ヨーロッパの最大高草原の1つ、サントルソ草原の端に位置しています。
景色が美しいこのリゾート地は、同国立公園へのアクセスが便利なことは
もちろん、楽しい時間の様々な過ごし方を提供することでも人気があります。
冬はクロスカントリースキーの王国となり、スキーやスノー・パーク、馬そり、
雪山への散歩なども楽しむことができます。夏はいろいろなスポーツに
チャレンジするのもよし、多彩な花を散りばめた草原でのんびりするのも
よし、自分に合ったひと時を探してみてください。高植物に興味がある
ならば、1000種類以上を紹介する「パラディシア植物園」は、きっと気に
入っていただけるはず。」
DSC_6238.jpg

市街地の広場。十字架の水飲み場?は棺桶型?の水槽が受けていました?
何となくドラキュラの世界の様に感じますが、由来は聞きませんでした。
DSC_6225.jpg

コーニュの市街地を散策した後、ドライバーさんの好意で近くの
リラツLillaz滝を追加で訪ねました。コーニュ観光案内一押しの
場所とか。落差も大きく、なかなかの滝でした!
スローシャッターで絹糸のように!滝の上まで行ける遊歩道を
登って見ましたが、滝はやっぱり下から見上げるものですね!
DSC_6286.jpg

滝壺の近くでは虹が発生! 薄いですが!
DSC_6287.jpg

駐車場への帰り道、ヤナギランの綿毛が逆光で輝いていました!
DSC_6264.jpg

そして、昨日シャモニーから殆ど見えなかったモンブラン、
ここイタリアから、モンテビアンコとして遠景ですがクッキリ!
DSC_6261.jpg

そして9、10日目で帰国しました。帰りの飛行機で隣になった方は
他社ツアーでチェルビニアが私たちの1日前、そして雪。
ブルー湖の横のホテルに宿泊したのに2日とも、全く見えなかったと
嘆いていました。ちょっと申し訳ないような気になりますが、の観光は
本当に天気次第ですね!私達もトレチーメ、ルガーノ湖、シャモニー&
フェレ渓谷では雨に会いましたが、いずれもある程度は見ることが
出来ましたし、カレッツア湖、ゼーフェルダーヨッホ、
チェルビニアでは最高の天気、その他もまずまずの天候に恵まれ、
素敵な風景の中を歩くことができました。食事に豪華さはありません
でしたが、美味しいものが多く、楽しいツアーでした。
企画、添乗員さんと旅仲間の皆さん、そして天候に感謝!
このツアーは、私のブログタイトルにピッタリ、「美しい風景を求めて」
のツアーでした!お奨めです!

既に11月中旬と遅くなってしまい、皆さんの周りも秋の彩が強くなって
来たこの頃と思います。次回からは日本で一番早い北海道の大雪山
紅葉写真をお届け予定です。

以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 雪山

モンテチェルビーノ

副題:ドロミテ、チロル、フランスアルプスの10日間#12

ツアー8日目、実質的に観光としては最終日。あのマッターホルンの
イタリア側の麓、チェルビニアCervinia2050mに向かいました。56km
絶好の天気の下、期待が膨らみますが、駐車場の手前で視界が開けると
一斉に「ワ~!」と歓声。素晴らしい風景に出合うことが出来ました!
街の手前の駐車場から、このパノラマ景観です!昨日の雨は、山では
雪だったようで真っ白な新雪を被った山々は、最高に綺麗でした!
右端がマッターホルン、イタリア語のモンテチェルビーノ M.Cervinoです。
DSC_5851.jpg

その左側
DSC_5854.jpg

アオスタのホテルを朝8:30出発。絶好の観光日和です。
道端の畑のスプリンクラーも活気があり輝いて見えます!
DSC_5829.jpg

そしてチェルビニアの入口の駐車場での景観が巻頭のマノラマ写真です。
駐車場から歩いて街を通り過ぎ、なだらかな麓を登って行きました。
DSC_5886.jpg

ハイキングの目的地、戦死者への慰霊碑のある場所でした。
A perenne memoria di tutti i caduti del "M.Cervino"と刻まれて
いました。他に大きな十字架や、小屋もあるちょっとした平な場所でした。
DSC_5918.jpg

その後は自由行動となり、私たちはロープウェでプランメゾンへ行くことに
しました。このロープウェイを乗り継いでいくとグレーシャーパラダイス
展望台に行けるそうです。スイスのチェルマットから行ける展望台として
有名ですが、通り抜けで行けるとは。一番近道でしょうね!?!
(スーツケース持っても行けるのでしょうか?と興味が湧きます)
下に見えるのはチェルビニアの街並み
DSC_6006.jpg

ロープウェイを降りたプランメゾンからの北方向のパノラマ!
(ダブルクリックで大きなサイズに成ります)
パノラマ#3b

これがモンテチェルビーノ、マッターホルン4478mです!
全体にはピラミッド型ですが、先端が二つに。随分印象が異なります!
DSC_5951_2015110623354755f.jpg

山頂を大アップすると、ここにも十字架があるんですね!
大きさは分かりませんが、運んだ人がいるのですね!?!
DSC_5974.jpg

右手、東の風景。左の白い山がブライトホルン、
その右がグレーシャーパラダイス展望台3883mです。
今回ツアーで二人の方が、あの展望台まで行って来ました。
最初の散策を開始するタイミングで、分かれて出発し、集合時間
ぎりぎり時間内に間に合いました。3時間程度だったかなあ?
DSC_5954.jpg

ブライトホルン山頂4164mへの登山者が見えます。雪が今にも
崩れそうにも見えますが、高低差300mです、登って見たいですね!
DSC_5975.jpg

モンテチェルビーノの左には氷河も見えます!
DSC_6043.jpg

下の写真は、4年前スイス、ゴルナーグラッド付近から見た
マッターホルンです。反対側から見た姿を想像するのは難しい!
チェルビニアは反対側の左、時計で言うと10時位に位置します。
IMG_7483.jpg

同時期に、リッフェルベルグから見たマッターホルンの朝焼けです。
IMG_7129.jpg

やあー、良かった!雪化粧のモンテチェルビーノをクッキリと見る
ことが出来ました!この好天に感謝!

イタリア側にも逆さチェルビーノで有名な湖があるそうです。
次回は、そのブルー湖他を紹介します。
以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 雪山

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR