FC2ブログ

白馬の初夏'13#7

今回が白馬の初夏'13シリーズの最後です。7月2日の栂池自然園トレッキングの様子をお届けします。

最初の写真は、ルート中で最も標高が高い小さな展望台からの風景です。綺麗な青空なのですが、山頂と大雪渓は雲に覆われて中々見えません!
IMG_5050.jpg

さて、以下は先回の続きに戻ります。これはワタスゲ湿原です。入口から水芭蕉湿原の手前部分と奥の部分を超え、川を渡ったあと少し登ったところにワタスゲ湿原があります。地頭が沢山あり水映りが綺麗な場所です。新緑雪山のバランスが気に入りました!こんな景色が大好き!
IMG_4909.jpg

こんな感じの緩斜面を更に登っていきます。ダケカンバはみんな大きく倒れ途中から上を向いてその先に緑の葉をまとっています。毎年雪に埋もれて、そのあと柔軟にシナッタ形になり逞しく成長するのですネ!
IMG_4977.jpg

しばらく林の中の登りが続き辛くなってきた頃に、痩せ尾根下部に取り付きます。尾根の向こうは緑の世界でした!あいにく山は雲に隠れましたが、落葉松がとても綺麗です!写真を撮りながら涼しい風に当たって、一息着けます。
IMG_4995.jpg

痩せ尾根は、こんな急な登りになります!でも短いので全く問題なし!
IMG_5012.jpg

登り切った所にあるのが最初の写真を撮った小さな展望台です。
そこから暫く下った所にあるのが下の写真を撮った展望湿原の展望台です。ここは白馬三山と有名な白馬大雪渓が湿原の向こうに真正面に見える大きな展望台です。パンと水で少しエネルギーを補給しゆっくり休みました。IMG_5063.jpg

アップで。今回は大雪渓は姿を見せてくれませんでした!
諦めて帰路に着きます!
IMG_5064.jpg

周回コースなので新たな道を帰ります。
反対周りのトレッカーさん「こんにちわ!」
IMG_5102.jpg

浮島湿原を過ぎた下り坂から自然園入口方面を撮ったもの。手前がワタスゲ湿原、奥が水芭蕉湿原と小さくなった山荘が見えます。
IMG_5125.jpg

斜面の新緑。一列のみを太陽がライトアップしてくれました!
と言うほどでもないですね!
IMG_5128.jpg

ワタスゲ湿原を出た下り坂から水芭蕉湿原方面を!新緑が美しい~!!!
IMG_5157.jpg

入口の湿原に戻ってきました。水芭蕉と赤い屋根の旧ヒュッテが迎えてくれます!
IMG_5203.jpg

雲が山を覆い始めましたが、素敵な景色の中で楽しそうな二人!
最高のシチュエイション?
IMG_5244.jpg

さあ出口です!
IMG_5273.jpg

自然園を出て、山荘のソフトクリームを食べ一休み。ゴンドラの駅に向かう途中の斜面のダケカンバの新緑が本当に美しい!
IMG_5284.jpg

さて、水芭蕉と雪と新緑の栂池自然園はいかがでしたか?この時期は初めて来ましたが、すっかり気に入ってしまいました!秋の黄葉の時期よりも派手さは少ないですが清々しさはこの時期の方が断然上!一番好きな時期になりました!いわゆる山登りの様に汗びっしょりの苦行の感は全くなく、水平または緩やかな傾斜のトレッキングで楽しめます!お奨めします!

さて今回で白馬の初夏'13は終り、7月もこれで終わり。次回は8月上旬になります!皆さんも楽しい夏休みを!

以上です

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 初夏 新緑 雪景色 雪山 水芭蕉

白馬の初夏'13#6

7月1~2日、再び白馬を訪ねました最初の写真は栂池自然園(つがいけ)。入口からすぐの水芭蕉湿原から白馬三山をバックにしたものです。6月9日は一面雪で覆われていたのに、3週間で様変わりです! 雪景色も綺麗ですが、この方がより美しいですね!(#4参照)
IMG_4456.jpg

今回は、カミサンと二人旅、1日早朝に出発し、最初に手前の五竜高山植物園(今回は省略、機会があれば後日記載)を訪ねた後、ゴンドラ2つを乗り継いで栂池自然園に向かいました。今回は自然園入口にある村営の栂池山荘に泊まります。隣には民営の栂池ヒュッテもあります。どちらも相部屋と個室がある点が山小屋風ですが、ちゃんとしたお風呂のある綺麗で清潔な宿でお奨めできます。大きな違いは山荘は和食、ヒュッテは洋食(和洋折衷?)。

下の写真は16時半に自然園入口に着いた時のものです。あいにく雨が降り出してしまい、白馬三山も見えません。
IMG_4293.jpg

山の上の宿、17:30と早い夕食を済ませた後、一番手前の水芭蕉湿原を一周し、夕焼けを期待して待っていましたが焼けてくれませんでした!手前の木々の向こうに残雪が見えます。
IMG_4496.jpg

山と山の間が、ほんの少し色づいたかな?今日はここまで!
IMG_4535.jpg

翌朝の天気を祈りつつ、山小屋風に21時には就寝!4時に起きすぐに湿原に向かうと、もう数人の人が写真を撮っていました。今朝も雲が出ていますが、一応白馬三山は見えています!手前の黄色い花はリュウキンカです。(4:50頃撮影)
IMG_4566ps.jpg

木道を進み、山荘を振り返った風景。未だ残雪あり!
IMG_4577.jpg

水芭蕉湿原の周回コースに、桜を発見。右のピンク部分です!
IMG_4642.jpg

桜をアップして見ました。雨に濡れ元気がなさそうに下を向いています!
帰るころには乾いて上向きに開いた姿になるのでは?と想像し、帰路にもう一度撮ろうと思っていたのですが、すっかり忘れてしまいました!残念!
IMG_4645.jpg

明るくなってきました!一面の新緑に抱かれて、カメラマンたちが山がすっきり見えるのを待っています!こう言う新緑に囲まれているととても気持ちが良い!!!
IMG_4724.jpg

残念ながら、山はクッキリとは見えず。7時からの朝食を楽しみに一旦山荘に戻りました。服装を整え、不要な荷物は預けて、自然園一周3時間半のトレッキングに出発です!朝食後の水芭蕉湿原!
IMG_4789.jpg

ここは水芭蕉湿原の奥の部分です。地頭と呼ばれる小さな水たまりに雪山が映ります!
IMG_4846.jpg

水芭蕉が見頃の栂池自然園、新緑と相まってとっても綺麗です。次回後編をお届けします!

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 初夏 新緑 雪山 雪景色 水芭蕉

白馬の初夏'13#4

6月9日朝、青鬼、大出の吊り橋を訪ねた後、急ぎ栂池自然園に行きました。ほぼ全面雪の自然園でしたが、ぽっかりと開いた一つの穴に水芭蕉が咲き、その後ろには芽吹いたばかりのダケカンバの新緑が雪をバックに輝きます!ちなみにこの日の水芭蕉はここだけでしたが、ここは水芭蕉湿原、その名の通り22日~30日の水芭蕉祭りの頃には、この当たり一面咲き乱れるとのことです。バックの山は左から白馬遣り(ヤリ)、杓子岳、谷状に白く見える白馬大雪渓を挟んで白馬岳、小蓮華岳です。
IMG_3470.jpg

栂池自然園にはゴンドラ2本を乗り継いで上がります。下の写真は一つ目のゴンドラから撮ったもの。自転車がクネクネ道を登っています。栂池サイクルクラシックと言う自転車のヒルクライムレースが行われていました。
IMG_3325.jpg

2本目の大きなゴンドラを待つ時に、若い女性客が多かったので話してみると、ヒルクライムに参加している恋人や旦那さんをゴールに迎えに行くのだそうです。納得。楽しそうに話してくれました!後でWEBで見てみると、JR白馬大池駅近くからスタートし、ロープウェイの栂池自然園駅のゴールまで17.1km、標高差1200mのコースで昨年のトップは51分であったとのこと。すごいですね!下の写真はゴールの上、自然園に向かう道の様子です。
IMG_3408.jpg

自然園に入る手前で右を見るとダケカンバの芽吹きが期待通りとても綺麗でした!
IMG_3443.jpg

栂池ヒュッテと栂池山荘の2軒の山小屋の前を通り、自然園に入ってすぐの光景です。いつもは木道なのですが、今日は最初から雪面の上を歩きます。普段は一周3時間半、標高差200mで、ほぼ総て木道が整備されている快適なトレッキングコースです。下の写真で5~6人の歩いている人達の先に大勢の人が集まっているのが分かりますか?あそこで写した写真が巻頭の写真です。水芭蕉が咲く雪の穴の周りに集まっていました。
IMG_3433a.jpg

水芭蕉の雪穴を後にして暫く進むと、木道が現れました。ワタスゲ湿原です。ここの数百メートルの木道と、最後の痩せ尾根以外は総て雪上の散歩になりました。
IMG_3516.jpg

山肌には雪面からダケカンバの繊細な新緑が映え、あまり見ることのない美しい風景でした。これだけで来たかいあり!
IMG_3521_20130709234025.jpg

枝がまっすぐに伸びているのは白樺の様に見えますが、曲がる前のダケカンバなのでしょうか?知っている人がいたら教えてください!
IMG_3525.jpg

川を横切り(雪の上を)、浮島湿原を過ぎたあたりから振り返った風景。遠くに出発した山荘が小さく見えます。
IMG_3532.jpg

更にしばらく登り、痩せ尾根の取り付き点に出ると道だけでなく、向こう側一面も雪のない緑の世界でした。落葉松も新緑をまとって美しい!右手の斜面の淡い紫色の花はシラネアオイです。
IMG_3558_20130709234031.jpg

暫く急斜面の痩せ尾根を登り、最高点の小さな展望台を過ぎて最終目的地展望湿原の景色です。残念ながら既に空の青みはなくなってしまいましたが、白馬の大雪渓を正面にしっかり見ることが出来ました!その手前には僅かながら新緑の木々。新緑目当てとしては、少し早過ぎた印象です!
IMG_3605a.jpg

大雪渓のUp!
IMG_3627.jpg

いつもは、ぐるっと一回りのコースですが、今日は雪の上にピンクの布で記された道?を往復します。下の写真は帰りの山肌、手前は新緑、奥は未だ冬の林の様で対比が面白い風景。
IMG_3686.jpg

入口に近い水芭蕉湿原まで帰ってきました。この雪穴のバックにも雪から新緑が!
IMG_3756.jpg

最後の一枚は、横道から旧栂池山荘を入れた画角。好きな画角の一つですが、山荘の赤い屋根、白い雪面、ダケカンバの白く曲がりくねった幹、枝に繊細な新緑!癒されるな~この風景!
IMG_3786.jpg

雪の中の新緑はいかがでしたか? 
ほぼ全面雪上のトレッキングでしたが、簡易な山靴で特に問題なく往復できました。ズボッと踏み抜くことを心配しましたが一度もなく、スパッツが無くても最後まで足が濡れることはありませんでした。杖(ポール?)を使いましたが、これはあった方が便利。斜面での滑り止めに安心感がありました。ただ、雪面ではツバがないとズボッと入り込んでしまいますのでご注意ください。
ちょっと雪山の気分を味わってみたい方、雪の中の新緑が見たい方にお奨めです。雪に興味のない方は、水芭蕉の見頃6月下旬以降をお勧めします。水芭蕉の後も高山植物の可愛い花々が順次楽しませてくれます!そのあとは紅葉、9月末から華やかな彩に変わります!と宣伝してしまいましたが、私の好きな散策コースの一つで、今回が6回目くらいかな~!?!最後の水芭蕉湿原では、栂池山荘の方が5人程度で木道を出すための雪堀をしてくれていました。お疲れ様です!感謝感謝!
では帰りましょう!

以上

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : 初夏 新緑 雪景色 雪山 水芭蕉

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 田植え 夜景    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑  遺跡 霧氷  小鳥 花桃 合掌造 枝垂れ桜 祭り 稲刈り 光芒 水鏡 朝焼け   茅葺屋根 山歩き 藤棚 しだれ梅  ワイナリー 山車 草紅葉 川下り ソバ畑  落葉松 合掌造り  ライトアップ 御嶽山 ブナ林 ワインヤード 立ち枯れの木 登山 落ち葉 稲架かけ 氷河 茅葺 日出  日の入り ニッコウキスゲ ツツジ サツキ 絵画 シドニー 水映り コブシ 雲海 蒸気機関車  桜、  そば畑 渓流  夜祭  竹灯り ラベンダー チロル 蕎麦 ダム 航空写真 夏山 水族館 ニッコウキスゲ イルミネーション おひさま アヤメ 赤そば オジロワシ 流氷 電飾 わさび田 りんご 福寿草 大垣市 じゃがいもの花 ススキ  氷の像 フェルメール 林檎の花 銀杏 蒸留所 展望台 ツララ 年末 公園 道祖神 動物園  ビール麦 ブルーベリー 冬、 雪景色、 イチョウ 鉄道 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 幻日 雷鳥 ホタル   年賀 雪下ろし 欧州アルプス お花畑 吊り橋 砂丘 宿場 高原 北アルプス モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 春の花 花弁の絨毯 渓谷 新年 床もみじ 欧州の旧市街 ダイヤモンドダスト 庭園 氷の造形 港町 宮殿 白馬三山 モネ シモツケ草 温泉 ジャガイモの花 列車 お茶畑 鵜飼い 鍾乳洞 白藤 朝露 稲田  クルーズ キツツキ SL   二輪草 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR