FC2ブログ

白山ホワイトロードの秋'18

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

10月22日、白山ホワイトロードの紅葉を撮りに出かけました。

最初の写真は、岐阜県の白川郷側の入り口から入って
直ぐの白川郷展望台の木々です。駐車場から歩いて道を渡り
少し階段を登った所です。赤い葉は少なかったですが黄色が
綺麗でした。8時20分頃。
D75_7927.jpg

いつもの通り前日の夜に家を出発し、今回は道の駅「白川郷」で
車中泊しました。ホワイトロードのゲートが開く7時を目指して出発。
ところがゲートは閉まっていて二台目!7時開通は前日の日曜日迄で
この日からは通常通り8時オープンとのことでした。尚ゲート手前の
トンネルの更に手前に2台ほど車が止まっていましたが、雲海目当て
の車だそうです。

さて展望台からブナ林の中の散策路に行ってみました。
こんな感じのちょっとした山道でした。
D75_7952.jpg

見上げると、青空の下、朝の太陽に照らされ黄葉が光ります。
D75_7962.jpg

次は栂の木台展望台からの風景です。9時45分
左の山の斜面に日が当たり始めて、強い陰影が出ています。
D75_8076.jpg

左の斜面のアップ!黄葉の木々の中に散り果てた木も多く見えます!
D75_8080.jpg

近くの白山展望台では、スポットライトに照らされた木々も綺麗でした!
D75_8105.jpg

下の写真は名前は分かりませんが大きく左カーブする場所でのもの。
右斜面を見上げると美しい彩で満たされていました。
D75_8150.jpg

少し右側の状況。10時15分です。
D75_8153.jpg

とっても綺麗でした!
D75_8313.jpg

更に進んで、「ふくべの大滝」です。落差86mとのこと。
ここは急カーブの場所で駐車場も狭めなので、
この日もすこし渋滞が発生していました。昨日の日曜日は
長蛇の列になったと思われます。11時半。
D75_8316.jpg

更に進んで「姥ケ滝」を車道から見下ろした写真です。
標高が下がってきた場所のせいか、赤系の色は殆ど見えず!
D75_8354.jpg

姥ケ滝は駐車場から歩いて滝つぼ近くまで行くことが出来ます。
かなり下るので往復すると30分弱かかりますが、行ってみました。
写真の手前側には、トイレを備えた展望台があり、足湯や露天風呂も
あり、どちらも何人かの方々が入っていました。
売店はありませんのでご承知下さい。12時半
D75_8419.jpg

姥ケ滝のあと更に進んで石川県側の入り口近くまで行き
Uターンして帰りました。料金所を出なければ片道料金で
OKと言う、有難い運用です!
帰り道、トンネルの中からの紅葉風景も綺麗です!14時半
D75_8505.jpg

雲が出てきて、日が陰りましたが、しっとりとした彩もまた良し!
D75_8590.jpg

アップで! 15時過ぎ
D75_8591.jpg

10月22日の白山白川郷ホワイトロード、今年は赤系の色が少ない
印象でしたが、時期的には見頃、それなりに美しい風景に出会うことが
出来ました。
以上です
スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉

立山室堂→弥陀ヶ原’18秋#3終

スマホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

10月3日立山室堂から弥陀ヶ原トレッキングのその#3、最終回です。

室堂平から弥陀ヶ原に下る間に、天狗平、鏡石平そして獅子ケ鼻平と
3つの平原があります。言い換えるとその間の4つの段差を下ります。
この中で、上の二つはそれほど急ではなく見晴らしも効きますが、
鏡石平から獅子ケ鼻平下への下りは急坂の林の中の道になり
展望の良い場所は残念ながらありませんでした。登りのバスが
一旦停止してくれた場所が、一番広大な高原全体を見渡せる
場所の様です。帰った後、グーグル地図と写真を重ねた画像で
バスが止まった場所を探すと、今回歩いた道から少し横道に
それれば行ける場所でした。残念!
風景目的で行かれる方は是非事前に調べておくことを
お奨めします。私も次回があれば絶対行ってみたいと思います。

さて、その#3では、このコースの一番の難所、獅子ケ鼻平から
弥陀ヶ原へ下る、谷越え、鎖付きの岩場の様子と弥陀ヶ原の
様子を紹介します。
下の写真は、谷へ下りきった所から獅子が岩の下りを見上げたもの。
鎖の着いた急坂が見えますが、写真では見えない部分まで
ずっと岩場で濡れているので滑らないように注意が必要です。
DSC_5077_20181109161002111.jpg

谷に降り対岸に渡ると、暫く谷沿いに進みます。
下の写真は、振り返って、後から来るグループを撮ったもの。
DSC_5081_20181109161003417.jpg

見上げると黄葉がとっても綺麗でした!
DSC_5087.jpg

谷に下った半分ほど登ると、いよいよ弥陀ヶ原にでます。
弥陀ヶ原に出て、右手の紅葉の木々!
DSC_5104.jpg

右前の草原
DSC_5151.jpg

暫くまっすぐ進み十字路で左に曲がって弥陀ヶ原ホテルの方に
進みます。所々に餓鬼田があります。左上の風景。
DSC_5184.jpg

上の写真と同じ方向のアップ!中央に見える谷の向こうが
獅子ケ鼻平。その先に見える林の帯が鏡石平に上がる段差です。
DSC_5202.jpg

弥陀ヶ原ホテルの近くまで来て振り返った風景。
午後になって雲が出てきました。
弥陀ヶ原は沢山の人がいて賑わっていました。12:20頃です。
8:30頃に室堂を下り始めたので3時間50分程かかりました。
コースタイムは3時間ですが、写真を撮りながら途中パンなども
食べてのゆっくりハイキングです。ちなみに標高は室堂が2450m
弥陀ヶ原1930mです。
DSC_5208.jpg

弥陀ヶ原ホテル周辺の紅葉は見頃でした!
DSC_5251.jpg

ここもとっても綺麗でカラフルでした!
DSC_5295.jpg

弥陀ヶ原ホテルで一休みと思ってロビーに行くとほぼ満員。
紅葉&草紅葉が見頃の久々の晴天の一日、皆さんの思いは同じ!
コーヒー,紅茶が750円!ケーキ700円とお値段はなかなか!
黒板にお奨めとしてビーフシチュウ1300円、パン添え1800円とあり
コスパの良いビーフシチュウを頂きました!美味しかったですよ!

バスの予約をして、待ち時間の間、周辺をもうひと歩き。
少し下にも奇麗な紅葉が!
DSC_5415.jpg

更に少し下った所
DSC_5417.jpg

引き返してバス停から車道を少し登って弥陀ヶ原を見下ろした
景観。雲が平原を覆い出しました!
DSC_5323.jpg

貴重な好天の一日、室堂平→弥陀ヶ原の美しい風景を見ながら
ハイキングを楽しむことが出来ました。心地良い足の疲れを感じつつ
15:15発のバスに乗り、美女平へ、そしてRWで下山。立山駅で
ソフトクリームを食べて、この日は国道41号線で高山へ。
高山で車中泊して帰りました。

以上

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 草紅葉

立山室堂→弥陀ヶ原'18秋#2

ホの場合はインターネットorPCモードで見て下さい。黒地に緑字です。

10月3日の立山室堂から弥陀ヶ原への、紅葉草紅葉を求めての
トレッキングの様子、その#2を紹介します。

立山高原ホテルの手前を左に進み、車道を越えて天狗原山荘の
前を通って再び車道を越えた辺りから、餓鬼田ガキダのある
草原が見下ろせました。弥陀ヶ原の一段上の獅子ケ鼻平で
しょうか?一面の草紅葉が綺麗でした!
DSC_4770.jpg

やや左を見た風景。ここは更に一段上の鏡石平と思われます。
DSC_4826.jpg

アップで撮ると黄葉した低木が見えました。
DSC_4784_201811091553514c3.jpg

草紅葉の草原の中、ずっと木道を下って行きます。
DSC_4833.jpg

ところどころに緑の這い松と黄葉の木々が点在してます。
DSC_4856.jpg

低木の林の中を木道が通る場所もあります。ナナカマドは真っ赤!
DSC_4941.jpg

低木の林を抜けると、紅葉と黄葉、それに草もみじ!
DSC_4967.jpg

右手の山肌も彩豊かに迎えてくれました!
DSC_4971.jpg

更に下った、左側も、彩豊かでした!
DSC_4988.jpg

一段低い弥陀ヶ原が見えてきました。
建物はバス停横に建つ、弥陀ヶ原ホテルと展望立山荘です。
DSC_4998.jpg

左側
DSC_5025.jpg

正面を見下ろすと弥陀ヶ原が一望できます。
DSC_5039.jpg

アップ!今から下って正面の道に行きます!
DSC_5041.jpg

但し、弥陀ヶ原との間には谷があり、一旦大きく下って、
登らなければなりません。しかも下りは、鎖付きの岩場です。
この様子は次回#3終で紹介します。

以上

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 草紅葉

三河湖周辺の秋'17

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
先回紹介した三河湖の周辺の秋の写真を紹介します。
三河湖を作る羽生ダムの前側で麓の広場にある銀杏、モミジの紅葉で有名な
野原川、両者の中間の羽生ダム下流の乙川の紅葉と朝霧です。

最初の写真は三河湖からの帰り道、目に留まった乙川対岸の
銀杏の葉の黄色い絨毯です!訪ねる人が殆どいないと思われる
場所なので、もったいないなあ~と思ってしまいました。
D75_1317_.jpg

三河湖の羽生ダムの下まで降りて来ると正面に対岸に
下の写真の景色が目に飛び込んできました。
四本の銀杏の木が並び、左から順に落葉して斜面が黄色く
彩られています。カメラを持って来てくださいと言っている様ですね。
D75_1276_.jpg

400m程下流に「香恋の里」カレンノサトと言うお店があり
そこに車を止め、歩いて吊り橋を渡ることが出来ます。
対岸の歩道から見た羽生ダムです。右手の道を進みます。
D75_1288_.jpg

巻頭の写真と同じ場所です。一面に銀杏の葉の広がり
とっても綺麗な空間になっていました!以上は11月16日の写真です
D75_1291_.jpg

16日はこの後、野原川に行ってみました。
先ずは、ここでも銀杏の黄葉が迎えてくれました!
D75_1357.jpg

更に上流に行くとモミジが待っています。
D75_1363.jpg

黄色い葉もあります。今回の野原川は3枚で終り。
D75_1375.jpg

帰り道の途中、真っ白で綺麗なススキに出会いました!
D75_1529.jpg

次からは羽生ダムの下流、乙川の風景です。
19日の帰り、乙川沿いにある羽生町の熊野神社の銀杏が見頃!
D75_1897_20180115233144a06.jpg

熊野神社のすぐ前の橋の下流の乙川も紅葉が綺麗でした。
D75_1883.jpg

25日の早朝、三河湖に向かい乙川横を通ると、川霧?靄が
濛々と立ち昇り朝日が射して幻想的な風景になっていました。
慌てて道端に車を止め、何枚か撮影しました。
上の写真とほぼ同じ場所です。奥に見える橋は熊野神社の
前の橋です。風景も一期一会ですね!
D75_1930.jpg

少し下流に行くと、靄は浅くなりますが、その分対岸の紅葉
色が見えてきます。
D75_1983.jpg

三河湖周辺にも秋の彩が綺麗な場所が幾つかありました。
今回は野原川の写真は3枚しか掲載しませんでしたが、過去に多く
掲載していますので、興味のある方は過去記事を参照ください。
以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉

三河湖の秋'17

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
今回は何年かぶりで訪ねた三河湖の秋景色を紹介します。
昨’17年11月に、3回も通ってしまいました!
16日(木)、19日(日)、25日(土)です。3回分をまとめて紹介。

最初の写真は、19日(日曜日)7:59の写真です。
本当は、朝靄が立ち昇る中を釣りのボートを漕ぎだし
そこに朝日が射し込む風景を狙っていたのですが
朝霧が出ませんでした!
D75_1606_.jpg

下の写真は19日の7:54です。やっと船が出始めました。
銀杏が綺麗に黄葉しています。
D75_1585_.jpg

19日8:09です。日射しの中にボートが来てくれました!
D75_1642_.jpg

二艘になりました
D75_1646_.jpg

25日の7:53です。紅葉に日が射し水映りも彩豊か!でも朝靄が無い!
DSC_6367.jpg

25日7:55頃に少し朝霧が立ってきましたが
これ以上多くなりませんでした!残念!
DSC_6372_20180114162752265.jpg

以上の写真を撮影した三河湖観光センター(売店&ボート乗り場)
の駐車場の奥にある看板です。湖岸の散策路があるので行ってみました。
D75_1262_.jpg

いきなり見頃になったモミジが出迎えてくれました!19日8:23
D75_1688_.jpg

散策路の奥は、こんな感じ!まだ見頃には早い印象です。16日
D75_1176_.jpg

散策を終え、三河湖の湖岸道路を東に進むと、所々に
見頃になった木々が目に留まり、何度も一旦停止。
D75_1692_.jpg

ここも綺麗でした!
D75_1784.jpg

暫く進み三河湖の東端に近づくと、三河湖園地なる場所があり、
最近整備された様で、駐車場もトイレもとっても綺麗でした。
ここの散策地図です。
D75_1809.jpg

上の地図の右上辺り。左手に湖水をみて進むとモミジがいっぱいの道でした
D75_1816.jpg

地図の中央辺りの道、もうすぐ駐車場と言う帰り道!
真っ赤なモミジの絨毯の様でした!
D75_1876.jpg

10年?以上前に見た風景を、もう一度見ようと3回ほど冬の三河湖に
通ってみましたが、残念ながら期待通りの風景には出会えませんでした!
ボートの数も、以前に比べ減っており、釣り人が少なくなったのかも
しれません。すこし寂しさを感じながら、2017年の三河湖の秋は
終わりました!

以上です

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 紅葉 黄葉

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え  夜景  初夏  世界遺産 棚田 田圃  日の出   夕日 初秋 水芭蕉 葡萄畑 富士山 星空  遺跡 霧氷  枝垂れ桜 合掌造 花桃 光芒 稲刈り 朝焼け  山歩き 藤棚  水鏡 祭り 茅葺屋根 小鳥  山車 ソバ畑  ワイナリー 合掌造り 御嶽山 草紅葉 落葉松 ライトアップ 川下り しだれ梅  コブシ 日の入り  ラベンダー 立ち枯れの木 落ち葉 ツツジ ワインヤード サツキ 蒸気機関車 水映り 夜祭 チロル 茅葺 ブナ林 竹灯り  日出 雲海 氷河 絵画 ニッコウキスゲ そば畑 蕎麦 桜、 シドニー   渓流  稲架かけ 睡蓮 おひさま わさび田 モネ イルミネーション ブルーベリー イチョウ 温泉 年末 動物園 公園 電飾 じゃがいもの花 フェルメール 林檎の花 冬、 福寿草 りんご ダム 雪景色、  赤そば 大垣市 アヤメ ビール麦 航空写真 道祖神 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀   キツツキ 展望台  登山 朝露 SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR