FC2ブログ

伊吹山お花畑'17

スマホの場合はインターネットモードで見て下さい。黒地に緑字です。
8月10日、悪天候を承知で伊吹お花畑に行って来ました。
頂まで行けば、雲の上に突き出て、雲海をバックにお花畑
撮れないかな~と微かな期待をもって、久々にカミサンと二人で
出かけました。

結果は、ずっと雲の中でした! よって風景は無し!
多少でも雰囲気をお伝えすべく花の写真を少し撮って来ました。
最初の一枚は、丁度見頃だった、シモツケソウです。
所々一面をピンクに染め、水滴をまとってとても綺麗でした!
DSC_1024.jpg

頂駐車場から、本当の頂には3本の登道があり、最短距離を
まっすぐ登る中コースは25分程度で登れます。大きく琵琶湖川を
回る西コースだと40分程度、下り専用の東コースが60分とのこと。
今回は、風景が無いので、中コースで直登しました。
駐車場から見た中コース登り始めの様子です。我々ではありませんが
こんな感じで雲の中を雨具を着て登りました!
DSC_1091.jpg

瑠璃トラノオです。この花も沢咲いていました!
DSC_0912_2017090823594445e.jpg

山頂です。バックは日本武尊ヤマトタケルのミコトの石像です。
一向に晴れてくれません!
DSC_0992.jpg

シモツケソウと瑠璃トラノオの競演です。良い色合いです!
DSC_0930.jpg

シモツケソウは、あちこちに結構広範囲に絨毯の様に咲いていました。
巻頭の写真は、この場所でもアップです。
DSC_1007.jpg

小さな白山フウロ?伊吹フウロでしたっけ?
DSC_1044_2017090900034043d.jpg

小鬼百合。なぜ鬼が着くのでしょうかね?
DSC_1072.jpg

ナデシコですがカワラナデシコと言うそうです。
DSC_1080.jpg

名前は分かりませんが、ガクアジサイの一種でしょうか?
DSC_1083_2017090900034571a.jpg

以上、風景には全く恵まれませんでしたが、雲の中のお花畑散策も、
それなりに楽しく過ごせました!
朝4時半に家を出発し、6時半過ぎに山頂駐車場に到着。
10時過ぎには車に戻り、ドライブウェイを下山。ふもとで関ケ原の
合戦場をささっと見学し、11時半前には評判のお蕎麦屋さんに
着き、込み合う前に入ることができました。
以上です。
スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

tag : お花畑

プロフィール

アスパラくん

Author:アスパラくん
写真と旅行、そして美味しい食べ物が大好きな愛知県民です。美しい所を、美しい時に訪ね、この眼で見て感動し、写真に撮って皆さんにも見て欲しい。そんな想いで、旅行を楽しんでいます。感動を少しでも伝えあうことが出来き、皆さんの旅行計画などの役に立てば嬉しく思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
キーワード

紅葉 雪景色 新緑 雪山  黄葉 夜景 田植え    初夏 棚田 世界遺産 田圃  日の出 初秋 星空 夕日   水芭蕉 富士山 葡萄畑 遺跡  霧氷  花桃 枝垂れ桜 小鳥 合掌造 光芒 祭り  茅葺屋根 稲刈り 水鏡 山歩き 藤棚 朝焼け   山車 ワイナリー 落葉松 川下り 合掌造り 草紅葉 ライトアップ  御嶽山  ソバ畑 しだれ梅 ブナ林 ワインヤード  登山 落ち葉 コブシ 立ち枯れの木 桜、 水映り 渓谷 蒸気機関車 ニッコウキスゲ  ツツジ サツキ 絵画 日の入り 氷河 日出 雲海 シドニー 稲架かけ  チロル 夜祭 竹灯り   茅葺 渓流 そば畑 蕎麦 ラベンダー 航空写真 ツララ 氷の像 じゃがいもの花 ダム ブルーベリー イチョウ 流氷 アヤメ 赤そば クルーズ 福寿草 大垣市 道祖神 りんご 夏山  フェルメール 銀杏 ビール麦 林檎の花 わさび田 公園 おひさま オジロワシ 蒸留所 ススキ  年末 水族館 イルミネーション 電飾 冬、 展望台 雪景色、 動物園 列車 深緑 山藤  晩秋 雪下ろし 年賀 メジロ ヒヨドリ  ホタル  月明かり 河津桜 月明り モルゲンロート 砂丘 吊り橋 白藤 宿場 庭園 欧州アルプス お花畑 枝垂れ桃 夜桜 春の花 北アルプス 高原 幻日 雷鳥 新年 床もみじ 港町 ダイヤモンドダスト 鉄道 氷の造形 宮殿 ジャガイモの花 ニッコウキスゲ モネ 白馬三山 シモツケ草 温泉 お茶畑 SL 鵜飼い 鍾乳洞 朝露 稲田 花弁の絨毯 欧州の旧市街   キツツキ  二輪草 陽光桜 睡蓮 

FC2カウンタ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR