FC2ブログ

欧アルプス散歩完


(注:スマホではインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です)

<その9完:9日目 プレバンからフレジェール散歩と翌日の帰国>
(@'12年8月12日、写真をシャープなものに差し替えました)

プランプラからフレジェールへのハイキング路です
IMG_8402_20120813214400.jpg

成田へ向かう機上から見た日の出。しみじみと綺麗でした!
IMG_8714_20120813214400.jpg


<9日目の概要>
・ ツアー仲間は、今朝6:30にホテルを出発、一足先に帰国の途に着きました。私たちは、1日延泊し土曜日に日本着としました。シャモニー谷を挟んで、モンブランやモンタンベールとは反対側、北側の山脈にある、ブレバン展望台にのぼり、その後一駅降りたプランプラ2000mから、隣のロープウェイ駅フレジェール1887mまで横にハイキングします。そこからはロープウェイで下り、電車で一駅シャモニーへ帰ります。
・ 10日目は、ホテル発7:15乗り合いタクシー(自分で手配)でジュネーブ空港に向かいます。ジュネーブ空港から、チューリッヒ、成田経由のフライトは旅行会社手配。

@9日目、歩いてロープウェイ駅に行き、カードで往復券を購入。
隣のロープウェイとも共通券なので便利です。2x25€
1つ目のロープウェイ駅プランプラのレストラン。
IMG_8296_20120813214359.jpg

終点、ブレバン駅近くの展望台からのモンブラン方面
IMG_8307_20120813214359.jpg

シャモニーの街の向こうに,雲のかかったモンブランです
IMG_8305_20120813214359.jpg

同上、反対側(北側)の山々。全く異なった景観に驚かされる
奥の山並みは、グランドキャニオンに近い印象。言い過ぎ!
IMG_8312_20120813214359.jpg

これが、東側、今からこの山並みの南面(右)をトレッキング
IMG_8313_20120813214822.jpg

ハイキング起点プランプラを見下ろす。左上の道を辿ります。
IMG_8330_20120813214822.jpg

プランプラ駅近くのパラセール飛行場?二人乗りで観光も可能。
奥の二人乗りが、走り出しました。IMG_8367_20120813214821.jpg

若干の下り坂を走り出すと、5m程度でセールがいっぱいに開きます
IMG_8374_20120813214821.jpg

山々を見ながら気持ち良さそう!!!
IMG_8371_20120813214821.jpg

ではフレジェール目指して出発! 所々に花が迎えてくれます
ワンちゃんも一緒に!スイスも含め犬連れが結構多く楽しそう!
IMG_8399_20120813214821.jpg

歩いている側の斜面は順光で全体が綺麗です。
IMG_8407_20120813215357.jpg

モンブラン側は逆光になります
IMG_8412_20120813215357.jpg

今日は、妻と二人のハイキングです
IMG_8433_20120813215357.jpg

IMG_8461_20120813215356.jpg

タンポポとシシウドでしょうか
IMG_8466_20120813215356.jpg

マツムシソウです
IMG_8496_20120813215356.jpg

IMG_8523_20120813220512.jpg

ここは、ちょっと危なさそうな場所。そんなに怖くはありません
IMG_8516_20120813220512.jpg

フレジェール駅横のレストランです。
アップルパイとブル-ベリータルトとコーヒーを頂きました。
後ろに写っているメガネのウェイトレス(学生)さんは、日本語が話せます!昨年、語学留学で約8ヶ月間名古屋で暮らしたそうですが、「あの暑さ、寒さは耐えられない~!」とのこと。でも日本が大好きなので日本語を使う仕事に就きたいとのことでした。頑張って下さい!
IMG_8575_20120813220512.jpg

下山した近くの教会。ここから電車で一駅のシャモニーへ。
IMG_8589_20120813220511.jpg

フレジェールを振り返ります。右の縦の線がロープウェイ
IMG_8593_20120813220511.jpg

余談)無人駅で乗って、車内で車掌さんから切符購入。現金は2€しかなく、料金は2.4€。
カードは使えず、困ってしまいました。結局シャモニー駅前の現金支払機でクレジットカードキャッシングし0.4€の不足分を払いました。終点であったこともあり、車掌さんが駅の前で現金化して来る私をづっと待っていてくれました!考えられます? 車掌さんの写真は断られてしまい残念!
IMG_8596_20120813220511.jpg

駅からの帰り道にある水飲み場。ワンちゃんも飲ませてもらいます
IMG_8604_20120813221146.jpg

夕食は、来た時から気になっていたクレープ屋さんで、ガレットとオニオングラタンを食べましたが、失敗でした。日本の方が美味しい! 最後の夕食は、オイルフォンデュかフォンデュシノワにすればよかった!今回は一度も和食や中華を食べませんでしたが、特に問題なし、全体に美味しかったです。
IMG_8615_20120813221146.jpg


<10~11日目:帰国>
7:15出発に備え、早く朝食をとりたいのですが、レストランは厳格に7時オープン。そこで小散歩してホテル・プレウリを外からパチリ。2日間は4階の2室4ベッド、昨日は7階の1室2ベッドの室で展望も良く合格点
IMG_8631_20120813221146.jpg

さようなら!モンブラン
IMG_8634_20120813221145.jpg

これが、乗り合いタクシーALPYBUSです。
11人満席でした。二人で49ユーロとお値打ちです。
旅行会社に専用車を依頼すると4万6千円とのことだったので
断って、インターネットで日本から個人手配しました。少し心配でしたが
前日には、先方から確認のTELが携帯に入り、信頼できる印象
(予約時は7:50にホテルでしたが、前日に7:15に変更とのTEL)
(公共のバスは、もっと遅い便しかない)
IMG_8635_20120813221145.jpg

ジュネーブ空港はすごく混んでいましたが、赤い服のオネーさんが機械でのチェックインを手伝ってくれ円滑にできました。チューリッヒ経由で成田まで確かにチェックイン、早かったのでチューリッヒ行きは1便早いものに変更(チューリッヒ乗換1時間は厳しいとのことで2時間確保)

IMG_8643_20120813221145.jpg

スイスエア機内のスイスビールです。可愛いパッケージ。
映画は、日本語吹き替え版は、あまり良いもの無し。
食事は高級感は無くシンプルですが、味は良く完食。ちょっと甘目の味。
途中でアイスクリームが出るのが嬉しい。往復とも
IMG_8703_20120813221625.jpg

往路は水曜日発、帰路は土曜日着ですが共に満席でした。
この時期のスイスは、さすがに混みますね!値段も高めだし。
機体は往復ともA340で座席配置は2-4-2.これは気に入りました。
欧米行きは3-4-3が多いですが、これだと通路側が欲しくなりますが
写真を撮るには絶対窓側が必要なので、満席だと気兼ねしつつの
トイレなどとなってしまいます。今回は往復とも夫婦で、窓側続きの2席
=窓側と隣の通路側を取れたので、ハッピーでした。
もっとも会社で話していたら、2-4-2の4の内側2席に乗ったことが
あるとの可愛そうな同僚もいましたが、確率的に少ないはずですよネ。


空の日の出:成田へ向かうフライトでの光景。雲海から朝日が綺麗!
IMG_8725_20120813221625.jpg

アップ:雲が染まっています! 
IMG_8749_20120813221625.jpg

成田→中部ANAからの横浜レインボーブリッジ
離着陸時には、「そのカメラの電源はお切り頂けましたか?」としっかり!
ボンバルディア機は翼が窓よりも上にありますが、大きなエンジンが
翼の下にぶら下がるため、地上の撮影には、やはり邪魔になります。
空いていたので、後ろの席に変更して撮影しましたが、CAさんは、
バランスが崩れるといけなくのでと、機長に確認してOK。小さい飛行機ゆえ?
IMG_8772_20120813221625.jpg

同上、富士山:雪が欲しいですね!
IMG_8776_20120813221625.jpg

セントレア(中部国際空港)ただいま!土曜日に帰国し、日曜日疲れを取って月曜から出社の予定で延泊したのですが、木金休みに変わってしまい、翌日から出社しています!
次の旅立ちを楽しみに!

全て読んでいただいた方には感謝感謝です!
気になる事や要望あれば何なりとコメントに記載下さい!
お付き合い頂きありがとうございました!

何とか7月中に完了できました。ちょっと休もっ!


スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : シャモニー モンブラン 帰国日 日の出 山歩き

欧アルプス散歩8


(注:スマホではインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です)

<その8:8日目、モンタンベール展望台とメールドグラス氷河

モンタンベール展望台からのメールドグラス氷河
IMG_8204_20120813210642.jpg

<8日目の概要>
・ 早朝:ホテルのテラスより朝の山々の撮影
・ 午前:登山電車でモンタンベール展望台へ登り、メールドグラス氷河を展望。
ロープウェイで氷河に向かって降下し、氷河を掘ったトンネル通路を散歩します。
・ 午後:ツアーは最終日で、午後はフリー時間
(本来なら、昨日エギーユデュミディからイタリア側のエルブロンネ駅まで空中ゴンドラで往復の予定であったが、電気系統の故障とのことでこの日はキャンセルされた。その代わりがモンタンベール展望台の扱い)

早朝、ホテルのテラスから、日の出前のドーム
IMG_8093_20120813210641.jpg

日が入り始めました
IMG_8097_20120813210641.jpg

エギーユデュミディも先端部が焼けまじめました
IMG_8099_20120813210641.jpg

全体映像
IMG_8100_20120813210641.jpg

ドームUp
IMG_8108_20120813210641.jpg

IMG_8116_20120813211916.jpg

IMG_8130_20120813211916.jpg

昼の白い光に変わりました
IMG_8126_20120813211915.jpg

IMG_8124_20120813211915.jpg

モンタンベール展望台からのメールドグラス氷河
青空が少ないせいか、あまり綺麗ではなかった。
外から見て、美しい氷河ブルーに見える氷河は、あまり無いと思われる
IMG_8239_20120813211915.jpg

望遠で引っ張ると、氷河トレッキングを楽しむ人達が見えます
IMG_8196_20120813211915.jpg

展望台から氷河に向かって降りる可愛いキャビン
IMG_8179_20120813212606.jpg

キャビンを降りてから、長い階段を下りていくと
1990の看板が。20年前にはここまで氷河があったとの印。
随分、後退してしまっている
IMG_8157_20120813212605.jpg

氷河トンネルに行くには、長過ぎる?階段がある。
氷河には沢山のトンネルの穴がある。ゆっくりながら流れているので毎年出入り口を移動する必要があるとのこと
IMG_8158_20120813212605.jpg

氷河トンネルの入り口から見上げた長過ぎる階段
IMG_8163_20120813212605.jpg

中は、氷のトンネルだが、照明で色んな色の空間に!
特に感激の中身はなかった!
IMG_8167_20120813212605.jpg

@下山後の昼食:8人で、サラダ2、ピザ2、ラクレット2人前と飲み物人数分で丁度良い量。
この店のラクレットは自分でチーズを溶かしながら食べる。中央の三角形がチーズ、その右上の斜めの黒いものが電気ヒータ。チーズはレバーのついた台に固定されるので、ヒータに近づけたり遠ざけたりできる。手前のジャガイモにつけて食べる。ラクレットはどこで食べても美味しい!
IMG_8282t_20120813212605.jpg

午後、時間ができたので、ホテルでインターネットを試みたが不調で断念
6ユーロ損失!現地でのブログ記載はあきらめました! あと一日!

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : シャモニー モンブラン モンタンベール 氷河 山歩き

欧アルプス散歩2

スマホではインターネットモードで見て下さい。黒背景に緑字です


<3日目: ユングフラウヨッホ展望台とメンリッヘンからのハイキング>
(小さい写真はダブルクリックで普通サイズになります)
天候が回復したのに、いつまでもまとわりついていた雲が、夕方になってやっと去ってくれました。感激しながら撮った、夕陽に染まった3山を見てください!

アイガー
IMG_6159_20120812004143.jpg

メンヒ
IMG_6131.jpg

ユングフラウ
IMG_6152_20120812004142.jpg

3日目は、ミューレンから登山電車とロープウェイでラウターブルネン797mに降り、別の登山電車でユングフラウの基地であるクライネシャイデック2061mへ。今夜の宿に荷物を預け、
さらに登山電車を乗り換え、前半のユングフラウヨッホ展望台3842mを往復。後半は電車とロープウェイでメンリッヘン山頂付近へ上がり、ハイキング(1.5時間コースですが実際は2.5時間程度)でクライネシャイデックへ下ります、ここも花が綺麗な道です。

クライネシャイデックへの車中より。多くの牛は首にベルをぶら下げていますが、大きさは大小各種あり、音階になるので、時々曲を奏でているように聞こえました!これにも感激!
IMG_5687_20120812004141.jpg IMG_5396_20120812004141.jpg

             (上右写真)登山電車の途中駅の様子

ユングフラウヨッホ展望台>
ユングフラウ(間近に見る。この時まだ雲間に出たり入ったり)
IMG_5418_20120812004141.jpg

メンヒ(こちらも見え隠れしていました)
IMG_5527_20120812005227.jpg

アレッチ氷河(10数人のパーティが歩いています。見えますか?)
IMG_5475_20120812005226.jpg

外へ出られるプラトーテラス(展望台の中)足元ツルツルで杖が役に立ちました
先から出入り口方向          出口近くから先端を
IMG_5532_20120812005226.jpg IMG_5537_20120812005225.jpg

メンリッヘンからクライネシャイデックへのハイキング>
メンリッヘンのロープウェイ駅から。絶壁の上、スイス国旗がたなびきます。
IMG_5718_20120812005225.jpg

メンリッヘン山頂付近のお花畑
IMG_5725.jpg

花いっぱいの中を気持ち良くハイキングする仲間たち。
写真ばかり撮っているので、いつも私が最後です。
ご迷惑をおかけしました?
IMG_5744_20120812143737.jpg

いろんな花が迎えてくれます。バックの山がメンリッヘン山頂
IMG_5754_20120812143737.jpg

IMG_5806_20120812143736.jpg

グリンデルワルドへ下る道
IMG_5918_20120812143736.jpg

ちょっと一休み? 小さく顔を見せちゃいます
IMG_5736_20120812160418.jpg

<クライネシャイデック>
一旦ホテルに入った後、周辺の散策に。
ユングフラウヨッホから帰ってくる電車。皆さん手を振ってくれます。
IMG_5967_20120812143736.jpg

ここでも黄色い花が迎えてくれましたが、山は、まだ雲の中です。
IMG_5950_20120812143736.jpg

夕食後、9時頃になって、とうとう雲が引き始めました。
アイガーメンヒです
IMG_6112_20120812145533.jpg

そして暫くすると夕陽が期待に応えて、山頂を染めてくれました!感激!
メンヒ
IMG_6140_20120812145533.jpg

ユングフラウ
IMG_6145_20120812145533.jpg

アイガー
IMG_6159_20120812145532.jpg

アイガー
IMG_6154_20120812145532.jpg

メンヒ
IMG_6165_20120812145532.jpg

ユングフラウ
IMG_6164_20120812160419.jpg

寝る前に、もう一度、夜空にそびえるアイガーメンヒ
三脚なしもあり、ちょっと暗いですね。星も写っているのですが
IMG_6177_20120812160418.jpg

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : スイス アイガー メンヒ ユングフラウ メンリッヘン 山歩き

欧アルプス散歩1

スマホではインターネットモードで見て下さい。黒背景に緑字です

暫く留守をしました!

<その1: アルメントフーベルからのお花畑ハイキングと
シルトホルン展望台>
6月29日から7月9日までの日程で、欧アルプスを見ながらの
お花畑ハイキングを妻と楽しんで来ました。写真も4000枚も
撮ってしまいましたので、今日から少しずつ紹介していきます。

花いっぱいでしたが、いきなり雨中のハイキング(イブキトラノオが満開)
IMG_4824_1_20120810234712.jpg

<ツアー全体概要>
アイガーメンヒユングフラウ周辺のミューレン2泊、
クライネシャイデック1泊、
②マッターホルン周辺のツェルマット1泊、リッフェルベルグ2泊、
③モンブラン周辺のシャモニー3泊(延泊1)です。
久しぶりに添乗員同行のツアーに参加しました。参加者は12人と
少なめでしたが、それだけ自由時間もある楽しい旅でした。

<1日目概要>成田発10:20スイス航空→15:50チューリッヒ着、バスで氷河谷の町ラウターブルネンへ行き、ロープウェイ2本で垂直な岸壁の上の村ミューレンに19:45頃着。降り出した雨の中、小走りに駅前のホテルにチェックイン。(成田ビューホテルに前泊。最上階のバーラウンジでのワンドリンクサービスがついていたので利用しました。ちょっと遠目ですが、次々に発着する空港の夜景を見ながら夫婦二人での久しぶりの飲み会?も悪くない!)

<2日目>から写真を添えて記載します。
前半はミューレン1650mからケーブルカーでアルメントフーベル1907mに登り、お花畑を巡るノースフェイストレイルと言うハイキングコースでミューレンまで下ります。コースタイムは約2時間。
後半は、希望者参加ですがミューレンからロープウェイでシルトホルン展望台2970mを往復する普通の観光コースです。

朝は期待と時差のせいか早くに目覚めたのですが、外はあいにくの雨とガス。天候は回復方向という予報を期待して雨具を上下に着込み雨中のハイキング開始。

@ホテルのベランダから(曇りの部分は崖です)
            @アルメントフーベル行きのケーブルカー
IMG_4754_1_20120810234712.jpg IMG_5192_1.jpg

@イブキトラノオとキンポウゲでしょうか、
 一面のお花畑は見事です。
IMG_4800_1_20120810234711.jpg

IMG_4813_1_20120810234711.jpg

イブキトラノオの群生
IMG_4759_1_20120810234710.jpg

ノースフェイストレイルは、天気がよければ、文字通りアイガー
メンヒユングフラウの北壁を見ながらのハイキングコース。
残念残念残念!!! でも本当に花が多く、素敵なコースです。

山の代わりに、雨粒が宝石のように花を綺麗に飾ってくれました!
IMG_4937sh_20120810235955.jpg

綺麗でしょう! せめてもの慰めです!
IMG_4945sh_20120810235955.jpg

IMG_4897_1_20120810235954.jpg

ハイキングも終わり近くのレストラン(お休みでした)
牛ベルの大きさにびっくり! とても重そうです。
IMG_4901_1_20120810235954.jpg

午後は少しずつ天候が回復。自由参加でのシルトホルン展望台に行って来ました。
映画「女王閣下の007」の舞台になった回転レストランで遅い昼食を。
IMG_4981.jpg

空らか見るとすごい!(スイス観光局からお借りしました)
本当に山頂に乗っかっている感じです。よく作りましたネ!
007シルトホルン2


今回は雲の動きに合わせて色んな山が順番に姿を見せてくれました。
午前に比べれば、これでも良しとしなければ。

@左からこの地区の代表3山、雲海から顔を出してくれた!
アイガー3970m、メンヒ4099m、ユングフラウ4158m。
IMG_5019_1_20120810235954.jpg

ユングフラウ4158m
IMG_5020_1_20120810235954.jpg

展望台からの下りのロープウェイからミューレンを撮った写真。
街の向こうに見えるのは対岸の絶壁。家並みの先は切れ落ちてます。
IMG_5076_20120811002215.jpg

@夕方には、ミューレンからも山が見えるようになりました。
9時半頃まで明るいので、もう一度アルメントフーベルへ行って、
短コースで帰ろうと考え、駅に行きましたが、最終が17時と早く、
すでに駅は閉まっていました。
明日からに期待して、今日は我慢我慢です。
IMG_5176_1_20120811002215.jpg

@花の写真に興味のある方は、「続きを読む」をクリックしてください。


余談:1日目の夕食は、長時間の飛行機のあとでもあり、20時過ぎと遅いこともあり、軽く暖かいものが食べたいと思ったので、ミューレンの散策も兼ねて、フロントで地図を貰い外に出た。近くに比較的新しそうなこじんまりとしたレストランがあった。外に掲示されたメニュー(Karte)はドイツ語、フランス語、英語の3言語で書かれ、ラクレットとチーズトーストが見えたので、ここにした。愛想の良いオカミサンがメニューを説明してくれた。料理にはそれぞれ1/2とフルサイズがあるとのことだったが、値段はあまり変わらないが1/2を頼んだ。他に大好きなアスパラのスープがあったのでこれとビールで34.8スイスF。ここのラクレットは、チーズを乗せたお皿ごとオーブンに入れて溶かすスタイルでした。右のチーズトーストはハムと卵添え、パンは湿してやわらかくしてあったが、両皿とも、とっても美味しかった!(写真は本当に1/2になっていますが、これはカミサンと半分ずつにしたもの。1/2サイズでもお皿いっぱいで出てきました。ジャガイモは3個で)
P6301149_1_20120811002214.jpg P6301151_1_20120811002213.jpg


@花の写真に興味のある方は、「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : スイス アイガー メンヒ ユングフラウ ミューレン 山歩き

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山 黄葉  田植え 夜景   初夏  世界遺産 棚田 田圃  日の出 星空  初秋 水芭蕉  夕日 富士山 葡萄畑 霧氷  遺跡 合掌造  枝垂れ桜 花桃  祭り 朝焼け 光芒  茅葺屋根 稲刈り 藤棚 山歩き 水鏡 小鳥 ソバ畑 御嶽山  ワイナリー 落葉松   山車 ライトアップ 合掌造り 川下り しだれ梅 草紅葉 登山 蕎麦 雲海 日出 日の入り 夜祭 稲架かけ 落ち葉  絵画 そば畑 ツツジ サツキ 水映り  ワインヤード ニッコウキスゲ コブシ 立ち枯れの木  シドニー 竹灯り 渓流  氷河 チロル  茅葺 桜、 ブナ林 蒸気機関車 ラベンダー 睡蓮 公園 イチョウ 温泉 年末 イルミネーション 電飾 モネ ブルーベリー 大垣市  動物園 航空写真 林檎の花 雪景色、 フェルメール 冬、 ダム ビール麦 わさび田 おひさま アヤメ 道祖神 福寿草 りんご じゃがいもの花 赤そば 二輪草 砂丘 吊り橋 欧州アルプス 宿場 庭園 鵜飼い 白藤 お花畑 高原 モルゲンロート 月明り 夜桜 枝垂れ桃 北アルプス 春の花 鍾乳洞 欧州の旧市街  蒸留所 氷の像 ツララ オジロワシ 流氷 銀杏 ススキ 宮殿 港町 シモツケ草 白馬三山 夏山 ニッコウキスゲ 雪下ろし 年賀  キツツキ  展望台 朝露  SL お茶畑 新年 床もみじ ダイヤモンドダスト 氷の造形 列車 鉄道 稲田 渓谷 メジロ ヒヨドリ 山藤 深緑 晩秋  河津桜 月明かり 雷鳥 花弁の絨毯 幻日 ホタル   ジャガイモの花 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR